献杯の時何を話せばいい?挨拶の例をご紹介します。

献杯とは、相手に敬意を示しながら行う乾杯のことです。献杯の時、どのような挨拶をすればよいのでしょうか?乾杯の挨拶との違いは?具体的な例を交えながらご紹介していきます。この例を覚えておけば、いざという時も安心ですね。

献杯ってなに?乾杯との違い

献杯

献杯と乾杯の違い

献杯

相手に敬意を表しながら杯を差し出すことを、献杯と言います。弔事の際にはこの「献杯」という言葉を使用します。亡くなった人に敬意を示し、死を慎むという意味が込められているのです。一般的に明るく発声する乾杯とは違い、献杯の場合は器を打ち付けたりせずに、静かに合掌や黙祷で杯を交わします。

乾杯

乾杯と言う言葉は主に慶事の際に使われます。乾杯の発声後、参加者も一斉に唱和し、互いにグラスを打ち付けるのが一般的な乾杯のイメージですね。その起源は古代にまでさかのぼり、もともとは死者のために捧げる儀式であったと言われています。それが後に健康や成功などを祈念する儀式へと変化していったのです。

このように見てみると、古来の意味合いを強く残しているのは「献杯」の方であると言えますね。地域によっては古来の意味合いを尊重し、慶事の際にも献杯を行うことがあるようです。

献杯の挨拶をするタイミング

葬儀や法要の後は会食の場が設けられることがよくありますね。献杯の挨拶をするタイミングは、参列者全員が席に着いたのを確認した時です。全員が揃ったタイミングで、位牌の前にも杯を置き、まず喪主が挨拶をします。その次に献杯の挨拶です。葬儀の場合も法要の場合も、このタイミングがよいかと思います。

献杯の発声があるまでは料理に手を付けないというルールがあるので、必ず全員が揃っているか確認をしてから挨拶を始めるとよいですね。

献杯の挨拶の例

献杯 挨拶

献杯の挨拶例

精進落としの時の挨拶の例

精進落としとは?

精進落としとは、一連の法要が済んだ後に行う会食のことです。忌明けの意味や遺族が僧侶を接待するという意味も込められているのです。亡くなった人の話などをしながらゆったりと時間を過ごします。献杯の挨拶は、基本的に亡くなった人を偲ぶこと、そして手伝って頂いた方々をねぎらうことが大切になってきます。丁寧な言葉で話しましょう。

挨拶の例①

本日は亡き〇〇のために皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。おかげさまで、無事に葬儀を終えることができました。故人も大変喜んでいることと思います。ささやかではございますが、精進落としのお膳をご用意させていただきましたので、故人を偲びながらゆっくりとおくつろぎいただければと思います。本日はありがとうございました。献杯。

挨拶の例②

本日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございました。〇〇も安心してくれていると思います。ささやかではございますが、心ばかりのお食事をご用意させていただきました。故人の思い出などをゆっくりと語っていただければ、供養になるかと思います。まずは献杯をさせていただきたいと思いますので、ご唱和お願いします。献杯。

四十九日法要などの挨拶の例

挨拶の例①

本日はご多忙の中〇〇のためにお集まりいただきまして、ありがとうございました。生前から親しくして頂いた方に久しぶりにお会いできて、故人も喜んでいることと思います。ささやかではありますが、お料理をご用意させていただきましたので、改めて故人を偲び、ごゆっくりお過ごしいただければと思います。本日はありがとうございました。献杯。

挨拶の例②

本日はお忙しい中四十九日の法要にご列席くださいまして、誠にありがとうございます。おかげさまで、滞りなく済ませることができました。〇〇も大変喜んでいることと思います。今日は久しぶりに故人の思い出を語りながら、穏やかな時間を過ごしていただければと思います。どうか今後とも、変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。献杯。

会食の終わりの時の挨拶の例

まだまだ話は尽きませんが、そろそろお時間となりましたのでこれをもちましてお開きとさせていただきたいと思います。〇〇亡き後、寂しくなってしまいましたが、家族一同助け合っていきたいと思っております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。本日は誠にありがとうございました。

いかがでしたか?ここに挙げたのはあくまで例です。親族が挨拶をする場合、喪主の場合、友人の場合などさまざまなパターンがあると思いますので、故人との関係によって挨拶の内容も変わってきます。しかし献杯の挨拶で大切なのは、故人を偲ぶ気持ちです。例に挙げたように、お悔やみの言葉や故人についてのお話を少し入れるとよいと思います。

献杯の挨拶で気をつけたいこと

話が長くならないように

法要 料理

挨拶は長くならないようにするのがマナー

先述したように、献杯の挨拶が終わるまで食事には手を付けられません。なので話はあまり長くならないようにするのがよいですね。例に挙げたように、1分程度で十分かと思います。話したいことがあれば、会食の際に近くの人と話す機会もたくさんあります。

乾杯との違いを知っておく

乾杯の際には明るく唱和したり、グラスを近くの人と打ち付け合ったりします。お酒を飲み干した後に拍手が起こったりもしますね。しかし献杯の際にはこれは行いません。挨拶をする人も会食に参加する人も、乾杯との違いを知っておくことが大切です。

挨拶の際に使ってはいけない言葉

普段ならあまり気にせず使っている言葉でも、弔事の際には避けた方がよい言葉があります。いくつか例を挙げてみます。まずは「死ぬ」「生きる」などの直接的な言い方です。「ご逝去、生前」など言い換えて表現してみましょう。

また、「重ね重ね」や「ますます」などは忌み言葉とされています。これは不幸が重なってしまうという意味で、使ってはいけないとされています。会食の際の会話などはある程度仕方のないことですが、公の挨拶の時には避けた方がよさそうです。

献杯の挨拶例のまとめ

たくさん例を挙げてきましたが、献杯には特別こうしなければならない、というルールはありません。しかし、守った方がよいこと、注意しなければならないことはたくさんあります。予め十分にマナーを理解し、遺族や出席者に失礼の内容配慮することが大切になってきます。

いずれにしても、故人を大切に思い、偲ぶ気持ちを忘れずに挨拶ができるとよいですね。いざという時にはぜひここに挙げた例を参考にしてみて下さいね。

関連する記事

これらの記事も合わせて読んでください

ランキング

よく読まれている記事です

この記事の執筆者

終活ラボ|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト