今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

お通夜やお葬式の際には、御香典を包むことがあります。そのような時に、迷ってしまうのは、どれくらい包めば良いかという事ではないでしょうか。相手との関係性によって、相場は変わります。今回は、気になる御香典の相場をご紹介します。

目次

  1. 御香典とは
  2. 御香典の相場
  3. 御香典の表書きの書き方
  4. 御香典の中袋の書き方
  5. 御香典の相場ついて まとめ
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

御香典とは

御香典とは、故人の霊前にお供えする金品のことです。

お通夜やお葬式の際に持参します。御香典は、お線香やお花の代わりに供えるという意味があるものです。

また、急な葬式という出費に対する手助けという意味合いもあります。
一般的に、不祝儀用の水引を使用し、その中に現金を入れます。

結婚式などのおめでたい祝儀であれば、新札を準備することが礼儀ですが、お通夜やお葬式などの祝儀の場合は、新札は逆にマナー違反です。

予め準備していたような印象を与えるため、新札を使用する場合は、一度折り目をつけてから使用しましょう。

御香典の相場

保険・相続

香典の相場は「年齢」「関係性」などによって異なります。
それぞれ見ていきましょう。

年齢によっても変わる

御香典は、自分の気持ちを表すものですので、お金よりも故人や遺族に対する気持ちのほうが大切ですが、一般的には、御香典を持参することが多いです。御香典の金額は、故人との関係や、年齢によっても変わります。故人が友人や知人の場合の年齢別の金額は次の通りです。

30代  :5,000円
40代  :6,000円
50代  :7,000円
60代以上:8,000円

年齢が上がるにつれてお香典の金額が上がっているのは、故人との関係が、歳を重ねるごとに深くなっているためであると思われます。この金額は、あくまでも平均の相場です。若くても関係が深ければ、相場に関係なく、金額を増やすことも良いでしょう。しかし、遺族の方々が困ってしまうような大きな金額は避けましょう。相場を参考に、常識の範囲内で包みましょう。

職場関連の場合の相場

取引先

取引先の方が亡くなった場合、個人的にお香典を包む場合もありますが、多くの場合は、会社名で御香典を包みます。そのため、まずは上司などに相談することが必要です。一般的な相場は、1万円以上です。御香典の代わりにお花などを送る場合もありますので、自社のやり方に従う事をお勧めします。

上司

勤務先の上司が亡くなった場合、御香典を包む必要があります。その場合の相場も、年齢によって変わります。

20代:5,000円
30代:5,000円から10,000円
40代:10,000円~

職場の場合、同僚や他の社員と御香典の相場を合わせる可能性も考えられますので、注意が必要です。

上司の親、家族

上司との関係や、会社の方針によっても異なりますが、上司の親や家族が亡くなった場合も御香典を包みます。

20代:3,000円から5,000円
30代:3,000円から10,000円
40代:5,000円から10,000円

同僚や部下

同僚や部下の場合も御香典を包むことがあります。相場は以下です。

20代:5,000円
30代:5,000円から10,000円
40代:10,000円~

同僚や部下の親、家族

同僚や部下の家族が亡くなった場合も御香典を包むことがあります。相場には幅がありますので、故人との関係性を考えたうえで、金額を決めてください。

20代:3,000円から5,000円
30代:3,000円から10,000円
40代:3,000円から10,000円

親族関連の場合の相場

祖父母

祖父母が亡くなった場合も御香典をつつみます。

20代:1万円
30代:1万円〜3万円
40代:3万円~

両親

自分の両親が亡くなるという状況でも、基本的にはお香典をつつみます。以下は一般的な相場です。

20代:3万円から10万円
30代:5万円から10万円
40代:10万円~

兄弟・姉妹

兄弟姉妹が亡くなった場合の御香典の相場です。

20代:3万円から5万円
30代:5万円
40代:5万円~

叔母叔父

親戚関係が薄い場合でも、お通夜やお葬式に行く場合は、御香典を持参します。相場は以下です。

20代:1万円
30代:1万円から2万円
40代:1万円から3万円

従兄弟

従兄弟が亡くなった場合も、お通夜やお葬式に行く場合は、御香典を持参します。

20代:3,000円から1万円
30代:3,000円から2万円
40代:3,000円から3万円

友人の場合の相場

友人の場合

20代:5,000円くらい
30代:5,000円から1万円
40代:5,000円から1万円

などが相場です。

御香典の表書きの書き方

香典は袋に入れて「表書き」をしなければいけません。

個人の場合

御香典の表書きは、上段と下段に分かれています。
上段には、様々な表書きがありますが、喪主の宗教に合わせたものを用いましょう。

一般的には、「御霊前」が良いでしょう。この「御霊前」は浄土真宗の場合は使いませんが、それ以外の場合、お通夜やお葬式、四十九日より前の法要でも使用することが出来ます。

下段は、個人で御香典を出す場合は、中央に自分の名前をフルネームで書きます。その際、基本的には毛筆で書きます。

薄墨を用いると、悲しみの涙で文字がにじむ様子を表しているように見えるため、良いでしょう。

夫婦の場合

夫婦で御香典を包む場合も、表書きの上段は、御霊前や御香料というものを選びます。最近の不祝儀袋は、予め、御霊前や御香料などという言葉が書かれているものが多くあります。

このような予め書かれているものを使用することはマナー違反ではありませんので、使用しても問題はありません。
自分で記入する場合は、薄墨の毛筆で記入しましょう。

夫婦で御香典を出す場合の下段は、故人とのお付き合いの深さによって変わります。
夫婦ともに交流がある場合は、夫のフルネームを右に書き、夫の名前の横に、妻の名前だけを書く連名の書き方をします。

お付き合いが浅い場合は、世帯主の名前のみを記入する場合もあります。しかし、一般的には、夫婦の連名で表書きを書くほうが良いでしょう。

連名の場合

会社関係などで、たくさんの人数で一つの御香典をつつむ場合は、3人以内の場合と、4人以上の場合で、下段の書き方が異なります。

3人以内の場合、一番右に目上の方がくるように記入します。

4人以上の場合は、「○○一同」というように、全体を表す名前だけを記入します。

全員の名前を記入したい場合は、別紙に全員の名前を記入して、中袋に入れておきます。

御香典の中袋の書き方

御香典の袋には、中袋が入っています。
この中袋に、お金を入れます。

中袋には、中に入れてある金額や、自分の住所、氏名を書きます。
基本的に、金額は一般的によく使われているものではなく、難し漢字を使います。

一は壱、二は弐、三は参、五は伍というように書きます。
文字がはっきりと分かるように、薄墨ではなく、黒の墨で記入します。

御香典の相場ついて まとめ

人々

突然の訃報には、気が動転してしまうものです。

日ごろから、きちんとマナーを把握しておくことが大切です。

御香典の相場の知識があれば、焦ることもなくなります。

マナーを守ることは大切ですが、一番大切なことは、故人をしのぶ気持ちと、遺族に対するお悔やみの気持ちです。
そのような気持ちを持って、お通夜や葬式に行きましょう。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「御香典・相場」に関連する記事

「御香典・相場」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「御香典・相場」についてさらに知りたい方へ

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!のサムネイル画像

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょうのサムネイル画像

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょう

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについてものサムネイル画像

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについても

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと