葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?

墓石の汚れが気になりますか?ここでは墓石クリーニングのやり方を紹介します。落としきれない汚れや、なかなかお墓に行けない方は、業者に頼んでみませんか?墓石クリーニングの代行についても紹介します。

墓石を綺麗にしましょう

お墓

お墓のお掃除。どんなことをしていますか?

雑草を抜いて、落ち葉やゴミを拾い、水をとりかえ花を飾り、さっと拭く。
これだけでも、ずいぶんきれいになりますよね。

でも、墓石の水垢や黒ずみ。気になりませんか?
揃える道具と手順がわかれば、墓石クリーニングは意外と簡単です。

やってみたけど汚れが落ちない、遠くてなかなか行けない。そんな時には「墓石クリーニングの代行」業者に、頼んでみませんか?

最後に、気になる墓石クリーニングの価格相場をご紹介します。

墓石クリーニングのやり方

お墓

最初に、墓石まわりの落ち葉やゴミを拾い、雑草を抜きとります。
次に、線香置きや花立てなど、外せるものは取り外し、歯ブラシなどで洗いましょう。

そして、墓石本体のクリーニングにとりかかります。
手順を追って、紹介します。

墓石のほこりをはらう

墓石についたほこりを払います。
刷毛や、テーブル用の小さいほうきなどがあると便利です。

基本は水洗い

墓石クリーニングの基本は、水洗いです。
水場が遠くて、たくさんの水を用意できない場合には、水ぶきをしましょう。

石のつなぎ目や、彫刻文字は歯ブラシなどで洗います。

特に気になる汚れがなければ、乾いた布で水気を拭き、ここでクリーニングは終了です。

次に、気になる墓石の汚れ落としを紹介します。

水垢を綺麗にする

水垢は、白いものばかりではありません。下の写真のように、黒いシミ部分も水垢です。
これは、長年かけてほこりや雨水が堆積(たいせき)し、できたものです。

水垢ができる目安は下記のとおりです。
墓石を建立して10年~20年:水垢が徐々にでき始める。
墓石を建立して30~40年:なかなか取れない頑固な水垢になってくる。

水垢は、こすって落とします。
注意点として、金属タワシはやめましょう。墓石がキズだらけになります。

スクレーバーやカッターナイフの平らな面を使い、削り取る方法もありますが、墓石を傷つけてしまう可能性が高いです。

コケを落とす?落とさない?

コケは風情があるので、あえてそのままにする。という人もいるかもしれませんが、墓石の劣化につながります。

落とす時には、薄いへらなどを使いましょう。

お墓

墓石のサビとは?

墓石の茶色いシミが、サビです。
お供え物の缶からついてしまうサビとは別の、石に含まれる鉄分が出てきたものです。

洗剤を使い分ける

サビ、カビ、苔など、汚れに合わせた洗剤を使い分けるのがコツになります。

ホームセンターなどで購入できます。

ついでながら、家にある洗剤は墓石洗いに使えるのでしょうか?調べてみました。

重曹(じゅうそう):研磨作用があり環境にも優しいが、頑固な水垢には効果が薄い。
食器用洗剤:シミの原因になるので、使わないほうがよい。
塩素系漂白剤、酸性漂白剤:墓石を痛めるため、不向き。

洗剤を使う時の注意点

洗剤によって、シミや変色の原因になることがあります。2つの注意点を守りましょう。

①墓石が日光で熱くなっている場合は水をかけ、墓石を冷やして、洗剤を使う。
②すすぎをしっかり行う。水が多く使えない場合はしっかり水拭きし洗剤残りをなくす。

使う道具

墓石の表面はツルツルしています。それは石を磨き上げた後にコーティングが施されているからです。そのため基本は水で洗い、布で拭く。石のつなぎ目の角は、歯ブラシなどを使います。

布や歯ブラシでは落としきれない水垢などは、先に「水垢」で紹介した道具を参考になさってください。

基本の道具

雑巾2枚:水拭き用1枚、仕上げ用1枚(乾いた布で仕上げ磨き)
歯ブラシ
バケツ
ゴミ袋
ほうき
ちり取り
剪定ばさみ

あると便利な道具

刷毛または、テーブル用の小さなほうき
筆:墓石の文字の部分を洗うのに便利
ゴム手袋
軍手:2重に重ねて雑巾代わりに使うと便利
ペットボトル:墓石に水をかける時に使用。水場が遠い時の水運搬用
カマ:雑草を抜く時に便利
薄手のヘラや、バターナイフ:苔とりや墓石のつなぎめに便利

墓石クリーニングの代行業者

墓石クリーニングを代行業者に頼むと、こんなことをしてくれます。

・高圧洗浄機による洗浄
・特殊溶剤による洗浄
・特殊機械による研磨
・写真による報告
・お参りの花と線香

価格の相場はどのくらい?

行う作業により、価格は幅広く設定され、一般的にお参りの花と線香は含まれています。

通常のお墓掃除:10,000円

水垢落としを含む墓石クリーニング:20,000円

特殊溶剤による墓石クリーニング:40,000円

外柵を含めたお墓全体クリーニング:70,000円
(特殊溶剤や特殊機械も使用)

墓石クリーニング代行業者を都道府県別に検索できるサイトを紹介します。

人気ランキング別、料金別などで検索でき、作業内容もわかりやすく提示しています。

墓石クリーニング業を開業する!?

「お墓を大切にしたい」という気持ちはあっても、行けなかったり作業が困難であったり、お困りの方は意外に多くいるようです。

テレビでも特集が組まれるなど、墓石クリーニング業は注目を集めています。

無店舗で一人でスタートできるというメリットもあり、墓石クリーニング業を副業として始める方も増えつつあるようです。

墓石クリーニングについてのまとめ

いかがでしたか?

お墓を大切にする気持ちは、何よりの供養につながると思います。
墓石を綺麗に保ちましょう。

終活の専門家に相談してみよう

終活ねっと事業主ページでは読者様のニーズ別に終活に関する様々な専門家を紹介しています。
ぜひご利用ください。

事業主ペーシはこちらから

「墓石・クリーニング」に関連する記事

「墓石・クリーニング」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「墓石・クリーニング」に関連する記事

「墓石・クリーニング」についてさらに知りたい方へ

墓石の磨き方で、やってはいけないことがあるのでしょうか。
建立したての墓石と築20年以上を経た墓石では、劣化の程度も速度も違います。
正しい墓石の磨き方を知って、水垢やさびなどの頑固な汚れも対処していきましょう。のサムネイル画像

いつまでも綺麗に使うために〜正しい墓石の磨き方講座!

1
お墓参りの際に、墓石の掃除をしますよね。墓石の掃除は、誰に教わるわけでもなく親の姿を見て真似ている気がします。外にある墓石は汚れもひどいですよね。なら洗剤で洗ったほうが綺麗になりそうですが、洗剤を使った掃除は行ってもいいのでしょうか。のサムネイル画像

墓石の掃除はどうしていますか?洗剤を使ってもいいの?

2
お盆やお彼岸などのお墓参りに行って、墓石の汚れが気になった方もいるのではないでしょうか。きれいに掃除をする方法があれば知りたい、と思う方のために、今回は墓石の掃除方法について調べてみました。のサムネイル画像

墓石の掃除はどうしたらいい?その方法を調べてみた

3
最近のお墓って墓石がデザインできるものがあるってご存知ですか?まだまだあまり浸透していないデザインされた墓石ですが、どのような文字や柄を彫ることができるのかこの記事で解説していきたいと思います。のサムネイル画像

墓石のデザインって自分で決められるの?費用はどれくらい?

4
近年では墓石の種類はかなり増えてきました。だからこそ、後悔しないお墓選びをしましょう。今回は知っておくと役に立つ、墓石の種類をご紹介。のサムネイル画像

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?

5

ランキング

よく読まれている記事です

散骨をはじめとする葬送方法。その一つが樹木葬です。死後は土へと還り大自然の一部となることは、命の自然な形でもあると考えられます。海や空、宇宙などへの様々な散骨と共に、今後ますますニーズの高まるであろう樹木葬について、ご紹介します。のサムネイル画像

死後は土に還る…散骨をはじめとする自然葬、樹木葬について

1
墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。のサムネイル画像

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

2
実は知らないお墓の話として、永代供養があります。
永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。
永代供養の期間についてまとめました。のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

3
全国各地に存在するたくさんの墓地。墓地にもさまざまな種類があり、管理者も管理方法も異なります。その管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

4
引越しなどで、墓地を移転しなければならない場合があります。この場合、もとの墓石を移す、新しい墓地に墓石を建てる、または納骨堂に納めて永代供養をお願いする方法があります。また、分骨することもできます。この記事では墓地の移転についてその基本を解説します。のサムネイル画像

墓地の移転とその手続きについて解説します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト