大切なペットを姿のまま埋葬したい。土葬について知っておこう

歳をとっても、病気になっても、ペットは愛くるしい姿をしていますね。「その姿のまま埋葬したい」「焼くのはしのびない」と思われ、土葬を選択したい方もいるでしょう。昨今ではペットの葬送方法もたくさんあります。その中で土葬を選ぶのなら、予備知識が必要です。

目次

  1. 大切なペットを葬送する
  2. ペットを土葬しても良いの?
  3. ペットを土葬するときの方法
  4. 土葬するときの注意点
  5. ペットの土葬についてのまとめ
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

大切なペットを葬送する

犬

ペットは飼い主にとっては大切な家族です。
犬や猫だったり、さらに小さいリスや鳥だったりする場合もあるでしょう。

どんなペットを飼っている場合でも、お別れのときはやってきます。
いざというときに困らないよう、納得のいく見送り方ができるように、飼い主よりも先に旅立ってしまうペットの埋葬方法について、知っておきましょう。

ペットを土葬しても良いの?

犬

亡くなったペットのからだは、飼い主にとっては『大切な家族の遺体』です。
「亡くなっても愛らしいその姿のまま、思い出の場所に埋めてあげたい」と思われる方もいるでしょう。

ですが、他人にとっては『動物の死体』です。
ペットは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第1項、第2項」により、「一般廃棄物」として位置づけられています。つまり、一般的には「ゴミ」なのです。たとえ誰かのペットであっても、他人にとってはただの動物の死体ですから、それが好ましく思えることはないでしょう。

ペットを土葬するには、法律に抵触しないように気をつけなくてはいけません。

法律的には大丈夫?

他人の土地や公共の場に埋めることは、軽犯罪法(1条27号)に抵触します。
法律に定められている、「公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物または廃物を棄てた者」という部分に該当します。ゴミの不法投棄と同じ、犯罪ですね。

ただし、自分の土地に埋める分には、法律には抵触しません。
私有地であれば、「公共の利益に反する」ことにはならないからです。

どの場所なら土葬できる?

土地

「公共の利益に反しない場所」、つまり自分に権利のある自己所有の私有地であれば、ペットの遺体を土葬しても、法律に抵触することはありません。

「よく庭を走り回っていた犬だから、思い出のあるこの庭に埋めてあげたい」という場合もあるでしょう。「犬を飼ったときに植えた記念樹の根元に埋葬したい」という場合もあるでしょう。
この場合も、私有地であれば可能ということになります。

ただし、土地は売却や譲渡などで他人の手に渡る場合もあります。
その時のことを考えて、葬送方法を選択しましょう。

いくら土が多くても、公共の場所である公園にペットを土葬してはいけません。

ペットを土葬するときの方法

ペットを土葬するときには、私有地である場合にも、いろいろな配慮や注意が必要です。

掘り返されないように深くしましょう

動物の死体は、独特のニオイがします。
埋める場所が浅いと、野良猫やたぬき、カラスなどが、そのニオイを嗅ぎつけて掘り返してしまうおそれがあります。また、遺体に虫がわき、それが地表に露出してしまうかもしれません。

最低でも1メートルくらいの深さに埋葬し、こんもりと土を盛り上げるようにしましょう。

タオルを敷きましょう

遺体を包むときは、タオルを使いましょう。
ポリエステルなどの化繊ではなく、木綿や絹などで100%自然素材のものを選びます。化繊のものは土に還りにくいためです。

ビニールに入れたり、化繊製のシートに包むのはよくありません。
土にも還りにくく、湿気を中に封じ込めてしまうおそれがあります。

埋めもどす土は高くしましょう

遺体を埋めたあとは、土をかぶせていきますね。これを「埋め戻す」といいます。
このときに、土はこんもりと高く盛るようにしましょう。

埋める際に土を固めながら埋めることも大切ですが、いくら固めたつもりでも、あとで土が減っていきます。そうなると、穴を掘った部分にへこみができてしまいます。

土葬するときの注意点

犬

土葬したあとも、気をつけなくてはいけないことがあります。

すぐに土に還るとは限りません

土葬した遺体は、すぐに土に還るわけではありません。
条件がそろえば、土の中でミイラ化して、長い時間そのままのこっている可能性もあります。

土地は、譲渡したり売却したりして、ほかの人の手に渡る可能性もあります。
あたらしくその土地に住んだ方が、家庭菜園をしたり増築工事などをしたりして、ペットを埋めた場所を掘りかえすこともあるかもしれないのです。

ペットを自分の土地に土葬する場合は、そういったリスクがあることを知っておきましょう。

火葬してから埋葬する方法も

「思い出の場所に埋めてあげたい」という場合、火葬してからお骨を埋葬する方法もあります。
この方法であれば、埋めたあとに動物に掘り返されるリスクもなく、また、土地を譲渡・売買した際にも、掘り返されて遺体が見つけられてしまう心配をしなくて済むようになります。

石灰を利用する

石灰は、有機物の分解をうながす効果をもっています。殺菌効果もあるので、遺体が腐敗することで病原菌の元となる有害物質が発生しないように抑える効果も期待できます。

石灰は、ホームセンターなどで手軽に入手することができます。
家庭菜園や園芸などにも応用できるので、余ってしまっても困ることはありません。

ペットの土葬についてのまとめ

犬

ペットを仮想せずに土葬するときは、生きていたときのままの姿を保ったまま埋めることになります。飼い主としては、ペットが変わってしまった姿を見ることなく埋めることができるので、土葬という選択肢をとりたくなってしまうかもしれません。
また、「土葬だと費用がかからないから」と思われる方もいるかもしれません。

ですが、土葬するということは、いろいろなリスクをもっています。
土葬は、動物の死体をまるごと土のなかに埋める、ということです。

安易な選択をせず、リスクと手間をしっかりと考えましょう。土葬する場合は、埋めたあとのことも責任をもつことが必要です。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「ペット・土葬」に関連する記事

「ペット・土葬」についてさらに知りたい方へ

  • ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!

    ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!

    最近はペットを家族同然に可愛がり、亡くなった際にはやはり人と同じように葬儀を出し埋葬を規模する方が数多くいます。 しかし人間と違いペットの埋葬はあまり馴染みがなく、どのような方法があるのか余り情報がありません。 今回はペットの埋葬について説明します。

  • 土葬の墓地はあるの?日本での土葬は可能なのか?

    土葬の墓地はあるの?日本での土葬は可能なのか?

    葬法を決める際に、土葬にしてほしいと希望する方は少なくありません。ですが、日本に土葬が可能な墓地はあるのでしょうか?今回は、日本の墓地で土葬をする方法について、そのメリットやデメリットも交えて解説していこうと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!

    自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!

    ペットの寿命はヒトよりは短くていつかは別れの時がやってきます。亡くなってもずっとそばにいてくれるように自宅にお墓を作ってあげたいと思われている方もいるのではありませんか?そこで愛するペットが亡くなった時に自宅でお墓を作って供養する方法をご紹介します。

  • 大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

    大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

    ペットは心を癒す存在で家族同然に思っている人がほとんどです。大切な存在であるペットが死んでしまうということはとてもショッキングなことではありますが、愛するペットのために最期にできることは埋葬してあげることです。そこで今回はペットの埋葬についてご紹介します。

  • 大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

    大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

    大切なペットを自宅に埋葬したいとき、自宅でのお墓の作り方を知っておく必要があります。自宅に庭があればお墓を作れそうですが、庭がないマンションでもお墓は作れるのでしょうか?正しいペットのお墓の作り方が分かれば、供養を適切に行うことができます。ぜひご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「ペット・土葬」についてさらに知りたい方へ

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!のサムネイル画像

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!

土葬の墓地はあるの?日本での土葬は可能なのか?のサムネイル画像

土葬の墓地はあるの?日本での土葬は可能なのか?

自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!のサムネイル画像

自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とはのサムネイル画像

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介のサムネイル画像

大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと