注連縄(しめ縄)はいつまで飾る?地域での違いや処分法について

お正月に飾る注連縄ですが、いつまで飾ればよいのか、処分の仕方や、地域などによる違いは? など、わからないことが多いですよね。今回は注連縄をいつまで飾ればいいのか、処分の仕方、また、他の正月飾りについても合わせてご紹介させていただきます。

目次

  1. 注連縄はいつまで飾るのか?
  2. 注連縄はいつ飾る?
  3. 注連縄を飾る時期は地域で異なる
  4. 片付ける時期の由来と意味
  5. 他のお正月飾りはいつまで?
  6. 注連縄を飾る時期まとめ

注連縄はいつまで飾るのか?

しめ縄

お正月の時期、玄関や車に飾る注連縄ですが、いつまで飾ればいいのか迷いますよね?

お正月が終わり、片付けようとおもっても、いつはずしていいのか、どのように処分するのが正しいのかわかりません。

また、注連縄には地域によっても違うことをご存知でしたか?
そんな注連縄について、まとめてみましたので、ぜひ、最後までお読みください。

この記事では以下のことを解説いたします。

  • 注連縄を飾る時期〜地域ごと〜
  • 注連縄を片付ける時期
  • その他の正月飾りについて

注連縄はいつ飾る?

注連縄

お正月の時期になると、スーパーなどでよく見かける注連縄。
その注連縄はいつ飾るのが正しいのでしょうか?
また、いつまで飾ればいいのでしょう?

実は、ちゃんと飾る時期が決まっております。
12月28日と30日がよいとされており、
28日は8という数字から縁起がよい日といわれているためです。

また、避けたい日としては、29日、31日とされています。
この日は苦立て、一夜飾りといわれ、縁起が悪い日となりますので、この日は避けなければいけませんので気をつけましょう。

注連縄を飾る時期は地域で異なる

注連縄

関東と関西で、注連縄を片付ける時期は違ってきます。
その違いについて説明していこうとおもいます。

関東の場合

関東ではいつまで飾ればよいのでしょうか?

関東での注連縄の片付ける日は1月7日となります。

元々、正月は15日までが小正月とされてたといいますが、関東では江戸時代に1月7日に松の内(正月)を切り上げる。
という決まりから、1月7日に片付ける習慣がついたとされています。

関西の場合

では、関西ではいつまで飾ればよいのでしょうか?

関西での注連縄の片付ける日は1月15日となります。

関東の片付ける日で説明したように、昔からの風習で、関西では小正月の15日まで飾るようです。

片付ける時期の由来と意味

注連縄

いろいろと調べれば調べるほど決まりごとのある注連縄ですが、きちんと片付ける時期にも意味があります。

「松の内」という言葉を耳にしたことはありますか?
松の内とは「門松を飾る時期」のことをいい、また、神様に待ってもらっている期間のことです。

一般的にはこの松の内の期間、正月飾りを飾ります。
松の内の期間は一般的に、12月13日から7日まで。

関東では1月7日、関西では1月15日までとなっております。

元々、15日までだった松の内ですが、鏡開きの日にちの変更後「鏡開きをした後も注連縄を飾るのはおかしい」ということから、一般的には7日に片付けることが習慣となりました。

それでも、地域によって違う場合があるので、自分の地域の松の内がわからない場合は近くの神社にいつまでが松の内なのか、問い合わせてみてください。

他のお正月飾りはいつまで?

正月

お正月の飾りといえば、注連縄だけじゃないですよね?
他の正月飾りも注連縄と同じように、いつまで飾ればいいのか迷ってるうちに、片付けるタイミングがわからず、日がたってしまった。なんてことあると思います。

ここでは、鏡餅や、門松についてのいつまで飾るのかを紹介していきます。

鏡餅

鏡餅

お正月飾りとしてよく見かける鏡餅
お正月にスーパーへ行くとキャラクターものや、本格的なもの、などなど沢山の種類を目にしますよね?
かわいいものも沢山ありどれを飾ろうか選ぶのも一つの楽しみではないでしょうか?

そんな鏡餅ですが、飾ったはいいものの、いつまで飾って、いつ片付ければいいのか?
なんて思ってるうちに、お正月が終わり、ただゴミ箱へ。。。
なんてこともあるかと思います。

そんな鏡餅についても紹介していきたいと思います。

鏡餅の飾る時期は?

一般的に鏡餅の飾る時期については、早くから飾っても良いとされています。
ですが、良い日というのがあり、その日は毎年変わってくるようです。

2017年の鏡餅を飾る日とされてるのが、12月28日です。

これは、8という数字が、末広がりで良いとされているからです。
他には、大安の日を選んで飾る家庭もあるようです。

鏡餅はいつまでかざればいい?

鏡餅は鏡開きの後に食べるのが一般的ですよね?
では、鏡開きはいつなのでしょう?

元々、鏡開きは小正月の1月15日より後の「1月20日」でしたが、徳川家三代目将軍の徳川家光が4月20日に亡くなったことから、20日は避けられるようになり、かわりに、幕府の蔵開きの1月11日となったため、その日が鏡開きとなりました。

ですが、これは、江戸、関東での言い伝えですので、今でもその他の地域では、20日に鏡開きをする地域もあるそうです。

鏡開きの時期にはきちんとした決まりはなく、ご自信の地域によって変わるかと思います。
その地域によってちがうので、それにしたがって鏡開きをしましょう。

門松

門松

次に、門松についてです。
最近では玄関に大きな門松を置く家庭はあまり見かけなくなりましたが、
ホームセンターや、スーパーなどでは大きな門松が飾られていたり、小さい飾りの門松などが売られていてそれを飾っている過程がおおいですよね?

その門松も、いつまで出しておくのか、などを調べていきましょう。

門松の飾る時期

門松を飾るのは、12月13日以降であればいつから飾ってもよいとされております。
ですが、他の飾りと同じように、飾るのに縁起の悪い日はあります。
それは、29日です。

29日は「二重苦」とされえていて、9のつく末日、苦を待つともされており縁起が悪いため、この日は避けるようにとされております。

また、31日は、一夜飾りといわれており、その行為が、神様をおろそかにする行為といわれています。
そう考えると、30日も飾る期間が短くなってしまうので避けましょう。

門松はいつまでかざるの?

では,門松はいつまで飾ればよいのでしょう。

門松は、注連縄と同じく、1月7日(松の内)まで飾るのが良いといわれております。
こちらも、小正月と呼ばれる日が本来、松の内とされていたためです。

地域によっては、15日まで飾る地域もあるので、近くの神社に問い合わせて見ましょう。

注連縄など正月飾りの処分方法

正月飾り

正月飾り、注連縄、鏡餅、門松を飾る時期、いつまで飾ればいいのかはわかりましたでしょうか?
次はどのように処分すればいいのか?ですよね。
じつは、門松と注連縄の処分の方法は同じなので、鏡餅の処分方法と、門松、注連縄の処分方法に分けて説明させていただきます。

注連縄と門松の処分の仕方

どんど焼き

注連縄と門松の処分の仕方には2つ種類があります。

  • 神社に持っていく
  • 自分で処分する
神社に持っていく

まず、神社に持っていく方法について説明していきます。
一般的には門松や、注連縄は神社へもって行き、どんど焼きという方法で処分します。

どんど焼きとは、正月飾りを各家庭から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やす(上画像)という
お正月の火祭りです。

どんど焼きは15日に行われるところが多く、7日に正月飾りをしまう地域では、紙などにくるんで大切に15日のどんど焼きの日まで保管しておきましょう。

自分で処分する

次に自分で処分する方法についてです。
近くの神社が処分してくれない、どうしても神社に行くことができない。
など事情がある場合一般の家庭ごみとして処分してもよい。とされています。

ですが、ただ、捨てるのではなく、細かくして、塩でお清めをした後、丁寧に包んでからごみに出すのが一般的とされています。

正月飾りは燃えるごみの日に出すのが一般的ですが、地域によっては、大きな門松は大型ごみになる場合もあるので、確認が必要です。

鏡餅の処分の仕方

鏡餅は神様へのお供え物とされているため、力が備わっているといわれています。
なので、鏡餅を食べることで、一年、無病息災になるといわれています。

また、鏡餅を処分する「鏡開き」をすることで、新しい年の始まりという意味もあります。

ですが、包丁や、刃物で鏡餅を切ることは、切腹を連想させる行為なので、気をつけましょう。
縁起のいい開き方としては、木槌で開くのがいいとされています。

注連縄を飾る時期まとめ

注連縄

注連縄を飾る時期について、以下のことを解説いたしました。

  • 注連縄を飾る時期は28日と30日に飾るのが縁起がよいとされている。
  • 一般的に注連縄を片付けるのは7日、関西では15日。
  • 鏡餅は毎年縁起のいい日に飾り、1月11日に鏡開きをする。
  • 門松は13日以降ならいつから飾ってもよく、7日に片付ける。
  • 注連縄と門松は神社でどんど焼きで処分するか、細かく切って塩で清めて包んで捨てる。
  • 鏡餅は木槌で開いて鏡開きをして食べる。

いかがだったでしょうか?正月飾りにはたくさんの種類や決まりごとがあり、ややこしく感じる部分もありますが、きちんとした作法でお正月を迎えましょう。

長くなりましたが、最後までご覧頂きありがとうございます。

「注連縄・いつまで」に関連する記事

「注連縄・いつまで」についてさらに知りたい方へ

  • 正月はお墓にも松を飾っていいの?正月のお墓参りについてのサムネイル画像

    正月はお墓にも松を飾っていいの?正月のお墓参りについて

    お正月になると門の前に門松を建てますが、地方によってはお墓にも松飾をするところがあるようです。お正月は神道の行事だからお墓に松飾はおかしくない?と思われるかもしれませんが、ここではお正月のお墓参りにに関して説明します。

  • 意外に知らない!お正月にしめ縄を飾る意味や由来、正しい飾り方。のサムネイル画像

    意外に知らない!お正月にしめ縄を飾る意味や由来、正しい飾り方。

    お正月飾りとしてはおなじみのしめ縄ですが、毎年なんとなく飾っていませんか?今回はそんなしめ縄をお正月に飾る意味や由来、正しい飾り方を見ていきましょう。

  • 意外と知らないしめ縄・しめ飾りについて解説します!のサムネイル画像

    意外と知らないしめ縄・しめ飾りについて解説します!

    みなさんはしめ縄・しめ飾りを毎年飾っていますか?お正月にしか出番がない、しめ縄・しめ飾りですが、意外と言葉の由来やいつからいつまで飾っておくか等、あやふやですよね。この記事ではそれらについて解説していきます。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

  • お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

    永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

    「永代」には、長い年月・永久という意味があります。ですが、永代供養の永代とは、いつまでのことを指すのでしょうか?いつまで供養してもらえるのでしょうか?永代供養についての基礎情報もまとめましたので、ご覧ください。

  • 年賀状はいつまで出せるの?元旦に届ける方法と販売期間も解説のサムネイル画像

    年賀状はいつまで出せるの?元旦に届ける方法と販売期間も解説

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

  • 介護保険料はいつまで支払い続ければ良いのでしょうか?のサムネイル画像

    介護保険料はいつまで支払い続ければ良いのでしょうか?

    ある年齢を境に支払義務が生じる介護保険料についてご存知ですか。一体いつからいつまで支払をしないといけないのでしょうか。また介護保険料の仕組みはどのようなものなのでしょうか。意外と知らない介護保険料についていつまで支払う必要があるのかまとめてみました。

  • 法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!のサムネイル画像

    法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!

    皆さんの中には故人の法事を何度か行っている方も多いでしょう。しかし、法事はいつまで行うものなのか気になる方も多いのではないでしょうか?たしかに子孫の方のことを考えると法事をいつまでやるのかという問題は重要なものです。今回は法事のいつまでについて見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「注連縄・いつまで」についてさらに知りたい方へ

正月はお墓にも松を飾っていいの?正月のお墓参りについてのサムネイル画像

正月はお墓にも松を飾っていいの?正月のお墓参りについて

意外に知らない!お正月にしめ縄を飾る意味や由来、正しい飾り方。のサムネイル画像

意外に知らない!お正月にしめ縄を飾る意味や由来、正しい飾り方。

意外と知らないしめ縄・しめ飾りについて解説します!のサムネイル画像

意外と知らないしめ縄・しめ飾りについて解説します!

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

年賀状はいつまで出せるの?元旦に届ける方法と販売期間も解説のサムネイル画像

年賀状はいつまで出せるの?元旦に届ける方法と販売期間も解説

介護保険料はいつまで支払い続ければ良いのでしょうか?のサムネイル画像

介護保険料はいつまで支払い続ければ良いのでしょうか?

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!のサムネイル画像

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「注連縄・いつまで」についてさらに知りたい方へ

正月はお墓にも松を飾っていいの?正月のお墓参りについてのサムネイル画像

正月はお墓にも松を飾っていいの?正月のお墓参りについて

意外に知らない!お正月にしめ縄を飾る意味や由来、正しい飾り方。のサムネイル画像

意外に知らない!お正月にしめ縄を飾る意味や由来、正しい飾り方。

意外と知らないしめ縄・しめ飾りについて解説します!のサムネイル画像

意外と知らないしめ縄・しめ飾りについて解説します!

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!のサムネイル画像

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと