仏壇にお参りする時に鳴らす鈴は、どんな仏具でしょう

仏壇にお参りする時に普段何気なく鳴らしている鈴(りん)ですが、鈴とはどのような意味を持った仏具なのか、そして仏壇にお参りする時の基本的な作法や仏具の手入れ方法などを解説します。

目次

  1. 何気なく鈴を鳴らしていませんか
  2. 仏具の鈴を鳴らす意味は?
  3. 鈴(りん)とは
  4. 仏具店での鈴の選び方と価格
  5. 鈴の掃除
  6. 線香をあげる意味
  7. 線香のあげ方
  8. 仏具の鈴と線香について まとめ

何気なく鈴を鳴らしていませんか

自宅や訪問先で仏壇にお参りする時に鈴を鳴らし線香をあげますが、鈴の鳴らし方や線香のあげ方、さらに座布団へ座るべきかどうかなどについて、基本的な作法を知ったうえで行っている人は少ないのではないでしょうか。
鈴についての解説と合わせて、仏壇にお参りする際に最低限知っておいたほうが良いと思われる仏具と作法について解説します。

仏具の鈴を鳴らす意味は?

お寺で法事を行う時など、僧侶が大きな鈴を読経の開始と終了の合図として鳴らし、読経の調子を取る時にも鳴らすのを見たことがある人も多いと思います。
家庭の仏壇においては、おなじ仏具ではありますが、天上にいる仏様やご先祖に対して「お参りに来ました。」「今からお参りします。」という挨拶や合図の意味合いで鈴を鳴らします。

仏壇

鈴(りん)とは

鈴は、お鈴(おりん)とも呼ばれる仏具のひとつです。
お寺などにある大きな鈴は磬子(きんす)と呼ばれ、家庭の仏壇で使用する小型のものは鈴と呼ばれます。
その名のとおり「りーん」という澄んだ美しい音が鳴り、その音は極楽浄土まで届くと言われます。

鈴の構成と素材

・鈴
鉢状または壷状で金属製が多く使われています。家庭の仏壇には直径2.3寸(7cm)から5寸(15cm)ほどの直径のものが多く使われています。
材質は真鍮が多く使われ、溶かして型へ流し込む鋳造、または熱した金属板をたたいて形を作っていく鍛造いずれかで作られています。
また、表面を磨いたり着色したり金メッキなどをして美しく仕上げます。

・鈴布団
鈴台の上に敷き鈴をのせます。鈴を安定させる役目を持っています。

・鈴台
鈴を置く台で、丸型や六角形が多く使われています。

・鈴棒と鈴棒台
ばちとも呼ばれ、鈴の縁を打ち鳴らす道具です。通常は鈴棒を置く鈴棒台とセットになっています。

純金製の鈴

仏具は一般に高価なものが多いですが、18金で作られた鈴も販売されています。
3寸(直径9cm)の鈴で300万円ほどするものもあります。

仏壇

鈴の音と鳴らし方

仏壇の前に座り、手を合わせる前に鳴らします。
鳴らす回数は特に決まりはありませんが、1回または2回鳴らすことが多いようです。
鈴棒で鈴の縁をたたきますが、上から叩くと周囲の線香立てやロウソク立てに鈴棒がぶつからずに叩くことができます。また、鈴棒を押し付けるのではなく弾ませるように叩くと澄んだきれいな音が鳴ります。

宗派による鳴らし方の違い

鈴を鳴らす回数が指定されている宗派もあるようです。また、鈴のどこを鳴らすかについても決まりがある宗派もあるようです。
浄土宗および浄土真宗では、お線香をあげて合掌礼拝するだけのときは鈴を鳴らさないことになっているようです。
いずれにしても宗派と地域によりそれぞれ決まりがあると思いますので、ご当家やお寺に聞けば間違いないでしょう。

仏具店での鈴の選び方と価格

鈴は仏壇を購入する時に他の仏具と一緒に仏具店で購入することが多いと思います。
しかし、長年使い続けていると変色したりして買い替えを検討することもあるでしょう。
鈴はすべての宗派で共通に使えるものが多い仏具ですが、仏具店で自身の宗派を伝えて選べば間違いないでしょう。

鈴は音色が大切です。できれば実際に叩かせてもらい音色を確認しましょう。
澄んだ音か、余韻が長く自然に消えていくか、自分の好みの音色かなどを確認しましょう。

仏具店には様々な鈴が揃えられています。
鈴の価格は材質とサイズにより様々で、一般的なものは3,000円程度から数万円程度です。高価なものは数十万円から数百万円のものまであります。
最も多い価格帯は10,000円から20,000円のようです。
鈴に限らず仏具は長い期間使い続けるものですから、良いものを選びたいですね。

鈴の掃除

鈴の表面には装飾と表面保護のために塗装やメッキが施されているものが多いですが、それでも金属製の鈴は時間と共に変色することがあります。
変色を防ぐ、変色の進行を抑えるには、仏具店などで販売されている鈴専用クリーナーでこまめにお掃除することをお勧めします。

線香をあげる意味

仏教では、死後に仏の弟子になった者は良い香りを食べると言われており、線香は仏の好物とされています。また、悪行を重ねたものは悪臭しか食べないとも言われており、悪霊を遠ざけるために線香を供えるとも言われています。
そのため、線香を供物として仏壇やお墓に供えるようになりました。

線香のあげ方

ここでは一般的な線香のあげ方を解説します。

1 仏壇の前に座る前にご当家の方に一礼
2 仏壇の前に座りご本尊、遺影または位牌に一礼
3 ロウソクに火がついていなければつける
4 右手で線香を持ち先端に火をつける
5 火がついたら、左手であおぎ火を消す
  (口で吹き消してはいけない)
6 線香立てに立てる
7 合掌
8 ご本尊、遺影または位牌に一礼
9 座布団から降り、ご当家の方を向いて一礼

鈴の鳴らし方と同様に宗派や地方によって線香のあげ方が違う場合がありますので、実際にはご当家の方に聞くのが良いでしょう。

線香の本数

四十九日までは、故人が道に迷わないよう1本とされています。
四十九日以降は、宗派や地域により本数が異なります。宗派による線香の本数は以下のとおりです。

・天台宗  3本(1本ずつ離して立てる)
・真言宗  3本(1本ずつ離して立てる)
・浄土宗  2本または1本を二つ折りにする)
・浄土真宗 1本を折って寝かせる
・臨済宗  1本
・日蓮宗  1本または3本

座布団の座り方

法要の時など、仏壇の前に僧侶用の座布団(金襴、紫などの立派な仏具としての座布団)がある場合は、その座布団に座らずに横に座ります。
法要以外のお参りの時は、仏壇前の座布団ににじり寄りながら座ります。降りるときも同様にします。

仏具の鈴と線香について まとめ

仏具にはそれぞれ意味と作法があります。
鈴の意味や鳴らし方、線香のあげ方を知った上で仏壇にお参りすれば、今までよりも故人や先祖を供養する気持ちが強まるのではないでしょうか。
この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

「鈴・仏具」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「鈴・仏具」についてさらに知りたい方へ

仏壇の「チーン」となるアレ。どのくらいご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇の「チーン」となるアレ。どのくらいご存知ですか?

神社にお参りする時に鳴らす鈴。一体何のためのものかご存じですか?のサムネイル画像

神社にお参りする時に鳴らす鈴。一体何のためのものかご存じですか?

宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!のサムネイル画像

宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!

仏壇の「りん」の本来の意味と役割についてのサムネイル画像

仏壇の「りん」の本来の意味と役割について

仏壇に鐘が置いてある理由は?意味と掃除の仕方のサムネイル画像

仏壇に鐘が置いてある理由は?意味と掃除の仕方

仏壇へのお参り、正しい作法で出来ていますか?のサムネイル画像

仏壇へのお参り、正しい作法で出来ていますか?

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみましたのサムネイル画像

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみました

弔問と線香のマナーについて、わかりやすく解説します。のサムネイル画像

弔問と線香のマナーについて、わかりやすく解説します。

音色も見た目も美しい仏具『おりん』についてのサムネイル画像

音色も見た目も美しい仏具『おりん』について

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「鈴・仏具」についてさらに知りたい方へ

仏壇の「チーン」となるアレ。どのくらいご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇の「チーン」となるアレ。どのくらいご存知ですか?

神社にお参りする時に鳴らす鈴。一体何のためのものかご存じですか?のサムネイル画像

神社にお参りする時に鳴らす鈴。一体何のためのものかご存じですか?

宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!のサムネイル画像

宗派によって異なる納骨堂の仏具について解説!

仏壇の「りん」の本来の意味と役割についてのサムネイル画像

仏壇の「りん」の本来の意味と役割について

仏壇に鐘が置いてある理由は?意味と掃除の仕方のサムネイル画像

仏壇に鐘が置いてある理由は?意味と掃除の仕方

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと