仏壇の手入れ方法と仏具の磨き方を紹介します

仏壇には線香や花を供えるだけではなく、いつも清潔にしておきたいものです。仏壇の手入れと、おりんなどの仏具磨きの方法をご紹介します。やり方を間違えると、仏具の変色や色落ちの原因になるので、掃除用具や磨き剤はルールを守って使ってください。

目次

  1. 仏壇の手入れの仕方
  2. 本尊と位牌の手入れ
  3. 仏具の手入れ
  4. 真鍮の仏具磨きには酸が効く
  5. 真鍮製仏具に使える磨き剤を紹介
  6. まとめ〜仏壇・仏具を大切に扱いましょう〜

仏壇の手入れの仕方

仏壇

仏壇には仏像や仏具、位牌などが置かれています。それらを誤って壊すと大変なので、触れることにためらいがある方や、子どものころに仏壇や位牌に触ってはいけないと教えられた方もいるかもしれませんが、だからと言って放っておいてはお仏壇が汚仏壇になってしまいます。

そんな事態を防ぐためにも、仏壇や仏具は定期的に手入れを行いましょう。

普段からこまめに掃除を

大がかりな掃除には時間がかかりますし、誤った方法や道具で掃除をすると逆に仏壇を汚したり、傷をつけたりする可能性があります。
家具や家電と同じく、仏壇も普段から手入れをしておくと、楽に掃除ができます。

普段から、仏壇や仏具に付いたホコリや香炉からこぼれ落ちた灰を見つけたら、掃除をする習慣を身につけましょう。
仏飯器や茶湯器は清潔に保ってください。お供えの菓子や果物は、虫に食べられる前にお下げしてください。花瓶から落ちた花びらや葉も、見つけたら処分しましょう。

本格的な手入れ

仏壇の手入れの前に、まずは仏様に挨拶をして、仏具を移動させます。
掃除が終わった後、仏具を戻す位置が分からなくなると困るので、事前にメモや写真を撮っておくと便利です。仏具が取り外せない場合は、そのままにしておきましょう。強引に仏具を動かした結果、仏壇や仏具を壊してしまっては、元も子もありません。

仏壇は木で作られているので、水拭きを行うとシミやカビ、塗装の破損につながります。仏壇の掃除を行う際には布手袋を着けましょう。皮脂や水分、指紋の汚れだけではなく、金具によるケガを防ぐこともできます。錆びや汚れの原因となるので、金具や金の部分には、決して触れないでください。掃除の基本は乾拭きです。

仏壇が違えば手入れ方法も異なる

内側に金を施した金仏壇は、柔らかい布やハタキなどでホコリを優しく取り除いてください。乱暴に扱うと、仏壇の金箔がはがれるので注意が必要です。

唐木の仏壇も、まずはホコリを払います。あまりにも汚れがひどい場合には、ぬるま湯や水で薄めた中性洗剤で水拭きをしましょう。水拭きに使う布や雑巾は固く絞り、掃除の後は水気を取り除いてください。唐木の仏壇には、ワックスを掛けて艶を出すことができます。

本尊と位牌の手入れ

仏壇

仏壇と同様に、ハタキや柔らかい布でホコリを取り除きます。金の部分には決して触れないでください。細かい部分のホコリを取るには綿棒も便利です。

仏具の手入れ

仏壇

おりんや香炉、火台などの仏具は、宗派はもちろん、仏壇の大きさやデザインに合わせた様々な材質のものがあります。陶器やガラスでできた仏具には、ぬるま湯と中性洗剤が使用できます。汚れを落とし、水でしっかりすすいだ後、乾いた布で拭いてください。

真鍮の仏具磨きには酸が効く

仏壇

多くの仏具に使われている真鍮は、黄銅とも呼ばれています。黄銅は銅と亜鉛の合金で、磁石には付きません。時間が経つと酸化による黒ずんだり、緑青という錆びが現れたりします。
これらを落とすには、酸が効果的です。料理用の酢や掃除用のクエン酸パウダー、酸性洗剤などの家庭にあるもので仏具磨きができます。

酢を溶かしたお湯に仏具を浸け(汚れに応じて浸ける時間は決めてください)、水ですすいだ後、汚れを磨きます。汚れが落ちたら再びすすぎ、乾いた布でよく拭き取ります。

仏具磨きに調味料や掃除用の洗剤を使うことに抵抗がある方は、仏具磨き専用の錆び落とし液や磨き剤を揃えてはいかがでしょうか。これらは仏具店やホームセンター、ネットショップなどで販売しています。仏具店ならば、お手持ちの仏具に市販の磨き剤が使えるかどうかを調べてもらうこともできます。

真鍮の仏具磨きの注意点

真鍮の仏具には、宣徳色と呼ばれる黒っぽい色をしたものがあります。
これは真鍮に漆を塗り、焼きつけを行ったものです。このように色を付けた仏具や、表面にメッキをしている仏具に磨き剤を使うと、色落ちの原因になります。これらの仏具には酢や磨き剤を使わず、乾いた布で手入れをしてください。

おりんは真鍮製?

美しい音色を出すために、おりんには合金が使われていることが多いです。表面にコーティングや模様が施されたものも珍しくはないので、乾いた布で磨きましょう。持ち運べる大きさであれば、仏具店に持って行き、使用できる磨き剤を確認してもらいましょう。

真鍮製仏具に使える磨き剤を紹介

寺院や仏具店などのプロも愛用している仏具磨き剤についてご紹介いたします。説明書や注意書きをよく読み、ルールを守ってお使いください。

ニューテガール(250cc)
ニューテガール(250cc)

商品価格3564円

水で30倍に薄めたニューテガール液に、仏具を30秒浸けこむだけで汚れが落ちます。ご高齢の方や女性でも、力をいれずに仏具磨きができます。

この商品を購入
ピカール 液(500g) 13100
ピカール 液(500g) 13100

商品価格484円

真鍮だけではなく、鉄やステンレス、アルミや銅などの金属製品に幅広く使用できる磨き液です。仏具だけではなく、食器やドアノブ、自動車などにも使えるので、家庭に常備しておいてはいかがでしょうか。家じゅうの金属がピカピカになます。

この商品を購入

まとめ〜仏壇・仏具を大切に扱いましょう〜

仏壇

仏壇の手入れと仏具磨きについてまとめましたが、いかがでしたか。大切なのは、仏様やご先祖様を祀る場所を美しく保とうとする心がけです。もし、時間や体力、掃除に自信がない場合は、仏具店や専門の業者に仏壇の掃除や修理を依頼しましょう。仏壇の掃除に、無理は禁物です。

「仏具・磨き」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「仏具・磨き」についてさらに知りたい方へ

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

お墓に必要な仏具はどのようなものがある?仏具の選び方を紹介しますのサムネイル画像

お墓に必要な仏具はどのようなものがある?仏具の選び方を紹介します

なんでもDIY!仏壇も手作りできる!? コツ教えます。のサムネイル画像

なんでもDIY!仏壇も手作りできる!? コツ教えます。

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たちのサムネイル画像

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たち

仏壇の仏具~名称と込められた意味と気持ちのサムネイル画像

仏壇の仏具~名称と込められた意味と気持ち

手元供養で仏壇を選ぶことについて選び方やその種類・特徴を紹介のサムネイル画像

手元供養で仏壇を選ぶことについて選び方やその種類・特徴を紹介

あなたはたまにやる?それともしょっちゅう?仏壇の掃除についてのサムネイル画像

あなたはたまにやる?それともしょっちゅう?仏壇の掃除について

仏壇も様々!伝統的な仏壇から現代の生活に合った家具調仏壇までのサムネイル画像

仏壇も様々!伝統的な仏壇から現代の生活に合った家具調仏壇まで

仏壇にもピンからキリまで種類や大きさがあり、値段も様々ですのサムネイル画像

仏壇にもピンからキリまで種類や大きさがあり、値段も様々です

仏壇買い替え予定の方必見!事前知識のまとめのサムネイル画像

仏壇買い替え予定の方必見!事前知識のまとめ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「仏具・磨き」についてさらに知りたい方へ

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

お墓に必要な仏具はどのようなものがある?仏具の選び方を紹介しますのサムネイル画像

お墓に必要な仏具はどのようなものがある?仏具の選び方を紹介します

なんでもDIY!仏壇も手作りできる!? コツ教えます。のサムネイル画像

なんでもDIY!仏壇も手作りできる!? コツ教えます。

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たちのサムネイル画像

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たち

仏壇の仏具~名称と込められた意味と気持ちのサムネイル画像

仏壇の仏具~名称と込められた意味と気持ち

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと