弔問と線香のマナーについて、わかりやすく解説します。

友人が知人が亡くなると、ご遺族のお宅へ弔問し、線香をあげることがあります。線香のあげかたにはマナーがあり、あげる線香の数にも宗派によりマナーが異なります。社会人として立派に通用するためにも、線香のマナーを理解しておきましょう。

目次

  1. はじめに
  2. 弔問で線香のあげ方
  3. 仏壇に線香をあげる時の注意点
  4. 線香の本数やあげ方のマナー
  5. 遺族の自宅に弔問に行くときのマナー
  6. 線香のマナーについて まとめ

はじめに

仏壇や墓参りでおそなえする線香は、仏さまへの供物であるとともに、故人やご先祖様への供養の意味があります。
実は、この線香には、宗派によりあげ方や上げる本数がことなるのです。
したがって、線香の種類やあげ方のマナーを知っていることは、社会人としての常識でもあります。
この記事で線香のマナーを知って、実家に帰ったときや、お墓参り、知人の弔問などで線香をどうしたら良いだろうか、というような悩みから解放されましょう。

弔問で線香のあげ方

弔問に行く場合には事前に連絡

人が亡くなって、通夜や葬儀・告別式に参列できないときなど、直接遺族のお宅へ、弔問に行くことがあります。
その場合には、事前にご遺族に弔問に行くことを連絡しておくのがマナーです。

線香のあげ方のマナー

ご遺族の自宅に到着したら

ご遺族のお家に到着したら、ご遺族にあいさつをします。
もちろん、弔問に来たという目的を伝えます。

仏壇の前に進む

腰を下げながら歩いて、遺族の前に行って一礼します。
そして、膝行(しっこう)つまり膝頭を使って仏壇や祭壇の前に進みます。
座布団に正座したら、遺影に一礼します。

ろうそくを点け、線香をあげ、合掌して祈る

ろうそくに火がついていないときは、ろうそくに火をつけます。
火のついたろうそくを使って、線香に点火します。線香の数は、宗派によってマナーが異なるので、宗派による違いの箇所を参照してください。
線香から炎が出ているときは、線香を持っていない方の手のひらであおいで、炎を消します。
点火され炎がなく煙が出ている線香を香炉に設置します。
線香を香炉に差したりおいたりする方法も宗派で異なります。宗派による違いを参照してください。
なお、この宗派は弔問にいく家の宗派であることが基本です。
そして合掌し、祈ります。

祈り終わったら

遺影に一礼し、膝退で後ろにさがります。
最後にご遺族に一礼して、お祈りは終了です。

仏壇に線香をあげる時の注意点

りん(鐘)の鳴らし方

線香をあげて合掌して拝む際に、仏壇におかれている仏具であるりん(鐘)を鳴らす必要があるのでしょうか。
じつは、りんは読経を始める前に叩いて鳴らす仏具なのです。
ですから、読経をしないで、お祈りだけをする場合には、鳴らさなくてもかまいません。
りんを鳴らすときは、仏壇にロウソクと線香を上げてから鳴らします。
りんの鳴らし方に、宗派による違いなどの決まりはありません。りんを叩く棒がりんの横に置かれていますから、それでりんの縁を上から軽く叩けばよいです。強く叩かないようにしましょう。
また、りんを鳴らす回数についても、決まりはありませんが、鳴らすのは1回か2回にするのが一般的です。

線香の火の消し方

線香に火を付けたとき、炎が出ているときがあります。
この炎は消して、線香が燃えながら煙が出ている状態で、香炉へ差すか置きます。
人の息は不浄とされているため、この線香の炎を口で吹き消すのはマナー違反です。
香炉に設置する前に、点火され炎が出ている線香を、線香を持っていない手であおいて、風を起こして炎を消します。

線香着火器を持っていると便利

線香を着火するとき、安全にそして確実に着火させることができる道具が線香着火器です。
いろいろなタイプが入手できますが、最近人気の商品が、「ご先祖まいり」という製品です。
着火部分に線香を約20秒程度当てると、同時に50本の線香に着火できます。
このとき炎が出ないので、手で扇いで消す必要がありません。
また、携帯できる大きさです。
ガス充填式で、家の中でも、お墓参りなど屋外でも、雨や風など天候に関係なく線香に着火できます。

線香の本数やあげ方のマナー

仏壇にお供えする線香の数や香炉への立て方には、宗派によって異なります。
よく分からないときは、一般的には1〜2本を立てますが、香炉を見て線香が寝かされている場合には寝かすようおきます。
この宗派は、線香をあげる人の宗派では無く、仏壇の宗派ですから、わからないときは遠慮せずに遺族の方にたずねてもかまいません。
ちなみに、弔問では数珠を持って行く必要はありませんが、使用する場合は遺族の方の宗派に関係なく、自分の数珠を使って下さい。

宗派による違い

臨済宗・曹洞宗・日蓮宗

臨済宗、曹洞宗、日蓮宗では、1本または2本の線香を立てるのがマナーです。
立てるときは、まとめて香炉の中央に立てます。

浄土宗

浄土宗では、1本から3本までの線香をまとめて、香炉の中央に立てることもあります。
また、一本の線香を2つに折って、2本をまとめて香炉の中央に差すこともあります。

天台宗・真言宗

仏壇

天台宗と真言宗では、3本の線香を立てます。
このとき、3本をまとめずに、1本ずつ、逆三角形の形に差します。
つまり、仏壇側に2本の線香が、祈る人側に1本の線香が来る方向に差します。

真宗大谷派・浄土真宗本願寺派

真宗大谷派や浄土真宗本願寺派では、線香を立てることをしません。
まず、線香を折ってからまとめて火をつけ、横向きに寝かせるように香炉におくのがマナーです。
このとき、火がついている方が、祈る人から見て右側に来るようにおきます。
一般的には、1本の線香を2つか3つにわって2本または3本として点火し、横に寝かせます
2つに割るか3つに割るかは、線香を置く香炉の大きさによります。
香炉が小さい場合には、線香を2つに折っても、まだ長すぎるので、3つに折るのです。

遺族の自宅に弔問に行くときのマナー

弔問へ行くときの服装は?

弔問に行く場合には、通夜や葬儀・告別式と異なり、礼服や喪服は着ず、平服で行きます。
それは、あたかも亡くなるのを待っていたような印象を与えることがあるからです。
普段着でかまいませんが、地味で落ち着いた色合いがマナーです。
黒以外ではグレーや紺といった、出来るだけ地味な服装にしましょう。
男性はスーツに黒のネクタイを締め、女性はスーツやワンピースが適当です。
アクセサリーや光る腕時計などは身につけないのがマナーです。ただし、結婚指輪と1連の真珠のネックレスは身につけていてもかまいません。
また、女性は地味なお化粧にして、髪もまとめます。

挨拶はなんと言えば良い?

弔問ですから、あいさつは「この度はご愁傷様です。こころからお悔やみ申し上げます」というのがよいです。
その後で、故人との関係や思い出話をして故人を偲ぶのがマナーです。ただし、故人に対する考え方や亡くなった経緯に対する把握については、こちらと遺族の間で異なっている場合もあるので、多くを語るのは良くないと言えます。
弔問では、気持ちが大切なので、長居して、ご遺族に負担をかけないように、数分の滞在でおいとまします。
「何かお困りのことやできることがあれば、お声をかけてください」と言い添えて、離れましょう。

お土産やお供えはどうしますか?

弔問なので、お土産は要りません。というよりは持って行ってはいけません。
持って行くとすれば、マナーとして供養のための供物や供花です。
供物としては、お菓子や果物が一般的です。故人が好きな食べ物があれば、それを持って行きます。お菓子については、大きなひとつの塊ではなく、あとで遺族の方で分け合えるように、小分けにできるお菓子がよいとされています。
丸い果物はカットしないで、そのままおそなえしますが、多くの果物屋さんでは、お供物用に盛籠を作ってくれますのでそれを利用しましょう。

通夜や葬儀・告別式に参列できなかったとき

事情があって、通夜や葬儀・告別式に参列できなかったときは、香典も持参してお供えします。

線香のマナーについて まとめ

弔問で線香をあげに行くときは、事前に遺族の方の了承を得て、地味な服装で、数珠を持って行きます。
線香の供え方は、宗派により異なりますが、自分の宗派では無く、先方の宗派に合わせて線香をあげるようにしてください。
僧侶でもありませんし、読経をするので無いならりん(鐘)は鳴らさないのがマナーです。

「線香・マナー」に関連する記事

「線香・マナー」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「線香・マナー」についてさらに知りたい方へ

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみましたのサムネイル画像

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみました

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!のサムネイル画像

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のことのサムネイル画像

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のこと

お墓参りでお線香の供え方と簡単に火がつけられる着火器のサムネイル画像

お墓参りでお線香の供え方と簡単に火がつけられる着火器

お墓参りの必需品!知っておきたいお線香の意味と使い方のサムネイル画像

お墓参りの必需品!知っておきたいお線香の意味と使い方

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?のサムネイル画像

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?

お墓参りの線香は束でお供えしていいの?マナーや火の付け方も解説のサムネイル画像

お墓参りの線香は束でお供えしていいの?マナーや火の付け方も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと