お葬式の時のメイクや髪型、服装をさりげなくおしゃれする

お葬式の時は、メイクや髪型をおしゃれしてはいけない訳ではありません。冠婚葬祭などでは、女性のメイクやおしゃれは大切なマナーの一つでもあります。お葬式にできるおしゃれをさりげなくしましょう。

目次

  1. ポイント別、葬式用メイクのマナー
  2. 葬式にノーメイクは大丈夫?
  3. 葬式の際の服装
  4. 葬式の際の髪型
  5. 葬式の際のメイクについて まとめ

ポイント別、葬式用メイクのマナー

お葬式メイクは、ナチュラルな感じで控えめなメイクをします。

お葬式用のメイクでおしゃれにメイクできる方法とマナーをポイント別にご紹介いたします。普段のようなメイクではなく、お葬式に合ったメイク方法で、なおかつ綺麗に見せるコツを身に着けておきましょう。

涙を流すことも考えてアイメイク

目元のメイクは、とても重要になります。お葬式用のメイクであれば、派手にするわけにもいきません。どこまでのメイクなら許されるのでしょうか?お葬式用メアイイクの具体的なマナーをご説明いたします。

アイラインやマスカラ

目元をしっかりとメイクしたいところですが、もし、お葬式で泣くようなことがあったらアイライン・マスカラが滲んでメイクが台無しなんてことも想定し置かなけれなりません。つけるのであれば、ウォータープルーフの黒でナチュラルな感じで仕上げましょう。

つけまつげ

お葬式の時につけまつげは、一応「マナー違反」となります。できるだけマスカラのみで抑えるようにします。

アイシャドー

本来お葬式の時は、アイシャドーもつけないでナチュラル仕上げがマナーとなっています。しかし、ある程度ライト抑えた葬儀会場なので、肌色に近いブラウン系なら許されます。ピンクや青、紫、グリーン・パール・ラメ系などは避けて、薄いベージュ系と合わせてメリハリをつけます。

カラコン

カラコンと気づかれないような配慮をしてつけることができます。色がついていたり、派手なものは当然避けるべきです。

元気な明るさを出さないようにチーク

お葬式で、あまり健康的なイメージのチーク仕上げにすることは避けましょう。しかし、顔色の悪い方や、頬のラインをできれば意識したいもの。そんな時には、ハイライトを使ってラインを作ります。パール・ラメ系は避けます。そしてうっすらとチークを入れます。

口紅

グロス・ラメ系の物は絶対に避けます。口紅は付けないと、返ってイメージが悪くなってしまいます。でも度派手な色も困りもの。そんな時は赤でも、ピンクでも淡い色がつく程度の物を利用します。ティッシュで出来るだけ押さえて薄くします。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬式にノーメイクは大丈夫?

お葬式のメイクは、ノーメイクが良いなどと昔は言われがちでしたが、本来ノーメイクはマナー違反となります。冠婚葬祭・パーティーなど、人が集まる席の正式な場所ではメイクをすることがマナーなのです。高齢者ともなれば許される点がありますが、気をつけましょう。

葬式の際の服装

葬儀

お葬式では、礼服独自の黒色が喪服のマナーなのです。

お葬式の時は礼服が基本です。日本では黒が礼服となっています。一言で「黒」と言っても礼服用の黒色の違いがあります。黒なら何でも良い訳ではありません。フォーマルウェアの黒は、独特な織り方で作られた黒色なので、よく見ると色の違いが明らかです。

喪服とは

喪服とは、「相手に敬意を表する」、「喪に服す意志」などを表しています。お葬式で喪服を着ることは、遺族の方に合わせて寄り添う心を意味します。

女性の喪服

基本的にはアンサンブルが多いですが、ワンピース、タイトスーツ、パンツスーツがあります。黒いリボン等の装飾品が付いたものもあります。着物は、最近喪主・遺族の方以外に着ている人を見かけなくなりましたね。

靴は?

お葬式の時の靴は、黒で統一します。女性はパンプスを履きますが、サンダル、ピンヒール、かかとの細いものは避けます。金具やアクセサリーがついたものは黒であればOK。シンプルなデザインを選びましょう。ブーツはショートでも控えるべきです。

タイツを履いても良いのか?

冬のお葬式は足が冷えて寒いですね。女性の場合冷え性ならタイツを履きたいものです。黒のタイツなら許されるので履きましょう。ただし、黒でも網タイツ・光る素材の黒系のストッキングなどは避けるべきです。

アクセサリーは?

お葬式のアクセサリーは真珠ネックレスが良いとされています。理由は、「涙」「天使の涙」「悲しみの涙」などいろいろと説があります。真珠は「黒・白・グレー」であれば良いです。ピンク系の真珠は避けます。指輪は、結婚指輪は許されています。

イヤリングやピアスに関しては、小さいもので丸いもの、真珠系が許されていますが、大きくない小粒なものを選びましょう。揺れ系のイヤリングやピアスはマナー違反とされています。

葬式の際の髪型

ショートヘアーの場合、そのままで良いですが、カラーが入っている部分があれば、黒スプレーなどで抑えます。ミドル・ロング系の場合、黒ゴムで束ねることができますが、ヘッドの高い位置で止めないようにします(ポニーテール風)。アップなら高等部付近でまとめるのが良いです。

髪飾り

三つ編みもマナー違反とみられます。本当は、髪飾りは不要とされていますが、細くて小さめな黒いリボンなら認めてもらえます。

葬式の際のメイクについて まとめ

葬儀

お葬式でのメイクやファッションは、控えめが常識で、おしゃれをする場所ではありません。しかし女性として、たしなみ程度のおしゃれはマナーとして必要でもあります。さりげないおしゃれ感を活かしてみましょう。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬式・メイク」に関連する記事

  • 大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?のサムネイル画像

    大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?

    お葬式で失礼に当たらず、尚且つ恥ずかしくない大人としてのメイクとはいったいどのような物なのでしょうか?今回は、お葬式にふさわしいメイクをご紹介します。

  • 法事にメイクはして行っても良い?ヘアスタイルや服装についても解説のサムネイル画像

    法事にメイクはして行っても良い?ヘアスタイルや服装についても解説

    法事にメイクはして行っても構わないのでしょうか?また、普段からメイクをされている方は、いつものメイクでいいのか悩まれる方も多いと思います。この記事では、法事のときのメイクを中心に、ヘアスタイルや服装についても詳しく解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 葬儀で口紅は付けていい?メイク・髪型や服装のマナーについて解説のサムネイル画像

    葬儀で口紅は付けていい?メイク・髪型や服装のマナーについて解説

    女性にとって、メイクは生活の一部であり関わりの深いものです。普段メイクが苦手な方でも、口紅だけは塗るという方も多いでしょう。しかし口紅を付けたまま葬儀に参列することはマナー違反なのでしょうか?今回は口紅だけではなく、葬儀にふさわしいメイクについて紹介します。

  • ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説のサムネイル画像

    ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説

    故人とご遺族に対し哀悼の心を捧げる大切な儀式の場である葬儀。普段のメイクと変えるところ、葬儀のメイクのテクニック、髪型や服装、持ち物とのバランス、マナー違反にならないことなど、準備のできない葬儀だからこそのメイクのマナーとテクニックを考えてみました。

  • お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

    お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

    お葬式に出席する時、服は喪服やブラックフォーマルなどと気を付ける方は多いでしょう。しかしお化粧はどうですか?お葬式に普段と同じお化粧で出席してはいませんか?お葬式にはお葬式にふさわしいお化粧があるんです。今回はお葬式でのお化粧について紹介していきます。

  • お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本のサムネイル画像

    お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本

    お葬式の時のお化粧ってどうしていますか?お葬式と普段のお化粧は重要ポイントが違います。お葬式に向いているお化粧をご紹介します。

  • お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

    お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

    女性の化粧は難しいですよね。化粧をしなくても汚いといわれるし、気を遣っても濃いといわれてしまいます。お通夜や葬儀の化粧であれば、尚更どこまで薄くするべきか悩むでしょう。今回は、通夜での化粧方法を紹介します。

  • 終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

    終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

    終活にとって実はとても大切なメイク!最近はやりの生前遺影撮影ではプロにヘアメイクをしてもらえる!若々しく生き生きとした遺影を撮影しよう!メイクだけじゃない死化粧とは?死化粧も希望どおりにしてもらえる?皆さまの知りたい終活におけるメイクについて解説いたします!

  • 葬儀の髪型マナーを男女別に解説!メイクや服装についてもご紹介のサムネイル画像

    葬儀の髪型マナーを男女別に解説!メイクや服装についてもご紹介

    葬儀に参列する場合、服装にはきちんと気を配っているのに髪型までは気が回らないという方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?服装と同様に、葬儀での髪型にもきちんとしたマナーがあります。今回は葬儀での髪型を中心に、メイクや服装まで詳しく紹介します。

  • お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

    お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

    冠婚葬祭の一つであるお葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側・参列者側それぞれにマナーや常識などがあります。マナーや常識などを知らないことで人間関係に支障をきたす可能性がありますので、お葬式に参列する時などに知っておきたいことをご紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬式・メイク」についてさらに知りたい方へ

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?のサムネイル画像

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?

法事にメイクはして行っても良い?ヘアスタイルや服装についても解説のサムネイル画像

法事にメイクはして行っても良い?ヘアスタイルや服装についても解説

葬儀で口紅は付けていい?メイク・髪型や服装のマナーについて解説のサムネイル画像

葬儀で口紅は付けていい?メイク・髪型や服装のマナーについて解説

ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説のサムネイル画像

ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本のサムネイル画像

お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

葬儀の髪型マナーを男女別に解説!メイクや服装についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀の髪型マナーを男女別に解説!メイクや服装についてもご紹介

お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「葬式・メイク」についてさらに知りたい方へ

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?のサムネイル画像

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?

法事にメイクはして行っても良い?ヘアスタイルや服装についても解説のサムネイル画像

法事にメイクはして行っても良い?ヘアスタイルや服装についても解説

葬儀で口紅は付けていい?メイク・髪型や服装のマナーについて解説のサムネイル画像

葬儀で口紅は付けていい?メイク・髪型や服装のマナーについて解説

ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説のサムネイル画像

ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと