お墓を閉じること、墓じまいの手続きについて解説します

誰かが亡くなって様々な手続きを経た後出来たお墓は、半永久的に皆さんの身近にあります。しかし、お墓を閉じてしまう墓じまいをせざるを得ない時が訪れるかもしれません。今回は、墓じまいをするためにしなければならない手続きについて解説します。

なぜ墓じまいをするのか

墓じまいをする、折角建てたお墓を閉じなければならないという場面はどんな時なのか想像出来るでしょうか。

自分の親、親の親、先祖代々受け継がれてきたお墓を閉じなければならない、それはなぜなのでしょうか、一緒に考えていきましょう。

まず端的に、墓じまいをする主な理由は、お墓を守る人、お墓を継ぐ人、またはお墓に入る人がいなくなるからです。

昨今お年寄りを中心に、一人暮らしまたは高齢夫婦で二人で暮らしている世帯が増えています。

言い換えれば、家庭の後継ぎがいない、つまりお墓を継ぐ人がいなくなっているため、墓じまいをせざるをえないと言えるでしょう。

なおこの墓じまいにより、お墓は無縁墓(むえんぼ)となり、後に他の家の墓とまとめて供養されます。

墓じまい

墓じまいは必要な手続きを経た後、墓石などが解体作業されます。

墓じまいの際に必要な手続き

遺骨をどうするか決めておく

お墓の中には、当然遺骨や遺品などが収められています。

墓じまいをしてしまえば、それらを収める場所がなくなりますので、次にどこへ置いてもらうかを決めなければなりません。

遺骨の行き先として、二つの方法及びその手続き方法があります。

1つは、永代供養といってお寺などお墓をもつ施設などに管理してもらう方法で、もう1つは、散骨といって海や山などに遺骨を撒く方法です。

その墓じまい後の遺骨の取り扱い方法2つについて、手続きの仕方含めて紹介します。

遺骨

墓じまいの際は、遺骨の取り扱いを決めつつ、手続きについても調べておきましょう。

永代供養

先に述べたように、墓じまい後の遺骨の取り扱いとして、永代供養という方法があります。

これは例えばお寺であれば、合祀墓(ごうしぼ)という大きな墓があり、全く無関係な方々の遺骨がまとめて祀(まつ)られています。

他にも、寺院の中に納骨堂(または納骨室、納骨棚)と呼ばれるお骨収納専用スペースがあり、遺骨が整然と並べられています。

この永代供養の手続きですが、基本的には永代供養料として半永久的に管理してもらうための料金をお墓の管理者に支払います。

料金は分割する場合もあるようですが、一括で支払うことがほとんどのようです。

散骨

遺骨の取り扱いの方法に、もう1つ散骨があります。

誰かが亡くなられた後、墓地に埋葬しないで散骨をされる場合もありますが、墓じまいの際に散骨を行う場合もあるようです。

散骨する場合は、通常遺骨を粉末またはパウダー状にして思い出の地などに撒きます。

粉骨作業や散骨は手続き代行と共に、専門の葬儀社などに任せることも出来ますし、粉骨そのものは違法ではないので手続きは不要で自分ですることが可能です。

この散骨代行については、墓じまい代行と共に後述します。

散骨で代表的なものは、海に撒く海洋散骨と、木の根元に撒く樹木散骨です。

空へ撒く空葬、最近ではロケットを使って宇宙空間へ散骨するケースもあります。

改葬許可の申請をする

墓じまいは、遺骨の移動、墓石などの撤去でもって成立します。

ただしこの際、手続きとして墓地がある市町村に対し、改葬許可申請をしなければなりません。

「改葬許可申請書」を提出すれば、「改葬許可証」がもらえますので、書類上の手続きはこれで終了です。必要書類は下記にてまとめます。

改葬許可が出た後は、改葬許可証を今の墓地の管理者へ提出し、墓地から遺骨を取出し、新しい墓地(共同墓地や納骨堂)へ移動または散骨の流れとなります。

必要な書類

改葬許可を得るために、市町村の担当窓口に以下の書類を提出しなければなりません。

ほぼ指定のフォーム(書式)があると思っていいですが、「改葬許可申請書」に亡くなられた方の情報と墓地の場所(埋葬・火葬)などを記載します。

併せて改葬の理由を書く場合もありますので、墓じまいの場合はその旨記載しましょう。

添付書類として必要なのが、「埋葬証明(書)」です。

これは、墓地の管理者(寺院など)に申請すれば、墓地に納骨されている旨を証明してくれる書類です。

遺骨を取り出してお墓を更地に戻す

墓じまいの書類上の手続きについてはご理解頂けたでしょうか。

ここでは、墓じまいにおける物理的な手続き、すなわちお墓の撤去についてご紹介します。

基本的には遺骨取出し後、墓石及びお墓石材の撤去解体をし、お墓があった場所を更地に戻します。

この作業は、お墓を建てた石材店に頼む場合が多いですが、寺院や管理者の指定業者や建設解体業者にお願いします。

墓じまい

墓じまいの際は遺骨を移動後、お墓を更地に戻します。

遺骨を新しい場所に移す

お墓の撤去前、遺骨を取り出しますが、この際寺院であればお坊さんにお経をあげてもらうことがあります。

これを、魂抜きまたは閉眼供養と言います。

遺骨を取り出したのちは、永代供養墓、共同供養墓や散骨へと移しますが、この際「改葬許可証」の持参を忘れないようにしましょう。

かかる料金は?

手続きにかかる料金 永代供養の場合

墓じまいの後永代供養をするためには、次の料金がかかります。

お墓の撤去解体料、永代供養料、墓じまい先へのお布施、改葬先へのお布施(納骨費用、管理費)の4つが主で、遺骨取出しの魂抜きの際にお布施を渡す場合があります。

お墓の撤去解体料は、お墓の規模や場所などで変わってきますが、クレーンやトラック代、コンクリート代など更地に戻すまでの料金を含めて30万円程度と考えておきましょう。

永代供養料ですが、これも寺院の規模や地域により異なりますが、お布施を含め十数万円程度は最低でもかかるでしょう。

離壇料(りだんりょう)

お墓を移す際に、特別にかかる場合があるのが、離壇料と呼ばれるお布施です。

これは、これまで管理をお願いしてきた寺院や管理者に対し支払うものです。

お布施ですので、お礼や寄付金の感覚で支払う場合があり、相場は3~10万円程度と言われています。

これはお墓の管理者や、これまでのお付き合いなどもあるので、墓じまいの前に相談の上決めるのがいいと思います。

手続きにかかる料金 散骨の場合

散骨を選択した場合ですが、基本的な料金(解体料やお布施)は先に紹介した永代供養の場合と変わりません。

例えば海洋散骨をする場合は、船に乗って沖合まで出るので船の乗車料がかかりますし、遺骨を砕く粉骨料含め最安でも3万円程度かかります。

大人数で船をチャーターすれば、それだけ大きな船を使いますし、船内で食事をしたりするので数十万円かかる場合もあります。

代行を頼むのも一つの手

墓じまいに関する手続き一切については、自分ですることも出来ますが、墓じまい専門の代行業者がいます。

高齢者の方にとっては、この代行業者を利用することで、面倒で手間がかかる墓じまいを容易に済ませることが出来ます。

代行業者は、墓じまい後の遺骨移動場所の提案実施(永代供養か散骨か)や、書類の手続き、お墓解体業者の選定や発注など、全てを準備してくれます。

墓じまいを実施する方にとっては、魂抜きの際か散骨の際に立ち会うだけで済むので、一つの手段としてはお勧めです。

墓じまいの手続きについてまとめ

散骨

散骨の様子です。お花と共に遺骨を撒きます。

いかがだったでしょうか。

墓じまいをするという選択肢がある現状について、ご理解頂けましたでしょうか。

また、主として、永代供養または散骨の二つが考えられるということについてご説明致しました。

万が一の備え、将来設計のお役にたてれば幸いです。

関連する記事

あわせて読みたい記事

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト