葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介します

その国の文化や習慣によって大きく異なるお墓。海外のお墓事情はどのようになっているのでしょうか主に宗教の違いから、海外のお墓について調べてみました。

海外のお墓事情

日本では人が亡くなると火葬され、先立った家族が眠るお墓に埋葬されるのが一般的です。しかし、海外にはそうでない国がたくさんあります。

むしろ日本のお墓事情の方が、日本独自の文化であると言えます。世界のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?

お墓に対する考え方は、その国の文化や習慣、「死ぬこと」の捉え方などによって違ってきます。ここでは、宗教別に海外のお墓について見ていきたいと思います。

日本以外では個人墓の国も多い?

海外には、火葬ではなく土葬の国もたくさんあります。土葬の場合は遺体を焼かずに直接土に埋める方法を取ります。そのため、家族で1つのお墓と言う考えはあまりなく、個人墓がほとんどです。

面積の広い国ならばさほど問題はないかもしれませんが、中には土葬による墓地不足、土地不足が深刻な問題になっている国もあります。

キリスト教のお墓

お墓

キリスト教には大きく分けてカトリックとプロテスタントの2つの宗派があります。

キリスト教のお墓は、基本的には土葬です。信仰内容から、火葬に対して否定的な意見もあるようです。キリスト教は「死者は復活する」という考えがあるため、遺体を焼くのはタブーとされているのです。

しかし、最近ではキリスト教でも火葬を選ぶ人が多くなってきたようです。世界的な不況以降、火葬よりも費用のかからない土葬が好まれるようになっているとも言えます。

カトリック

カトリックはとても信者の多い宗教です。世界で10億人以上の人がカトリックの信者です。伝統をとても大切にし、儀式なども厳しく執り行います。

カトリックのお墓は、所属している教会の墓地に建てます。中には遺骨を納骨堂に納めるところもあるようです。

聖職者のことを神父、司祭と呼び、基本的には教会で洗礼を受けた人のみ葬儀を行います。お墓には個人名や洗礼名、その他の言葉や聖書の引用などが刻まれます。

プロテスタント

プロテスタントはその宗派が100種類以上もあります。宗派によってお墓にも微妙な違いがあると言えます。墓地は各地区に存在し、協会に所属していればお墓を建てることができます。

カトリックよりも様々な面において柔軟で、その分様式も様々です。亡くなった人が属していた教会に従ってお墓を建てるのが一番よさそうですね。

プロテスタントでは聖職者のことを牧師と呼びます。お墓にはカトリックと同様個人名や洗礼名、その他にもいろいろな言葉が刻まれます。

イスラム教のお墓

イスラム教は、キリスト教に次いで世界で2番目に信者が多い宗教だと言われています。信者は世界中に広がっており、中にはイスラム教が国教であるとしている国もあります。

イスラム教も、キリスト教徒同じように基本的には土葬です。イスラム教の考えでは、人は死んだ後に「最後の審判」を待つとされています。

なので、「死ぬこと」は「終わり」ではなく審判を待つ間の通過点の期間なのです。そのため、肉体を火葬によって燃やしてしまうのではなく、完全な状態で残すというわけです。

お墓は四角い形をしていますが、昔からあるお墓はモスクの形をしているものもあるようです。墓石には亡くなった人の名前とその人の父親の名前が刻まれています。

海外の仏教国のお墓

日本以外の海外の仏教国はどのようなお墓事情なのでしょうか?同じ仏教でも、日本と海外とでは大きく違う様子のお墓もあります。

シンガポールの場合

国民の33%ほどが仏教の信者であるシンガポールでは、墓地の数が減少し続けています。シンガポールでは年々人口が増えており、土地不足が深刻な問題となっています。

そのため、墓地を作ることよりも住宅地などを作ることの方が重要視されているのです。現在シンガポールには墓地が60か所しかありません。しかも、新たに埋葬することができるのはそのうちの1か所だけなのです。

しかも、試用期間を過ぎるとお墓は掘り返されることになります。よって、最近では遺体を火葬し、自宅などに納めるか海に散骨(散灰)する方法も主流になってきているようです。

タイの場合

タイでは95%の国民が仏教の信者であると言われています。タイは日本と異なり、上座部仏教です。通夜や葬儀は日本の仏教と同じように行いますが、基本的に「お墓」という考え方がありません。

火葬された遺骨は川や海に散骨され、お墓としては残らないのです。寺院や納骨堂の壁の中に塗り固めてしまう場合もあるようです。死んだあとの肉体への執着があまりないとも言えます。

海外の無宗教のお墓

無宗教とは、宗教的な考え方や宗派に捉われないことを言います。日本にも海外にも、無宗教の人はたくさんいます。亡くなった人が無宗教の場合、寺院や教会の土地にお墓を建てることは難しいかもしれません。

しかし、民間や公営の墓地であれば比較的自由にお墓を建てることができます。お墓を建てる、立てない、どのようなお墓にするかについても特に決まりはありません。

中国はほとんどの人が無宗教者

中国では、無宗教の人が大半を占めています。葬儀も僧侶や司祭のいない無宗教形式で行われることが多いようです。

中国のお墓は基本的に個人墓か夫婦墓です。もともと山が多い地形であったり、人口増加も伴い、土地不足も深刻になってきている現状があります。

お墓の値段もかなり高騰しているようで、最近では散骨などの方法に切り替えることも検討されています。

海外のお墓まとめ

いかがでしたか?海外のお墓事情について、宗教別の視点から見てきました。お墓には、その国の宗教観や文化、価値観などが大きく反映されていると言えそうです。

海外にはお墓を作る習慣そのものがない国もありました。死後についてあまりこだわりがなく、海や山に散骨するという方法を取っています。

しかし日本でも海外でも、大切な人が亡くなってしまうのはとても悲しいことに違いありません。葬儀を行い、墓を建てたり散骨したりして死者を弔うことは、亡くなった人を大切に思う気持ちの表れなのです。

終活の専門家に相談してみよう

終活ねっと事業主ページでは読者様のニーズ別に終活に関する様々な専門家を紹介しています。
ぜひご利用ください。

事業主ペーシはこちらから

「海外・お墓」に関連する記事

「海外・お墓」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「海外・お墓」に関連する記事

「海外・お墓」についてさらに知りたい方へ

現代の日本では人が亡くなると、火葬を行い遺骨をお墓に納めることが一般的な風習となっています。ここではお墓の歴史や作る意味、宗教ごとで異なるお墓の意味合いなどの知っておきたい情報をまとめてご紹介していきます。のサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

1
西洋のお墓と聞くと、皆さんはどのようなイメージを持っていますか?ハリウッド映画やイラストなどに見られるような、人を埋葬した盛り土の上に十字架が立っている、というようなものではないでしょうか。今回は、西洋のお墓と、そこに込められた西洋人の思いについてみてみます。のサムネイル画像

西洋人とお墓:お墓から見えてくる西洋人の思いとは?

2
先祖代々続くお墓をお持ちの方はいらっしゃいますか?
代々受け継がれているけれど、果たして何代前のご先祖からそのお墓に入っているのか?今後そのお墓には誰が入り、誰が管理していくのか?
そんな古くから受け継がれているお墓について、その歴史とあり方を考察していきます。のサムネイル画像

先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。

3
お墓と聞いて思い浮かぶのは、お寺や霊園に並ぶ墓石でしょうか?世界には日本とは違った驚くようなお墓を見ることができます。アジアの国々からヨーロッパまで、世界のさまざまなお墓をご紹介します。のサムネイル画像

日本とはちょっと違う?世界のお墓をご紹介!

4
子供に迷惑をかけたくない、後継者がいないなど様々な理由により、お墓をいらないと考える人が増えてきてる今、従来のお墓やお葬式といった制度にとらわれない自由な供養の形に注目が集まっています。お墓がいらないと思った時、どのような選択肢があるのかご紹介します。のサムネイル画像

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

5

ランキング

よく読まれている記事です

散骨をはじめとする葬送方法。その一つが樹木葬です。死後は土へと還り大自然の一部となることは、命の自然な形でもあると考えられます。海や空、宇宙などへの様々な散骨と共に、今後ますますニーズの高まるであろう樹木葬について、ご紹介します。のサムネイル画像

死後は土に還る…散骨をはじめとする自然葬、樹木葬について

1
墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。のサムネイル画像

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

2
実は知らないお墓の話として、永代供養があります。
永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。
永代供養の期間についてまとめました。のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

3
全国各地に存在するたくさんの墓地。墓地にもさまざまな種類があり、管理者も管理方法も異なります。その管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

4
引越しなどで、墓地を移転しなければならない場合があります。この場合、もとの墓石を移す、新しい墓地に墓石を建てる、または納骨堂に納めて永代供養をお願いする方法があります。また、分骨することもできます。この記事では墓地の移転についてその基本を解説します。のサムネイル画像

墓地の移転とその手続きについて解説します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト