不要になった自転車の回収方法、知っていますか?

不要になった自転車の回収方法、知っていますか?

不要になった自転車、どのように処分していますか?自転車は不用品の回収業者に回収してもらうことが可能です。今回は、意外と知られていない自転車の回収方法についてご紹介していきます。

2017-08-04

いらない自転車の回収について

不要になった自転車って、意外と処分に困りますよね。
自動車やバイクに比べて場所を取るものではありませんが、処分方法が分からず自宅に置きっぱなしという人もいるのではないでしょうか?処分に困った時、一番良いのは「不用品回収業者」に依頼することです。
その他にも人に譲る、自転車店に引き取ってもらうなど様々な方法がありますが、まずは回収について見ていきましょう。

回収料金について

自転車

前述したように、不要になった自転車の処分は不用品回収業者に頼むのがよい方法ですが、回収料金がかかってくる場合があるのです。
東京、横浜、名古屋、大阪、福岡の5都市について回収業者をいくつか挙げましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

東京

東京片付け110番

自転車の回収に力を入れている業者です。
個人宅の自転車だけでなく、放置自転車なども回収してくれます。
東京都内であればどこでも出張回収を行ってくれるので、運ぶ手段がない、という方も依頼が可能です。

東京多摩不用品回収センター

東京、神奈川、埼玉を対象に不用品回収を行っている業者です。
こちらは15台以上であれば無料回収してくれます。
日本で放置されているだけの自転車を回収し、整備して発展途上国などに輸出する活動を積極的に行っています。
条件などはサイトに記載されていますので、調べてみてくださいね。

横浜

ゼロインターナショナル

東京、神奈川を中心に1台から自転車を回収してくれる業者です。
サイトに詳しい料金表が掲載されているので、自分で料金を調べることができます。
無料見積もりのフォームもありますので、そちらも利用が可能です。

オフィス・センク

神奈川県横浜市、川崎市を中心に不用品の回収を行っています。
年式や程度などによっては一部買い取りもしてくれるようです。
こちらのサイトも詳しい料金表が掲載されているので、予め料金を確認することができて便利です。

名古屋

エコクレット

大人用の自転車は3台から無料回収を行ってくれます。
回収された自転車は映画の撮影用として提供されたり、日本以外に自転車を必要としている国に輸出したりしています。
1~2台だと引き取ってもらえない可能性がありますが、例外もあるのでまずは相談してみてくださいね。

トイダ自転車リサイクル

店内へ持ち込むことができれば、無料で回収を行ってくれます。
サビていたり、パンクしていても大丈夫です。
形状を保っていれば回収が可能です。
分解や解体をしてしまうと回収ができないので注意が必要です。
大量に自転車処分をしたい場合は専門業者の紹介も行ってくれます。

大阪

自転車処分回収センター

不要な自転車の回収や買い取りを行ってくれる業者です。
回収の範囲は大阪、兵庫、奈良となっています。
タイヤ交換の際に出る古いチューブも無料で回収してくれます。
引き取った自転車は丁寧に修理され、発展途上国に輸出しています。

ファイブアール

使える自転車の場合のみ回収を行ってくれます。
ものによっては買い取りをしてくれる場合があります。
捨てる前に一度見積もりを取るのがよいかもしれませんね。
一般家庭から企業まで幅広く対応してくれます。

福岡

リサイクル福岡 Rising

5台未満や個人での以来の場合は回収基本料金2,000円で対応してくれます。
大量引取りの場合は無料です。
国内では再利用できなくても、発展途上国で必要としている人に輸出するなどの活動を行っています。

粗大ゴミで出せるのか

自転車

自治体にもよりますが、自転車は粗大ゴミとして捨てられる場合が多いです。
地域の狭いゴミ捨て場などに置けない場合は、自分で処分場まで持ち込まなくてはいけないこともあります。
粗大ゴミとして捨てる場合、指定の処理券が必要になることもあるので、詳しくは住んでいる自治体に尋ねるのが一番かと思います。

販売店で回収してくれるところも

販売店の中には新品で自転車を購入すると古い1台を無料で回収してくれるところがあります。
自転車を購入しなくても、有料で自転車を回収している販売店もありますよ。
不用品回収業者に依頼するのが少し不安と言う方は、近くの販売店に問い合わせてみるのもよい方法ですね。

中古として売ることはできる?

自転車

大きく壊れていたり、解体してあったりするものでなければ中古として売ることは十分可能です。
インターネットで査定をしてくれるサイトもたくさんあります。
また、Yahooオークションなどに出品することも可能です。
自転車を中古として売る時のメリット、デメリットについて見ていきましょう。

メリット

まず大前提として無料回収よりも少しでもお金が戻ってくる可能性があるということです。
ネットオークションは意外な高値がついたりもします。
中古ショップなどで売るよりも高い値段がつくことは間違いないかもしれません。

ゴミとして処理してしまうよりも、引き続き誰かに使ってもらえる可能性も大きくなります。
自分には不要でも、必要としている人はどこかにいるはずです。

デメリット

自転車を売る業者や販売店は、よく考慮する必要があります。
商品を渡したのにお金が戻ってこない、などのトラブルもないとは言えません。
オークションの場合もなかなか落札者が見つからず、結局処分できないということもあります。
いくつかのお店にしっかり査定をしてもらい、納得のいくお店に売るようにするとよいですね。

無料回収業者は大丈夫?

先述したように、無料で不要な自転車を回収してくれる業者は全国にたくさんあります。
その全てが安全であるとは言い切れないのが事実です。
中には詐欺まがいのことをしている業者もあります。
「無料回収」と言っていても、契約書を書いた後でお金を請求されるなんてことも起こっています。

回収されたはずの自転車が実は適正に処理されておらず、不法投棄状態になっていたということもあるのです。
不法投棄は犯罪であることはもちろん、捨てたのは業者であっても、持ち主があなたであると分かればあなたが捨てたことになってしまうのです。

回収を依頼する時は十分に業者選びに時間をかけ、本当に全て無料なのか、追加で料金がかかることはないかをきちんと確認することが必要になってきます。
そしてその自転車がどのように処分されるのかも聞いておくとよいです。
見積もりもしっかりと内容を確認しましょう。

自転車を処分、必要な手続きは?

防犯登録の抹消

平成6年から自転車の防犯登録が義務化されました。
住んでいる場所が変わったり、人に譲ったりもらったりした場合は登録内容の変更が必要になってきます。
業者などに回収を依頼する場合は、防犯登録を抹消するとよいでしょう。

その時に必ず必要になってくるのが、防犯登録カードです。
自転車を買った時に一緒に受け取るカードになります。
そして自分の身分が分かる身分証明書も必要です。
防犯登録抹消の手続きができるのは、防犯登録を取り扱っている自転車店か警察署になります。
窓口で「自転車を廃棄するので登録を抹消したい」と伝えてくださいね。

最後に、防犯登録を抹消しないとどのようなことが起こるかについて説明します。
自転車を回収してもらった後にもし業者が不法投棄や不法な処理をした場合、防犯登録を抹消してなければ元の所有者のところに連絡が来てしまいます。
トラブルを避けるためにも、回収を依頼する前は必ず防犯登録を抹消しておきましょう。

自転車の回収についてまとめ

いかがでしたか?自転車の回収について様々な視点から見てきました。
回収業者に依頼する場合も、粗大ゴミに出す場合も、中古自転車として売る場合も、いずれにしてもきちんと下調べをして依頼する業者を吟味することが大切になってくると思います。
ご自宅に眠っている不要な自転車、この機会に処分を検討してみてはいかがでしょうか?

「自転車・回収」に関連する記事

  • 不用品の処分、引き取ってもらう、売る、譲るのサムネイル画像
    不用品の処分、引き取ってもらう、売る、譲る

    引っ越しなどで出た不用品の処分、どうしていますか?時間に余裕の無い時や、あまりにも大量の不用品の処分の場合は業者にまとめて引き取ってもらうのが良いと思います。でも、時間に余裕のある場合や思い入れのある品物の処分の場合、売る、譲るという方法もあります。

  • 要らなくなった布団って、どうやって処分していますか?のサムネイル画像
    要らなくなった布団って、どうやって処分していますか?

    古くなった布団はどうしていますか?布団は大きいのでしまっておく場所が必要です。使っていないのなら処分したいところですが、どう処分したらいいのか分からずにそのまましまっているという方も多いのではないでしょうか?今回は布団の処分方法を紹介していきます。

  • 不要な自転車を処分したい…粗大ごみで捨てていいの?のサムネイル画像
    不要な自転車を処分したい…粗大ごみで捨てていいの?

    小さくなったり、古くなった自転車の処分はどうしたらいいのでしょう?使わなくなった自転車をいつまでもとっておくのは邪魔ですよね。そこで今回は自転車の処分方法を紹介します。

  • 不要になって困っていませんか?エレクトーンの処分方法をご紹介のサムネイル画像
    不要になって困っていませんか?エレクトーンの処分方法をご紹介

    不要になったエレクトーン、処分に困っていませんか?大きなエレクトーンは動かすだけでも大変。長い間置いたままになっていたり、壊れて放置されているものはありませんか?どのように処分したらよいのでしょうか?エレクトーンの処分方法についてご紹介します。

  • きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?のサムネイル画像
    きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?

    一般家庭や会社の家電を廃棄したいと思った時、廃棄方法が決まっているものがあるのをご存知ですか?家電から出る廃棄物を減らしたり、使えるものをリサイクルしたりするために法律が制定されているのです。家電を廃棄する時の正しい方法を詳しくご紹介していきます。

  • 徹底解説!ブラウン管テレビの処分方法教えます!のサムネイル画像
    徹底解説!ブラウン管テレビの処分方法教えます!

    ブラウン管テレビってどうやって処分すればいいんだろう?お金かかるのかな?ブラウン管テレビの処分の方法を徹底的に解説します!

  • 不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。のサムネイル画像
    不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。

    核家族化が進行し、家を引き継いでくれる親戚がいないケースが増えています。考えなくてはいけないのが、家具の処分ですね。粗大ゴミとして引き取りをしてもらう他、家具の引き取りをおこなってくれる業者も増えています。さまざまな方法を知っておきましょう。

  • 不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。のサムネイル画像
    不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。

    身内や親戚に不幸があると、不用品を処分する必要が出てきます。終活に備えて不用品を処分しようと思っても、どうやって処分したらいいのか悩んでしまいますよね。いざという時に困らないように、不用品の処分の方法について紹介します。

  • 不要な自転車を処分したい…粗大ごみで捨てていいの?のサムネイル画像
    不要な自転車を処分したい…粗大ごみで捨てていいの?

    小さくなったり、古くなった自転車の処分はどうしたらいいのでしょう?使わなくなった自転車をいつまでもとっておくのは邪魔ですよね。そこで今回は自転車の処分方法を紹介します。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。のサムネイル画像 1
    不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。

    核家族化が進行し、家を引き継いでくれる親戚がいないケースが増えています。考えなくてはいけないのが、家具の処分ですね。粗大ゴミとして引き取りをしてもらう他、家具の引き取りをおこなってくれる業者も増えています。さまざまな方法を知っておきましょう。

  • きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?のサムネイル画像 2
    きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?

    一般家庭や会社の家電を廃棄したいと思った時、廃棄方法が決まっているものがあるのをご存知ですか?家電から出る廃棄物を減らしたり、使えるものをリサイクルしたりするために法律が制定されているのです。家電を廃棄する時の正しい方法を詳しくご紹介していきます。

  • 遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?のサムネイル画像 3
    遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?

    遺言執行者とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなどを行う人の事です。何やら難しそうですが、遺言執行者はどうやって選ぶのか、どんな権限があるのか、報酬はあるのかなどについて解説いたします。

  • 本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?のサムネイル画像 4
    本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?

    婚姻届の提出やパスポートの取得の際には戸籍証明書が必要ですが、戸籍証明書は本籍地の市区町村でしか発行してもらえません。戸籍証明書をどこに請求したらいいのか、自分の本籍地が分からなくなってしまった場合の調べ方をご存知ですか?本籍地の調べ方をご紹介します。

  • その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこうのサムネイル画像 5
    その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこう

    親戚との続柄を考えてみたとき、「あの人と私の続柄は、何というんだろう?」と思うことはありませんか? 自分の家系図を一覧にして書き出してみると、呼び名のわからない親族関係が多いことに、きっと驚くはずです。この機会に、親族関係を、一覧にしてみましょう。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事