葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

葬式に持って行くハンカチ。どんなものならマナー違反にならない?

通夜・葬式などのお悔やみの場には、ハンカチが必要となります。では、どんなものを持って行くのがベストなんでしょうか。葬式に相応しいハンカチを紹介します。

弔事にハンカチは必要な小物

通夜や葬式では、持っていないといけない小物の中に、ハンカチが含まれます。
涙をぬぐったり、手を拭くためにも必要なのですが、どんなハンカチを持って行くのがマナーなのでしょうか。
もしもの時に備えて、確認しておきましょう。

通夜・葬式の参列マナー

葬儀

気を付けるべき点

服装や身だしなみ

葬式には喪服で参列することが基本です。
ただし通夜の席では、取り急ぎ駆け付けたという意味で、黒以外でも地味な色の平服でも問題ありません。例えば、男性なら黒かダークカラーのスーツに黒ネクタイ、女性も同じような色のワンピースやスーツに、黒いストッキング。
靴は男性は革靴、女性はパンプスで、必ずどちらも黒のもの。
男女問わず派手なアクセサリーを外して、すっきりと清潔感のある髪型にしておきましょう。
また女性のメイクも華美にならないように、シンプルにするのがベスト。
そして服装に限らず、通夜・葬式に参列する際は持ち物なども光沢のあるもの、明るい派手な色のものは控えてください。

持ち物

香典、仏教の葬式ならば数珠、寒色系の袱紗(ふくさ)、そしてハンカチ。バッグには黒無地のものを、傘や手袋を持って行く場合は地味な色のものにしましょう。
女性は伝線した時に備えて、替えのストッキングを持っておくことをおすすめします。

何色のハンカチが良い?

基本的に葬式に持って行くハンカチは、男女で大きな違いはありませんが、共通して注意しなければいけないのは、カジュアルなもの、派手な柄のあるものはマナー違反となります。
もし迷ったら、百貨店などの冠婚葬祭用小物コーナーや、喪服用の小物一式に含まれているハンカチなら間違いないので、おすすめします。

男性の場合

最も適しているのは、やはり黒もしくは白で無地のハンカチ。そのどちらもお持ちでないときは、なるべく暗い色で、同じように柄がなかったり、地味な織り柄のハンカチが望ましいです。
喪服のポケットチーフは、日本ではあまり馴染みがないので、控えた方が良いでしょう。

紳士フォーマルハンカチ
紳士フォーマルハンカチ

商品価格¥1,480

白色なのであらゆるフォーマル・シーンでお使いいただけます。

この商品を購入

女性の場合

女性の場合もハンカチは無地の黒か白。
喪服がスカートの場合は、座った時に膝にハンカチをかけることもあるので、黒にしておくと、色が合って目立たなくなっておすすめです。

フォーマルレース付きハンカチ
フォーマルレース付きハンカチ

商品価格¥756

上品なレースと控えめな刺繍が施されているので、葬式にも持参出来ます。

この商品を購入

どんな柄のハンカチがいい?

葬式に持って行くハンカチは、基本的に柄が入っていない方が無難といえます。
ただし派手でなく、目立たないものならばワンポイントの刺繍が入っていても、問題はないようです。ラインストーンなど装飾付きは持参出来ないので注意してください。
葬式はあくまで喪に服す場なので、華美にならないようにすることがマナーとなります。

おすすめは白のレースのハンカチ?

レースの縁取りも、控えめであれば問題ありません。
特にレースのハンカチは女性らしさが出て、品良く見えるので、葬式に限らず冠婚葬祭用に持っておくと便利でしょう。

麻ハンカチ
麻ハンカチ

商品価格¥1,134

シンプルな麻のハンカチ。縁にあしらわれたレースが上品です。

この商品を購入

通夜に持って行くハンカチ

葬式と同じものでも構いませんし、もし違うものでも、地味なデザインのハンカチならば問題はありません。

どのような材質がいい?

葬式に適しているハンカチは、綿、麻、木綿の素材です。
フォーマルな場なので、シルクでも良いでしょう。
タオル生地のものはカジュアルになってしまいますので、控えてください。

コンビニで買ったハンカチでいいの?

コンビニで購入したものでも、シンプルな無地のハンカチならば葬式でもお使い頂いて構いません。
また場所によっては、駅の売店でも冠婚葬祭用のハンカチが販売されていることもあります。
見た目がきちんとしたものならば、購入する店にはあまりこだわらなくても良いでしょう。
香典袋や黒ネクタイなども、コンビニによっては取り扱いしている店舗もあります。

葬式でのハンカチの持ち方

男性はポケットの中に、女性はバッグの中にハンカチを携帯し、必要な時に手に持ちましょう。
また、和装の喪服を着用している場合は、袂にハンカチを入れておいても良いです。
もしティッシュを持ち歩きたいときは、取り出す時にあまりガサガサと音がしないようにします。ポケットティッシュの中身出して、ハンカチに挟んでおくとすぐに使えます。
他にも、黒のティッシュケースを持っておくと見た目にもよく、便利です。

通夜・葬式のハンカチのマナーまとめ

葬儀

葬式に持って行くハンカチについてまとめましたが、いかがでしたか?
通夜・葬式はお悔やみの場なので、決して個人の趣味が反映されたようなデザインではなく、落ち着いているシンプルなハンカチをご持参ください。
地味なハンカチならば良しとされる場合もありますが、最もマナー違反にならないのは、白か黒のハンカチを持って行くことでしょう。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

「葬式・ハンカチ」に関連する記事

「葬式・ハンカチ」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「葬式・ハンカチ」に関連する記事

「葬式・ハンカチ」についてさらに知りたい方へ

この記事では、お葬式に持っていくハンカチについてまとめています。お葬式に持っていくハンカチを選ぶポイントを押さえて、普段のハンカチとは別に、お葬式のためのハンカチを用意しましょう。のサムネイル画像

何色が正しいの?お葬式に持っていくハンカチ

お通夜には服装や持ち物などにさまざまなマナーがあります。ハンカチにもマナーがあるんです。今回はお通夜で恥をかかないよう、ハンカチはどんなものがいいのか紹介していきます。のサムネイル画像

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?

お葬式にはいったい何を持って行ったらいいかわからない時はありませんか?この記事では、バッッグや数珠やアクセサリーなど、お葬式での持ち物リストを紹介します。男女別の服装(喪服)につての注意点も説明いたします。
のサムネイル画像

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装など

お葬式に突然参列することになると、服装やマナーなど気をつけなければならない点が沢山あり、焦りますよね。今回は初めてのお葬式の人にも分かりやすいように基本的なマナーからまとめました。しっかり作法やマナーを学び、万全の状態でお葬式に備えましょう。のサムネイル画像

お葬式に参列する時のマナーは?服装・髪型から香典や焼香まで

みなさんは、葬儀・葬式の際の親族のマナーについて考えたことはありますか?葬儀社によりある程度サポートをしてもらえるものの、事前に知っておけば不安な気持ちもなくなるのでは?そこで今回は葬儀・葬式の際の親族のマナーから、持ち物、葬儀の流れについてご紹介します。のサムネイル画像

葬儀・葬式を行う際の親族のマナーを全て解説します。

ランキング

よく読まれている記事です

お葬式にはいったい何を持って行ったらいいかわからない時はありませんか?この記事では、バッッグや数珠やアクセサリーなど、お葬式での持ち物リストを紹介します。男女別の服装(喪服)につての注意点も説明いたします。
のサムネイル画像

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装など

1
葬儀や法事に欠かせないお焼香。心を込めた丁寧なお焼香は、亡くなった方へのよい供養になりますね。お焼香には正しいマナーがあります。今回は必要な場面で急に慌てることのないように、お焼香のマナーを解説します。のサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

2
お通夜やお葬式の際には、御香典を包むことがあります。そのような時に、迷ってしまうのは、どれくらい包めば良いかという事ではないでしょうか。相手との関係性によって、相場は変わります。今回は、気になる御香典の相場をご紹介します。のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

3
葬儀の最後など、霊柩車が出棺する時、クラクションが鳴るのを度々耳にします。霊柩車がクラクションを鳴らすのはなぜなのか、ご説明します。のサムネイル画像

出棺時に霊柩車が鳴らすクラクションの意味を知っていますか?

4
葬儀の際に香典の代わりとして、または香典と共にお供えする供物。贈る側としては何が適しているのかや諸々のしきたり、受け取る側としてはお礼状の対応など、どうすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな葬儀の際の供物の疑問点を解消すべく、ご説明します。のサムネイル画像

葬儀の時に送る供物について!送る側も受け取る側も必見です

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト