葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

献杯の時何を話せばいい?挨拶の例をご紹介します。

献杯とは、相手に敬意を示しながら行う乾杯のことです。献杯の時、どのような挨拶をすればよいのでしょうか?乾杯の挨拶との違いは?具体的な例を交えながらご紹介していきます。この例を覚えておけば、いざという時も安心ですね。

献杯ってなに?乾杯との違い

葬儀

献杯

相手に敬意を表しながら杯を差し出すことを、献杯と言います。弔事の際にはこの「献杯」という言葉を使用します。亡くなった人に敬意を示し、死を慎むという意味が込められているのです。一般的に明るく発声する乾杯とは違い、献杯の場合は器を打ち付けたりせずに、静かに合掌や黙祷で杯を交わします。

乾杯

乾杯と言う言葉は主に慶事の際に使われます。乾杯の発声後、参加者も一斉に唱和し、互いにグラスを打ち付けるのが一般的な乾杯のイメージですね。その起源は古代にまでさかのぼり、もともとは死者のために捧げる儀式であったと言われています。それが後に健康や成功などを祈念する儀式へと変化していったのです。

このように見てみると、古来の意味合いを強く残しているのは「献杯」の方であると言えますね。地域によっては古来の意味合いを尊重し、慶事の際にも献杯を行うことがあるようです。

献杯の挨拶をするタイミング

葬儀や法要の後は会食の場が設けられることがよくありますね。献杯の挨拶をするタイミングは、参列者全員が席に着いたのを確認した時です。全員が揃ったタイミングで、位牌の前にも杯を置き、まず喪主が挨拶をします。その次に献杯の挨拶です。葬儀の場合も法要の場合も、このタイミングがよいかと思います。

献杯の発声があるまでは料理に手を付けないというルールがあるので、必ず全員が揃っているか確認をしてから挨拶を始めるとよいですね。

献杯の挨拶の例

葬儀

精進落としの時の挨拶の例

精進落としとは?

精進落としとは、一連の法要が済んだ後に行う会食のことです。忌明けの意味や遺族が僧侶を接待するという意味も込められているのです。亡くなった人の話などをしながらゆったりと時間を過ごします。献杯の挨拶は、基本的に亡くなった人を偲ぶこと、そして手伝って頂いた方々をねぎらうことが大切になってきます。丁寧な言葉で話しましょう。

挨拶の例①

本日は亡き〇〇のために皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。おかげさまで、無事に葬儀を終えることができました。故人も大変喜んでいることと思います。ささやかではございますが、精進落としのお膳をご用意させていただきましたので、故人を偲びながらゆっくりとおくつろぎいただければと思います。本日はありがとうございました。献杯。

挨拶の例②

本日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございました。〇〇も安心してくれていると思います。ささやかではございますが、心ばかりのお食事をご用意させていただきました。故人の思い出などをゆっくりと語っていただければ、供養になるかと思います。まずは献杯をさせていただきたいと思いますので、ご唱和お願いします。献杯。

四十九日法要などの挨拶の例

挨拶の例①

本日はご多忙の中〇〇のためにお集まりいただきまして、ありがとうございました。生前から親しくして頂いた方に久しぶりにお会いできて、故人も喜んでいることと思います。ささやかではありますが、お料理をご用意させていただきましたので、改めて故人を偲び、ごゆっくりお過ごしいただければと思います。本日はありがとうございました。献杯。

挨拶の例②

本日はお忙しい中四十九日の法要にご列席くださいまして、誠にありがとうございます。おかげさまで、滞りなく済ませることができました。〇〇も大変喜んでいることと思います。今日は久しぶりに故人の思い出を語りながら、穏やかな時間を過ごしていただければと思います。どうか今後とも、変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。献杯。

会食の終わりの時の挨拶の例

まだまだ話は尽きませんが、そろそろお時間となりましたのでこれをもちましてお開きとさせていただきたいと思います。〇〇亡き後、寂しくなってしまいましたが、家族一同助け合っていきたいと思っております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。本日は誠にありがとうございました。

いかがでしたか?ここに挙げたのはあくまで例です。親族が挨拶をする場合、喪主の場合、友人の場合などさまざまなパターンがあると思いますので、故人との関係によって挨拶の内容も変わってきます。しかし献杯の挨拶で大切なのは、故人を偲ぶ気持ちです。例に挙げたように、お悔やみの言葉や故人についてのお話を少し入れるとよいと思います。

献杯の挨拶で気をつけたいこと

話が長くならないように

先述したように、献杯の挨拶が終わるまで食事には手を付けられません。なので話はあまり長くならないようにするのがよいですね。例に挙げたように、1分程度で十分かと思います。話したいことがあれば、会食の際に近くの人と話す機会もたくさんあります。

乾杯との違いを知っておく

乾杯の際には明るく唱和したり、グラスを近くの人と打ち付け合ったりします。お酒を飲み干した後に拍手が起こったりもしますね。しかし献杯の際にはこれは行いません。挨拶をする人も会食に参加する人も、乾杯との違いを知っておくことが大切です。

挨拶の際に使ってはいけない言葉

普段ならあまり気にせず使っている言葉でも、弔事の際には避けた方がよい言葉があります。いくつか例を挙げてみます。まずは「死ぬ」「生きる」などの直接的な言い方です。「ご逝去、生前」など言い換えて表現してみましょう。

また、「重ね重ね」や「ますます」などは忌み言葉とされています。これは不幸が重なってしまうという意味で、使ってはいけないとされています。会食の際の会話などはある程度仕方のないことですが、公の挨拶の時には避けた方がよさそうです。

献杯の挨拶例のまとめ

葬儀

たくさん例を挙げてきましたが、献杯には特別こうしなければならない、というルールはありません。しかし、守った方がよいこと、注意しなければならないことはたくさんあります。予め十分にマナーを理解し、遺族や出席者に失礼の内容配慮することが大切になってきます。

いずれにしても、故人を大切に思い、偲ぶ気持ちを忘れずに挨拶ができるとよいですね。いざという時にはぜひここに挙げた例を参考にしてみて下さいね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

「献杯・挨拶・例」に関連する記事

「献杯・挨拶・例」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「献杯・挨拶・例」に関連する記事

「献杯・挨拶・例」についてさらに知りたい方へ

献杯と乾杯はどう違うの?挨拶を頼まれたけど、言ってはいけない言葉などがあるのではないか。一般的な文例を見たい。そんな方に文例をまじえて献杯の挨拶のポイントをご紹介します。のサムネイル画像

献杯の挨拶を頼まれて困った!知っておきたい文例をご紹介します

喪主が通夜の挨拶をする時って、何を話せばよいのかよくわからないという方は多いでしょう。そこで恥をかいたり後悔しないために通夜の挨拶の例をご紹介します。通夜の時はバタバタして挨拶文を考えている暇はないと思われますので、事前に例文集に目を通しておきましょう。のサムネイル画像

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

仏式の葬儀では通夜の後に弔問客に料理を振る舞う通夜振る舞いが行われるケースが多いです。この通夜振る舞いでの料理やマナーについて紹介します。のサムネイル画像

仏式で行われる通夜振る舞いでの料理とマナー

納骨式を執り行い、挨拶をする。
めったにない事であり、近しい人がなくなった納骨式だからこそ、最後の言葉として恥じない挨拶をしたいものです。のサムネイル画像

納骨式の挨拶は何をすればいい?例文付きで解説

我々はあたり前のように挨拶を言葉にして発しています。そしてその挨拶言葉には色々な種類と意味があります。しかし違った挨拶にも、共通の想いというものが存在するのです。それを理解すればこそ、我々は挨拶を大切にしているのです。のサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

ランキング

よく読まれている記事です

お葬式にはいったい何を持って行ったらいいかわからない時はありませんか?この記事では、バッッグや数珠やアクセサリーなど、お葬式での持ち物リストを紹介します。男女別の服装(喪服)につての注意点も説明いたします。
のサムネイル画像

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装など

1
葬儀や法事に欠かせないお焼香。心を込めた丁寧なお焼香は、亡くなった方へのよい供養になりますね。お焼香には正しいマナーがあります。今回は必要な場面で急に慌てることのないように、お焼香のマナーを解説します。のサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

2
お通夜やお葬式の際には、御香典を包むことがあります。そのような時に、迷ってしまうのは、どれくらい包めば良いかという事ではないでしょうか。相手との関係性によって、相場は変わります。今回は、気になる御香典の相場をご紹介します。のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

3
葬儀の最後など、霊柩車が出棺する時、クラクションが鳴るのを度々耳にします。霊柩車がクラクションを鳴らすのはなぜなのか、ご説明します。のサムネイル画像

出棺時に霊柩車が鳴らすクラクションの意味を知っていますか?

4
葬儀の際に香典の代わりとして、または香典と共にお供えする供物。贈る側としては何が適しているのかや諸々のしきたり、受け取る側としてはお礼状の対応など、どうすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな葬儀の際の供物の疑問点を解消すべく、ご説明します。のサムネイル画像

葬儀の時に送る供物について!送る側も受け取る側も必見です

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト