葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

骨壷を風呂敷で包む方法や、色やサイズの選び方を解説いたします!

骨壷を運ぶとき包む風呂敷はどんなものを選べばいいのでしょうか?色はどうすればいいのか?どのようなサイズのものがよいのか?包み方は決まっているのでしょうか?そんな骨壷を包む風呂敷の事を詳しくご説明したいと思います。

なぜ骨壷を風呂敷で包むの?

風呂敷

斎場で火葬されたあと、遺骨は骨壺に入れられて納骨までの間自宅に置かれることが多いです。
納骨を行う時にお墓まで骨壷に入った遺骨を運ばなければなりません。

納骨の時に自宅からお墓までが遠く、電車や飛行機などを利用する場合はまわりの人への配慮として骨壷が見えない形で運ぶのが一般的です。

また、大切な骨壷を落としたりしても衝撃が少ないように、という意味合いもあります。

骨壷を運ぶときに包むものとして、一番一般的なのは風呂敷です。

他には「骨壷バッグ」というものや、保冷バッグなどに入れて運ぶこともあるようです。

どんな形にしても大切な遺骨ですので、安全にそしてまわりへの配慮を考えて運びたいものです。

今回終活ねっとのこの記事では

  • 骨壷を包む風呂敷の選び方
  • 風呂敷の包み方
  • おすすめの風呂敷

などについて解説していきます。

骨壷を入れる保冷バッグ

こちらにどんな骨壷でも入る保冷バッグを紹介いたします。
風呂敷がどうしても用意できない場合はこちらでもよいでしょう。

サーモス ソフトクーラー 20L ブルー REF-020 BL
サーモス ソフトクーラー 20L ブルー REF-020 BL

商品価格3066円

大きめの保冷バック
2リットルのペットボトルが6本入る大きさです。

この商品を購入

風呂敷の選び方

風呂敷

それでは、どのような風呂敷を選んだらよいのかを

  • サイズの選び方
  • 色の選び方
  • 生地の選み方

の3つの観点から説明していきます!

風呂敷のサイズの選び方

最適な風呂敷のサイズは、包む骨壷のサイズによって異なります。

骨壷のサイズの表

骨壷のサイズの表

骨壷のサイズは店によって異なりますが、「2寸-8寸」「尺寸」の主に8通りあります。

骨壷の形

骨壷は円柱の形をしています。

そして円柱の器の上に蓋がかぶさってるというイメージです。

上記で直径という表記があるのは、骨壷の底が円状になっているからです。

どのようなサイズの風呂敷がいいの?

風呂敷

7寸の骨壷は一辺が105cmの風呂敷(三巾)で包むのが良いとされています。

それより大きな骨壷の場合は、一辺が130cmの風呂敷(四巾)を使用しましょう。
小さな骨壷の場合は二巾などの風呂敷でも大丈夫です。

最近はいろいろなサイズや形の骨壷があるようですので、そのような場合は大きさを考えて用意しましょう。

ただ、風呂敷のサイズが骨壷に対して大きすぎる分には問題ないので、困ったら大きめの風呂敷を購入しましょう。

色は何を選んだらいい?

風呂敷

風呂敷の色は紫、紺、グレーなどをお選びになる方が多いようですが、基本的に決まりはなく生前故人が好きだった花柄や好きだった色などを選ぶこともあるようです。

仏具店には色や大きさが数種類揃っているかもしれませんが、ネットショップにはスタンダードな白が多く見られます。

風呂敷の生地は何がいい?

風呂敷の生地は「正絹」「ポリエステル」「綿」など様々です。

骨壷を包む場合、生地に特に決まりがありません。

シワになりにくく、耐水性もあるポリエステルなどの風呂敷が無難なのではないでしょうか?

正絹の風呂敷などは高級であることが多いです。

以上

色、サイズ、生地という観点から風呂敷の選び方を解説いたしました。

Amazonで風呂敷を購入してみよう!

亡くなられた大切な方の好きだった色や柄の風呂敷を見つけてみてはいかがでしょうか?

汎用性の高い、風呂敷を厳選いたしましたのでもしよければ、是非お買い求めください。

綿 ブロード 無地 ふろしき 風呂敷 紺 三巾 約105㎝幅
綿 ブロード 無地 ふろしき 風呂敷 紺 三巾 約105㎝幅

商品価格2000円

無地の風呂敷です。
骨壷を包むのにピッタリなサイズですので特におすすめです。

この商品を購入

骨壷の包み方を伝授します

続いて、骨壷を風呂敷に包む方法を説明します。

火葬場から出るときには、係りの人が包んでくれますのでそれを参考にするとよいでしょう。

  • まず、風呂敷の角が上下、左右に来るように広げます。
  • その中心に骨壷の正面が手前に向くようにおきます、そして後ろ側の風呂敷の角を骨壷にかけます。
  • 次に前側の風呂敷を後ろに向かって骨壷にかけます。それから左右の角を後ろに持っていき、ほどけないように固く結びます。

以下の記事に風呂敷の包み方についてより詳しく書いてあります。

是非こちらも参考にしてください。

こちらも読まれています

こんなに簡単!毎日使える風呂敷の包み方をマスターしましょう

一枚の布で何でも包んでしまう先人の知恵。今、外国人からも注目を浴びています。お酒の瓶やスイカまで、その包み方はまるでマジックを見ているよう。エコバッグの代わりにお洒落に使う風呂敷。進物を大切に包む風呂敷。今回は、そんな風呂敷の包み方をご紹介していきます。

骨壷から風呂敷を外すのは大丈夫?

骨壷を包んだ風呂敷を外すかどうか?

迷う方も多いようですが、風呂敷を外すかどうかについては色々な考え方があり、一概にはこれが正しいというものはありません。

個人の遺骨に対する考え方にもよりますし、宗派によっても違うようです。一番確かなのは納骨するお寺に問い合わせてみることです。

仏具屋さんに聞いてみるのも良いかもしれません。大切なのは、ご遺族の気持ちが安らぐ方法だと思います。
最後に納骨した後の風呂敷の処理も、お寺の方にご相談されるのがいいかと思います。

ちなみにほとんどの場合はお墓などに納骨しますが、必ず納骨しなければならないというわけではありません、自宅に安置するということも可能です。

自宅に安置する場合には、特に場所などに決まりはなくご遺族の決めた場所ということになります。

専用の置台も売られていますので納骨しないという選択をする場合には仏具店などにご相談ください。

終活ねっとは、皆さまの悩みを親身になって相談してくださる業者の方と繋がっています。

もしよければ、相談して見てください。

骨壷を包む風呂敷についてのまとめ

今回終活ねっとでは

  • 風呂敷で骨壷を包む理由
  • 風呂敷の色の選び方
  • 風呂敷のサイズの選び方
  • 風呂敷の生地の選び方
  • 風呂敷の包み方
  • 風呂敷を包んでいる骨壷から外しても良いのか?

など、骨壷と風呂敷について解説いたしました。

昔は骨壷を包む布を白というのが定番だったかもしれませんが、今は色の付いたものや柄物も使われるようです。

特に葬儀後、納骨する時に自宅から納骨する寺や墓地に運ぶ時には、風呂敷以外にも専用のバックや保冷バッグなども使われるようです。

大切な方の遺骨を納骨し、ご遺族の気持ちが落ち着くまでこのように骨壷の包み方、運び方など気を使われることも多いと思いますが、少しでも参考になればと思います。

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「骨壷・風呂敷」に関連する記事

「骨壷・風呂敷」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「骨壷・風呂敷」に関連する記事

「骨壷・風呂敷」についてさらに知りたい方へ

風呂敷の魅力が再認識されているのをご存知ですか?絵柄も現代に合うようなデザインから昔ながらの古風なデザインまで、素材も多様になってきています。かわいい風呂敷を探したい方、かわいい結び方を知りたい方、必見です!のサムネイル画像

風呂敷でエコライフを!かわいい包み方からバックにもなるんです

日本で古来から使用されてきた風呂敷は今、若い人たちにも注目されています。自由自在な形を作ることができる風呂敷は、バッグ作りの素材にもってこいです。そこで今回は風呂敷で作るバッグについて紹介していきます。のサムネイル画像

風呂敷でバッグを作ろう!ワンランク上のおしゃれを。

インターネットでも購入することができるようになった骨壷。その種類や形もいろいろあり、最近では、ご自分のためのお墓だけでなく骨壷も用意される方もいるようです。
意外と知られていないお墓の中の骨壷についても知っておき、骨壺選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?のサムネイル画像

お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?

故人の遺骨を納める場所といえばお墓のカロートや納骨堂をイメージする方が多いです。ただ、納骨堂で納骨する場合、骨壷を選ぶのも苦労する方も少なくないでしょう。今回は納骨堂と骨壷にまつわるよくある疑問についていろいろと見ていきたいと思います。のサムネイル画像

納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法など

お墓は色々調べるものの、いざ骨壷までじっくり調べる方はそれほど多くはないのではないでしょうか。大切な人やペットを納める「骨壷」ですが、サイズや値段に大きな違いはあるのでしょうか?今回はサイズや値段、地域での違いなどについてご紹介します。のサムネイル画像

知っていれば安心!『骨壷』のサイズと価格

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト