普通のお線香とどう違うの?渦巻き線香を使う意味と使い方

ぐるぐると渦を巻いた形の渦巻き線香。お通夜の時によく使うのですが、何故普通のひご状のものではなく渦巻き線香を使うのでしょうか。ここでは、渦巻き線香を使う理由や使い方等についてご紹介します。

目次

  1. 渦巻き線香とは
  2. 渦巻き線香の誕生
  3. 渦巻き線香をあげる意味
  4. 渦巻き線香を使うタイミング
  5. 渦巻き線香が燃える時間
  6. 渦巻き線香について まとめ

渦巻き線香とは

日本における渦巻き線香

渦巻き線香とは、読んで字の如く渦巻き状に成形されたお線香の事を指します。
元々は関西でよく使われていましたが、現在は全国の広い範囲で使われるようになりました。

主な使い道としては、お通夜から49日まで、なるべく煙を絶やしたくない時期によく使われています。
長い時間、比較的安全に灯せる造りになっているので、煙を絶やさずに遺族や親族が休める時間を作ってくれるのです。

海外における渦巻き線香

香港や台湾などの寺院では、盤状香と呼ばれる渦巻き状の線香が天井に吊るして使われる場合があります。
有名な所だと、香港の文武廟の渦巻き香がよく挙げられますね。
中には一月近く燃え続ける巨大なものもあり、灰を受け止める受け皿も巨大なものが置かれたり、線香と一緒に吊るされたりしています。

渦巻き線香の誕生

渦巻き線香の誕生は、約100年ほど前の明治時代辺りまでさかのぼります。
本来は棒状のお線香が使われていたのですが、燃焼時間が短く、線香の煙を絶やさないようにするためには親族が付きっきりで線香の番をしなければならなかったのです。

只でさえ心労がかさむ中、夜中もお線香を絶やさないように番をするのは大変だろうという思いから、なるべく長持ちして比較的安全な渦巻き状のお線香が作られました。
これなら、親族もしっかり休んで葬儀やご供養の準備ができますね。

渦巻き線香をあげる意味

まずお線香をあげるのはなぜか

仏壇

お線香をあげる意味は宗派や地域によって違いますが、主に

①お線香の煙が、亡くなった方が浄土に辿り着くまでの食事や道しるべになる
②煙で身を清める
③亡くなった方や仏様との対話の際に必要

などがよく挙げられます。
また、昔は臭いを消したり虫よけのためにも使われていたようですね。

通夜の際に使われる

以上を踏まえると、通夜の際によく使われる渦巻き線香には1番と2番の意味合いが強いとも言えまそうです。

煙で身を清めて亡くなった方を見送りつつ、霊が浄土へ行き仏になるまでの道しるべになる。
こう考えると、通常のお線香よりも燃焼時間が長く、一晩中煙を絶やさずにいられる渦巻き線香がお通夜やその後の49日で使われるのにも納得ですね。

渦巻き線香を使うタイミング

渦巻き線香の使い方

渦巻き線香は独特の形。置き型タイプは専用のお香立てを使うことで、より長い時間安全に使う事ができます。

吊下げ型

吊下げ型の渦巻き線香は、専用の吊り台に糸を引っ掛けて使います。
渦巻き線香本体に付いた糸を吊り台の糸掛け部分に引っ掛け、線香の端に点火しましょう。

吊下げ型の場合、湿気が多い時期だと垂れ下がって灰受け皿に触れたり、途中で折れてしまったりするので気を付ける必要があります。

置き型

置き型の渦巻き線香は、陶器製や金属製の専用のお香立てを使います。
線香の端に点火後、台部分の頂点に渦巻き線香の中心部が乗るように置きましょう。

置き型の渦巻き線香は、吊下げ型の欠点を補った造りになっています。
吊下げ型と比べて途中で折れたり消えたりといった心配が少なくて済みますね。

本来は49日まで

お通夜から49日まで使う

渦巻き線香は、本来はお通夜から49日まで使われることを想定されて作られています。

仏教の経典によると、亡くなった方が浄土に往くまで最長で49日掛かるとされています。
その間の食事や道しるべとなるお線香の煙や蝋燭の灯りは絶やすべきではないとされ、夜中なども煙を手向け続けられる渦巻き線香はその期間に使うために作られました。

お線香の煙や蝋燭の火を絶やさないようにする詳細な期間については、地域や宗派によって異なるので、渦巻き線香を使う際も各地の習わしに従って使いましょう。

49日以降も使っていいの?

49日以降は、一般的に普通のお線香を朝晩仏前に手向けるだけでいいとされています。
故人は浄土へと辿り着いたとされ、常にお線香や蝋燭に火を灯す必要は無いのです。

ただ、特に渦巻き線香を使ってはいけないという決まりごとは無い為、余った場合や香りが気に入ったなどの理由がある際は使ってみるのも良さそうですね。

実際の使われ方は

ただ、現代においては火事の危険性や家屋の造りの問題などから、渦巻き線香をつけたまま眠ることは避け、起きている間のみ火を付けるといったケースも増えているようです。
また、核家族化により家に誰も居ない時間帯ができるため、家を空ける場合はお線香や蝋燭を消すといった事が殆どとなっています。

お線香はなるべく絶やさないようにしたいですが、亡くなった方も自分を弔うために家族や親族が危険な目に遭うのはきっと望んでいない筈。
状況に応じ、安全のために渦巻き線香を途中で消すことも葬儀屋さんやお坊さん達に相談しましょう。

渦巻き線香が燃える時間

渦巻き線香が燃える時間は約8~12時間。
通常のお線香が1時間もたないものが殆どであることを考えると、物凄く長い時間燃えていてくれます。

それもその筈、渦巻き線香を直線にすると何と2m以上。人の背丈以上もの長さがあるのです。
逆に言えば、夜通し煙を絶やさないようにするためにはそれだけの長さが必要だという事。
普通のお線香だと、夜中の線香の番がとても大変だというのも頷けますね。

渦巻き線香について まとめ

渦巻き線香の由来や使用方法などについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

風習を守りつつ、生活の変化に沿った形で生まれた渦巻き線香。
より確実に長時間燃え続けるように、改良が重ねられてきました。

渦巻き線香を上手に使って、故人を送るために煙を手向け続けたいものですね。

「渦巻き・線香」に関連する記事

「渦巻き・線香」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「渦巻き・線香」についてさらに知りたい方へ

線香の燃焼時間に関するあれこれを紹介します!のサムネイル画像

線香の燃焼時間に関するあれこれを紹介します!

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!のサムネイル画像

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のことのサムネイル画像

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のこと

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみましたのサムネイル画像

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみました

香りのお届け物、贈答用お線香のご紹介ですのサムネイル画像

香りのお届け物、贈答用お線香のご紹介です

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?のサムネイル画像

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?

人体に害はある?ない?線香に含まれる成分についてのサムネイル画像

人体に害はある?ない?線香に含まれる成分について

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「渦巻き・線香」についてさらに知りたい方へ

線香の燃焼時間に関するあれこれを紹介します!のサムネイル画像

線香の燃焼時間に関するあれこれを紹介します!

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!のサムネイル画像

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと