作る?作らない?浄土真宗での位牌の扱い方を学びましょう

日本国内で信徒さんが一番多い浄土真宗。教えや年忌法要など他宗派と違う仏事があり、中でも位牌の扱いが違います。位牌は用いず過去帳を使用します。しかし、昨今では、位牌を希望するご遺族の方も多くなっています。今回は、浄土真宗の位牌に関する扱い方をお伝えします。

目次

  1. 浄土真宗についての基礎知識
  2. 浄土真宗の七高僧とは?
  3. 浄土真宗では、追善供養はない?
  4. 浄土真宗における仏壇の意味
  5. 浄土真宗の場合、位牌は必要?
  6. 浄土真宗特有?過去帳・法名軸での供養
  7. 位牌を作る場合について
  8. 宗派ごとの違いを理解しましょう
  9. まとめ

浄土真宗についての基礎知識

「浄土真宗」は日本に数ある中の仏教の宗派の一つで、鎌倉時代に、親鸞が師とする法然上人が説く「浄土往生」が真の教えと念仏し、親鸞が宗祖となり、日本全国に浄土真宗を広めた宗派です。
他の宗派では、信者を「信徒」と呼びますが、浄土真宗では、「門徒」と呼んでいます。

日本で一番信者が多いと言われている浄土真宗について紹介します。

浄土真宗の本山と宗派

・本山…西本願寺
・宗派…浄土真宗本願寺派
・御本尊…阿弥陀如来

浄土真宗の宗祖と教え

宗祖…親鸞聖人

承安3年(1173)に日野有範の長子として生誕。
9歳で出家し29歳までの20年間を比叡山で修行していたと言われていますが、記録が残ってないため当時の生活は不明とされています。

その後、比叡山を下り、専修念仏という教えを説かれていた浄土宗の開祖である「法然上人」のもとで修行を行いました。

教え…念仏成仏

浄土真宗は、「浄土三部経(仏説大無量寿経・仏説観無量寿経・仏説阿弥陀経)」と親鸞聖人の主著「教行信証」を根本の聖典としたもので、「念仏成仏」が教えです。日々、阿弥陀如来に念仏することにより、故人は亡くなると即成仏すると言われ、残された遺族が成仏した故人を通して、念仏することにより新たに、阿弥陀如来の慈悲をうけるとされています。

阿弥陀如来に念仏(他力念仏)することによって、故人が仏さまとなり成仏する事で、「他力本願」の元となっています。他力念仏とは、「阿弥陀如来の他力の中で念仏と共に生きていく」意味だと言われています。

浄土真宗の七高僧とは?

親鸞が浄土教の祖師と定めて尊崇したインド、中国、日本の7人の僧侶を言い、龍樹菩薩、天親菩薩、曇鸞大師、道綽禅師、善導和尚、源信和尚、法然上人です。

浄土真宗では、追善供養はない?

浄土真宗では、亡くなると阿弥陀如来の導きにより、仏さまとなり残された家族を見守っているので、読経することににより日々感謝をしましょうという教えから、故人を供養する追善供養はしていません。

新盆法要とお盆法要は?

浄土真宗は故人を供養するのではなく、故人を通して仏縁を重んじる教えのため、追善供養はおこないません。新盆やお盆の法要は他宗教のように、故人が迷わないようにする迎え火や送り火の仏事は行いませんが、仏壇の前で合掌し、阿弥陀如来とご先祖様に感謝の気持ちを伝えする法要は行います。

浄土真宗における仏壇の意味

浄土真宗では、仏壇は故人や先祖を祀る場所ではなく、阿弥陀如来がいる極楽浄土の世界を表しているおり、故人や先祖が阿弥陀如来の導きで仏さまに成就したことを毎日、感謝する場所であると言われています。

浄土真宗の場合、位牌は必要?

浄土真宗では、礼拝の対象が阿弥陀如来であるために、位牌は使用していません。
もともと、位牌は中国の儒教の葬礼のしきたりだったために、浄土真宗では、仏教と無関係であるという事と位牌に魂が宿り供養するという概念はないために位牌は必要なく、過去帳や法名軸を使用しています。

位牌は官位や姓名を木札に記入し、神霊に供えるための中国の儒教のしきたりが日本に伝わりましたが、日本では仏教と儒教が混同したために間違って広がり今日に至っています。
しかし、長い年月の間に広まった位牌の風習は、現代人に染みついてしまっているので位牌を用いないことに対しては難しい面もあります。

浄土真宗特有?過去帳・法名軸での供養

位牌を用意しないのは、浄土真宗だけです。浄土真宗では、過去帳や法名軸に、法名、俗名、死亡年月日、年齢など寺院の僧侶に記入してもらいます。

法名軸

位牌と同じように、俗名や法名、没年月日、享年を記入してある掛け軸を仏壇に飾ります。

法名とは

浄土真宗では、戒名はつけません。
「戒名」とは、仏教の中で、自ら心身を鍛錬し、自力でこの世にさとりを開くことを目指す自力聖道門の人々が出家する時に、これから守らなければならない戒律を師から授かりつけてもらう名前の事を言います。

浄土真宗では、出家により戒律を守る修行ではなく、普段の生活を続けながら、阿弥陀如来の救いを念仏することから、戒名は付けずに、法(教え)の名前として法名を付けています。

お釈迦様(釈尊)の内の一文字「釋」をいただき、法名として使っています。
10年前位までは、女性には「尼」がつけられていたそうですが、現在は男女ともに、「釋○○」と釋を統一して使っています。

他の宗派のように、居士や大姉などの位号は、差別に結び付くために浄土真宗では付けないこととされていますが、宗派や寺院に貢献した人に「院号」をつける場合があります。

過去帳

過去帳は、江戸時代に檀家制度の時に使用していた家系の記録の名残りだと言われています。
過去帳の中には、家系の先祖の記録が記入されていますので、一種の家系図と同じ役目になります。

位牌は多くても10枚程度の保存なので、この過去帳ならば、先祖代々の家系が分かりとても便利ですね。

位牌を作る場合について

浄土真宗では、位牌を作らないと言われていますが、近年では、位牌を希望される家系も多くなっていますので、位牌を作る場合の書き方や置き方について紹介をしますので、参考にしてください。

浄土真宗の位牌の書き方

表面

右側…寂年(死亡した年)
中央…法名(梵字)・釋○○
左側…寂月日(死亡した月日)

裏面:俗名を記入

中央…俗名 ○○○○
左側…「享年」か「行年」

位牌の置き方について

位牌の置く場所は基本的に、御本尊より下に置くのが決まりです。位牌を用いない浄土真宗では、位牌の変わりが過去帳になりますので、位牌を置く場所は過去帳の脇になります。

位牌の魂入れはどうする?

浄土真宗では、位牌の魂入れは行いません。仏壇や御本尊を新しく替える場合に「おあたまし」の儀式を行います。

本来、浄土真宗では、故人はなくなるとすぐに阿弥陀如来の導きで浄土に往生し、仏となると言われているために、故人の魂が現世に残ることや霊として現れるという考え方はありません。そのため、
位牌などの魂入れをするのではなく、 新たな仏さまとの出会いの縁を喜び、感謝することになります。

位牌の処分方法

位牌を用いない浄土真宗では、過去帳や法名軸を使いますので、位牌を処分する時は、刻印された法名や俗名、没年月日、年齢、関係などを過去帳や法名軸に書き換えましょう。その後、寺院で引き取ってもらいます。

自分で処理する方法もありますが、位牌には故人の魂が宿っていると思っている日本人には心情的に、抵抗があると思いますので、寺院で引き取ってもらうことがベストですね。

宗派ごとの違いを理解しましょう

日本にはたくさんの宗派がありますが、宗派により教えや仏事に対する考え方が違います。「門徒もの知らず」と他宗派を揶揄するような行いをせずに、それぞれの宗派を理解し、尊重することが最も大切です。

まとめ

浄土真宗の位牌についてお伝えしましたが、いかがでしたか。位牌は必ず必要な仏具であるとインプットされていましたが、宗派により仏具などの用い方が違います。
今一度、ご自分の家系の宗派名を確認し、宗派の仏事を正しく理解しましょう。

「浄土真宗・位牌」に関連する記事

「浄土真宗・位牌」についてさらに知りたい方へ

  • 仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

    仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

    仏壇にある位牌はご先祖さまや故人の魂が宿ったお参りの対象です。位牌を通じて私たちは、故人と語り合えるのです。この記事では、位牌の種類や選び方、仏壇に安置する方法などを説明します。

  • 少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!のサムネイル画像

    少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!

    浄土真宗には、少し特殊と言うか他の宗派とは違う決まり事がいくつかあります。お墓に関しては、特に決まりごとが多くあります。どのような決まりごとが、浄土真宗でお墓を建てる時に有るのか調べてみました。

  • 浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!のサムネイル画像

    浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!

    日本で最も信徒数の多い仏教の宗派は浄土真宗ですが、実はお墓の建て方やお参りの仕方についても特徴的であることはご存知でしょうか?今回は浄土真宗が持つお墓にまつわる考え方やお墓へのお参りの仕方の特徴などについて見ていきたいと思います。

  • 宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!のサムネイル画像

    宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!

    納骨堂を運営するのは基本的に寺院、民営、公営の3つです。民営、公営であっても供養を行うのは提携する寺院であって、その納骨堂で用いられる仏具は寺院の宗派によって異なります。 ここでは誰もが気なる納骨堂の仏具に関して説明します。

  • 位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。のサムネイル画像

    位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。

    位牌には、故人の戒名などが書き入れられており、故人の魂が宿る依代です。四十九日の法要まで使用する白木位牌と法要の後、仏壇に納めて供養する本位牌があります。価格が高い位牌がよいわけではありません。価格に関係なく、故人を供養する気持ちの問題なのです。

  • 位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみましたのサムネイル画像

    位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみました

    亡くなられた方・故人の戒名や法名が書かれた木の札のことを位牌といい、位牌は故人そのものとも考えられています。しかしながら位牌だけでは単なる物である為、開眼供養という魂入れの儀式を行います。ここでは位牌の魂入れなどについてご紹介します。

  • 納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!のサムネイル画像

    納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!

    位牌には仏壇や納骨堂に安置して供養のよりどころとする大切な役割があります。仏壇で目にするものの、ふだんの生活では位牌についてなかなか知る機会がありません。位牌の種類やその由来について、さらに納骨堂を利用する場合の位牌について解説していきます。

  • 永代供養にしたけど、仏壇や位牌はどうすべき?処分にかかる費用は?のサムネイル画像

    永代供養にしたけど、仏壇や位牌はどうすべき?処分にかかる費用は?

    様々な理由から永代供養を選択した場合、お墓の問題が解決しても自宅にある仏壇や位牌の問題は残っていますよね。そこで今回は、実際に永代供養にした後、仏壇や位牌はどのようにしていけばいいのかという事を詳しくご紹介します。

  • 永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!のサムネイル画像

    永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!

    近年、少子化が進み、それぞれの家族形態やライフスタイルも変化し、さまざまな理由で永代供養を選ぶ方が増えてきました。仏式のお葬式で用いた位牌は、その後も正式な形になって残ります。永代供養を考えるうえでも、この位牌の取り扱い、一体どうすればいいのでしょうか?

  • 浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説のサムネイル画像

    浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説

    日本の数ある仏教の宗派の中でも信徒数が多く知名度も高いのが浄土真宗です。しかし、浄土真宗における葬儀の内容については知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、浄土真宗の葬儀がどのようなものなのかについてとりあげていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「浄土真宗・位牌」についてさらに知りたい方へ

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!のサムネイル画像

少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!

浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!のサムネイル画像

浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!

宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!のサムネイル画像

宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!

位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。のサムネイル画像

位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。

位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみましたのサムネイル画像

位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみました

納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!のサムネイル画像

納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!

永代供養にしたけど、仏壇や位牌はどうすべき?処分にかかる費用は?のサムネイル画像

永代供養にしたけど、仏壇や位牌はどうすべき?処分にかかる費用は?

永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!のサムネイル画像

永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!

浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説のサムネイル画像

浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと