お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?

葬儀や法事などで、お焼香をする機会がありますが、実際のところ正しい作法や回数をよくわからないという方が多いのではないでしょうか?今回は誰しもが抱くであろう、お焼香のやり方や回数などをご紹介します。

目次

  1. お焼香とは
  2. お焼香の意味
  3. 使用するお香
  4. 三種類のお焼香のやり方
  5. 基本的なお焼香のやり方
  6. お焼香の回数
  7. お焼香の回数について まとめ

お焼香とは

葬儀

お焼香は、仏様に香を焚いて拝むことをいいます。
主に通夜・葬式だったり、法事の席で行われることが多いお焼香ですが、いざ自分の番になって、あれ、どうやるのが作法なの?と、手順やお焼香の回数で困ったことはありませんか?
そんな場合にも焦らないように、お焼香の回数や作法を改めて確認しておきましょう。

お焼香の意味

お焼香を焚く意味は、自分自身の心と身体の穢れを浄化し、清らかな気持ちで故人を弔うため、とされています。
お香というのは元々、仏教の発祥地であるインドで、匂い消しとしても用いられていました。
インドのような暑い国では特に、遺体がすぐに腐敗して悪臭を放つため、お香を焚くことによって、消臭剤としていたのです。
このことから、お香は不浄を清らかにすると重宝されて、死者に向けて焚かれるようになったといいます。

使用するお香

線香

お焼香には、線香もしくは抹香(まっこう)という種類を使います。
線香を焚く場合は『線香焼香』といいますが、これは葬儀や法事の際よりも、日常のお参りで使用されることが多く、一般的にお焼香というと抹香の方を指すようです。

抹香

抹香とは、粉末状になったお香のことです。線香のように一本一本に火を点ける手間がなく、熱した炭に抹香を振りかけて焚くので、人数の多い通夜・葬式、そして法事で使われます。

三種類のお焼香のやり方

お焼香には三つの種類があるので、その作法を覚えておくと良いでしょう。
なお、基本的にお焼香は喪主・ご遺族方から順に行っていきます。

立礼(りつれい)焼香

斎場など、座席が椅子式の会場にて行うお焼香のスタイルです。
①周囲の方に会釈をして立ち上がって前に進みます。
②ご自身が喪主・ご遺族ならば会葬者と僧侶に、ご自身が会葬者ならば喪主を含めたご遺族方に一礼をします。
③焼香台の一歩手前まで行き、遺影、位牌を見て合掌、一礼してください。
④数珠は左手で持ち、一歩進んで焼香台の前に立ち、お焼香をします。
⑤お焼香が終わったら、数珠を両手の親指と人差し指の間に掛けて、再び合掌します。
⑥一歩下がったらもう一度、遺影や位牌を見て一礼します。
⑦焼香台から離れたら、ご遺族は会葬者へ、会葬者はご遺族方に一礼して席に戻ります。

座礼(ざれい)焼香

畳敷きの斎場や、自宅の座敷で行う場合に用いられます。
基本的にやり方は立礼焼香と変わりませんが、大きな特徴として、遺影の前に正座をしてお焼香をすることになります。
また移動の際も立ち上がらずに、膝をついた状態で焼香台まで進む、膝行(しっこう)という作法をしていきます。

回し焼香

ご遺族及び会葬者が横並びに座り、盆に乗った香炉を回してお焼香をする作法を、回し焼香といいます。
座ったままお焼香をし、隣の人へ回していく方法で、狭い会場であったり少人数の法要で行われるスタイルです。

手順としては主に以下の通り。
①香炉が回ってきたら、会釈して受け取り、膝の前に置きます。
②遺影に一礼した後、お焼香をしてください。ちなみにこの時も、数珠は左手で持ちます。
③焼香後は数珠を手に掛け合掌します。
④香炉の乗った盆を両手で持って、次の方に回しましょう。
なお、椅子に座っている場合は、香炉は膝の上にのせてお焼香してください。

基本的なお焼香のやり方

葬儀

抹香の場合

抹香のお焼香は、右手の親指、人差し指、中指の三本て摘みます。次に摘んだ香を目の高さまで押しいただき、香炉に入っている炭に撒くように落として、最後に合掌をしてください。
お香を摘んだ時、指先から零れ落ちてしまうこともあるので、右手に左手を添えた方が良いでしょう。
お焼香の回数は、後ほど詳細をお教えしますが、宗派によって異なります。

額、もしくは目の高さまで摘んだ香を持ち上げることを、『押しいただく』といいます。

線香の場合

右手で線香を持ち、ロウソクの火を点けます。火が付いたら、左手であおいで線香の火を消してください。香炉に線香を一本ずつ立てたら、合掌するという手順です。

お焼香の順番

お焼香は、故人の近親者から順番に行っていきます。
まずは喪主から始まって、関係の深いご遺族、そして会葬者は前から席順でお焼香をします。
もしご夫婦で参列した場合は、一緒のタイミングでお焼香するのが良いでしょう。

お焼香の回数

お焼香をする時に、最も気になるのが回数ではないでしょうか。
実はお焼香をした時に、押しいただく回数というのは、基本的に宗派によって指定があるので、その違いをご紹介します。

宗派による回数の違い

真言宗

真言宗ではお焼香は三回です。
三宝(仏・僧・法)にお焼香を捧げるためや、三業(身・口・意)を清めるためなど、その理由は諸説あります。
線香をお供えする場合も、真言宗ならば三本立てると良いでしょう。

日蓮宗

日蓮宗の場合、僧侶は三回ですが参列者は一回のみとします。
線香は一本もしくは三本ですが、地域によっては異なる場合もあるようです。

日蓮正宗

お焼香回数は一回もしくは三回で行います。
線香焼香は、一本から三本を横にして香炉に寝かせた状態にします。

臨済宗

お焼香回数は基本的に一回のみで、線香の場合も一本のみとなります。

浄土真宗

本願寺派ならばお焼香回数は一回、大谷派は二回です。目線の高さへ押しいただかずに、そのまま炭へ香を落とすという手順です。
線香の場合は、本願寺派、大谷派ともに二つに折って横にしてお供えください。

曹洞宗

回数としては2回です。まず最初のお焼香は押しいただき、二回目は摘んだらそのまま炭へ落とす作法になります。
線香は一本または三本を立ててお供えします。

浄土宗

お焼香回数は一回または三回です。
線香は特に指定がないので、立てても寝かせても構いません。

天台宗

天台宗でもお焼香回数は一回か三回。
線香の場合は三本立てましょう。

宗派がわからない時

もし参列する葬儀の宗派がわからない場合は、ご遺族の作法に倣ってお焼香をすると良いでしょう。
もしくは、ご自身の家の宗派に合わせても構わないとのことですので、きちんと心を込めてお参りすれば、仏様にも失礼にあたりません。

お焼香の回数について まとめ

葬儀

お焼香についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
宗派によって、その回数も細かく決められていますが、参列者が多いと一回のみでも全く問題はないので、お焼香の際は落ち着いてお参りをしてください。

「焼香・回数」に関連する記事

「焼香・回数」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「焼香・回数」についてさらに知りたい方へ

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

いざという時に恥をかかない、お焼香のやり方・手順についてのサムネイル画像

いざという時に恥をかかない、お焼香のやり方・手順について

宗派によってお焼香の回数は違いがあるの?!のサムネイル画像

宗派によってお焼香の回数は違いがあるの?!

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方のサムネイル画像

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたしますのサムネイル画像

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたします

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説しますのサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由のサムネイル画像

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介のサムネイル画像

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと