葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?

墓石の汚れが気になりますか?ここでは墓石クリーニングのやり方を紹介します。落としきれない汚れや、なかなかお墓に行けない方は、業者に頼んでみませんか?墓石クリーニングの代行についても紹介します。

墓石を綺麗にしましょう

お墓

お墓のお掃除。どんなことをしていますか?

雑草を抜いて、落ち葉やゴミを拾い、水をとりかえ花を飾り、さっと拭く。
これだけでも、ずいぶんきれいになりますよね。

でも、墓石の水垢や黒ずみ。気になりませんか?
揃える道具と手順がわかれば、墓石クリーニングは意外と簡単です。

やってみたけど汚れが落ちない、遠くてなかなか行けない。そんな時には「墓石クリーニングの代行」業者に、頼んでみませんか?

最後に、気になる墓石クリーニングの価格相場をご紹介します。

墓石クリーニングのやり方

お墓

最初に、墓石まわりの落ち葉やゴミを拾い、雑草を抜きとります。
次に、線香置きや花立てなど、外せるものは取り外し、歯ブラシなどで洗いましょう。

そして、墓石本体のクリーニングにとりかかります。
手順を追って、紹介します。

墓石のほこりをはらう

墓石についたほこりを払います。
刷毛や、テーブル用の小さいほうきなどがあると便利です。

基本は水洗い

墓石クリーニングの基本は、水洗いです。
水場が遠くて、たくさんの水を用意できない場合には、水ぶきをしましょう。

石のつなぎ目や、彫刻文字は歯ブラシなどで洗います。

特に気になる汚れがなければ、乾いた布で水気を拭き、ここでクリーニングは終了です。

次に、気になる墓石の汚れ落としを紹介します。

水垢を綺麗にする

水垢は、白いものばかりではありません。下の写真のように、黒いシミ部分も水垢です。
これは、長年かけてほこりや雨水が堆積(たいせき)し、できたものです。

水垢ができる目安は下記のとおりです。
墓石を建立して10年~20年:水垢が徐々にでき始める。
墓石を建立して30~40年:なかなか取れない頑固な水垢になってくる。

水垢は、こすって落とします。
注意点として、金属タワシはやめましょう。墓石がキズだらけになります。

スクレーバーやカッターナイフの平らな面を使い、削り取る方法もありますが、墓石を傷つけてしまう可能性が高いです。

コケを落とす?落とさない?

コケは風情があるので、あえてそのままにする。という人もいるかもしれませんが、墓石の劣化につながります。

落とす時には、薄いへらなどを使いましょう。

お墓

墓石のサビとは?

墓石の茶色いシミが、サビです。
お供え物の缶からついてしまうサビとは別の、石に含まれる鉄分が出てきたものです。

洗剤を使い分ける

サビ、カビ、苔など、汚れに合わせた洗剤を使い分けるのがコツになります。

ホームセンターなどで購入できます。

ついでながら、家にある洗剤は墓石洗いに使えるのでしょうか?調べてみました。

重曹(じゅうそう):研磨作用があり環境にも優しいが、頑固な水垢には効果が薄い。
食器用洗剤:シミの原因になるので、使わないほうがよい。
塩素系漂白剤、酸性漂白剤:墓石を痛めるため、不向き。

洗剤を使う時の注意点

洗剤によって、シミや変色の原因になることがあります。2つの注意点を守りましょう。

①墓石が日光で熱くなっている場合は水をかけ、墓石を冷やして、洗剤を使う。
②すすぎをしっかり行う。水が多く使えない場合はしっかり水拭きし洗剤残りをなくす。

使う道具

墓石の表面はツルツルしています。それは石を磨き上げた後にコーティングが施されているからです。そのため基本は水で洗い、布で拭く。石のつなぎ目の角は、歯ブラシなどを使います。

布や歯ブラシでは落としきれない水垢などは、先に「水垢」で紹介した道具を参考になさってください。

基本の道具

雑巾2枚:水拭き用1枚、仕上げ用1枚(乾いた布で仕上げ磨き)
歯ブラシ
バケツ
ゴミ袋
ほうき
ちり取り
剪定ばさみ

あると便利な道具

刷毛または、テーブル用の小さなほうき
筆:墓石の文字の部分を洗うのに便利
ゴム手袋
軍手:2重に重ねて雑巾代わりに使うと便利
ペットボトル:墓石に水をかける時に使用。水場が遠い時の水運搬用
カマ:雑草を抜く時に便利
薄手のヘラや、バターナイフ:苔とりや墓石のつなぎめに便利

墓石クリーニングの代行業者

墓石クリーニングを代行業者に頼むと、こんなことをしてくれます。

・高圧洗浄機による洗浄
・特殊溶剤による洗浄
・特殊機械による研磨
・写真による報告
・お参りの花と線香

価格の相場はどのくらい?

行う作業により、価格は幅広く設定され、一般的にお参りの花と線香は含まれています。

通常のお墓掃除:10,000円

水垢落としを含む墓石クリーニング:20,000円

特殊溶剤による墓石クリーニング:40,000円

外柵を含めたお墓全体クリーニング:70,000円
(特殊溶剤や特殊機械も使用)

墓石クリーニング代行業者を都道府県別に検索できるサイトを紹介します。

人気ランキング別、料金別などで検索でき、作業内容もわかりやすく提示しています。

墓石クリーニング業を開業する!?

「お墓を大切にしたい」という気持ちはあっても、行けなかったり作業が困難であったり、お困りの方は意外に多くいるようです。

テレビでも特集が組まれるなど、墓石クリーニング業は注目を集めています。

無店舗で一人でスタートできるというメリットもあり、墓石クリーニング業を副業として始める方も増えつつあるようです。

墓石クリーニングについてのまとめ

いかがでしたか?

お墓を大切にする気持ちは、何よりの供養につながると思います。
墓石を綺麗に保ちましょう。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「墓石・クリーニング」に関連する記事

「墓石・クリーニング」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「墓石・クリーニング」に関連する記事

「墓石・クリーニング」についてさらに知りたい方へ

雨や風に長年さらされた墓石には水あかや苔などの汚れが付着しています。これらの汚れは普通のお墓掃除ではなかなかきれいになりません。そんな時に便利なのが墓石の徹底的なクリーニングです。今回は墓石を自分でクリーニングする方法と代行業者について説明します。のサムネイル画像

墓石をクリーニングしましょう!代行サービスの利用方法もご紹介!

墓石の磨き方で、やってはいけないことがあるのでしょうか。
建立したての墓石と築20年以上を経た墓石では、劣化の程度も速度も違います。
正しい墓石の磨き方を知って、水垢やさびなどの頑固な汚れも対処していきましょう。のサムネイル画像

いつまでも綺麗に使うために〜正しい墓石の磨き方講座!

お墓のクリーニングについてまとめたいと思います。気になる費用や、クリーニングの種類などのご紹介もさせていただきます。そして、ご自身でお墓のクリーニングを行う際の注意点などもまとめました。費用や注意点などにポイントを絞ってご紹介をさせていただきます。のサムネイル画像

お墓専用のクリーニングがある?!費用や注意点について解説します。

お墓参りの際に、墓石の掃除をしますよね。墓石の掃除は、誰に教わるわけでもなく親の姿を見て真似ている気がします。外にある墓石は汚れもひどいですよね。なら洗剤で洗ったほうが綺麗になりそうですが、洗剤を使った掃除は行ってもいいのでしょうか。のサムネイル画像

墓石の掃除はどうしていますか?洗剤を使ってもいいの?

お墓は高価なものであり、子どもや孫の為、末永く残しておかなければならないものです。そのためできるなら傷が付かないよう綺麗に保って行きたいですよね。そんな時におすすめなのがお墓のクリーニング業者です。そこで今回は、お墓のクリーニング業者についてまとめてみました。のサムネイル画像

お墓のクリーニングはできていますか?お墓を綺麗に保ちましょう

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト