意外に知らない!お正月にしめ縄を飾る意味や由来、正しい飾り方。

お正月飾りとしてはおなじみのしめ縄ですが、毎年なんとなく飾っていませんか?今回はそんなしめ縄をお正月に飾る意味や由来、正しい飾り方を見ていきましょう。

お正月にしめ縄を飾っていますか?

お正月には様々なお正月飾りが飾られます。例えば、「門松」「鏡餅」「しめ縄」などが一般的なお正月飾りです。毎年なんとなく飾っていることが多いお正月飾りですが、それぞれに意味があり、正しい飾り方があります。
今回はこの中でも、「しめ縄」について詳しく見ていきましょう。

しめ縄の意味について

しめ縄は、お正月になると家の玄関や車の前に飾っているのをよく見かけます。このしめ縄に裏白や松などの縁起物を付けたものが「しめ飾り」です。

しめ縄とは

しめ縄は漢字では「注連縄」と書きます。これは、「神聖な場所を示す印」という意味で、しめ縄を飾ることで内側は神聖な場所であると示すことになります。つまり、しめ縄は神聖な場所と現世との境界にある結界だと言えるでしょう。
神社にかけてあるしめ縄やお相撲さんの横綱のしめ縄も同じ意味があります。
ではなぜ、お正月にしめ縄を飾るようになったのでしょうか?

お正月にしめ縄を飾る理由

お正月を迎えると、日本では古くからその年の歳神様が降りてくると考えられていました。
歳神様は五穀豊穣を叶えてくれる神様と考えられ、農耕民族であった日本人にとって、歳神様はとても大切な存在でした。
その歳神様を迎えるために、「神聖な場所を示す印」であるしめ縄を飾り、歳神様をお祀りし古い年の不浄を断ち、家を清めるということをしていました。

しめ縄の飾り方

では、しめ縄の正しい飾り方を見ていきましょう。

飾る時期は?

しめ縄を飾る時期は、クリスマスが済んだあたりから、松の内の1月7日までとされるのが一般的です。最近ではどんど焼きが小正月の1月15日に行われるところが多いので、1月15日まで飾るというところも多いようです。

しめ飾りの飾り初めに適さない日

しめ縄は、クリスマスが済んだら都合の良い時に飾っても良いですが、29・31日は避けた方が良いです。
29日は読みが「二重苦」を連想させること、31日は「一夜飾り」とされ神様に失礼であると言われています。
また、30日も「晦日」といい、月の最後という意味があるので31日同様しめ縄を飾り始めるのには適さない日です。

仏滅は気にした方が良い?

冠婚葬祭などでは気にする仏滅や大安などの六曜ですが、お正月飾りを飾る時期、取り外す時期には気にしなくてよいです。
六曜は元々は中国の思想なので、日本の古来からの神様とは関係ないとされています。

飾る場所は?

しめ縄は、玄関の正面、あるいはアパートやマンションであれば戸口に飾ります。
玄関に飾ることで、外から災いが入ることを防ぐという意味が込められています。
また、神棚にも飾ることができます。その場合、しめ縄でお札を隠してしまわないように気を付けましょう。
しめ縄は、玄関と神棚の2か所に飾っても問題ありません。

飾る方向は?

しめ縄を飾る際に、どの方角に向けるなどという決まりはありません。
ただし、左右の向きには決まりがあり、縄の太い方が向かって右側になるように飾るのが一般的です。これは地方によって異なるので、お住まいの地域の神社やお寺に問い合わせましょう。

しめ縄の種類について

代表的なしめ縄は「ごぼう注連(じめ)」「大根注連」「輪飾り」「玉飾り」があります。
それぞれについてご紹介します。

ごぼう注連

ごぼう注連

しめ縄:ごぼうじめ

ごぼうじめは、ごぼうのように細長いしめ縄で、片側が太く、片側が細くなっています。

大根注連

大根注連

しめ縄:大根注連

大根注連は地域によって異なり、両端がつぼまっている「鼓動型」を大根注連と呼ぶ場合や、上記のごぼう注連より太いものを大根注連と呼ぶ場合があります。

輪飾り

しめ縄 輪飾り

しめ縄:輪飾り

輪飾りは、その名のとおり細い縄を輪にした小型のしめ縄です。左右の向きを気にしなくて良いという点で気軽に飾ることができます。

玉飾り

しめ縄 玉飾り

しめ縄:玉飾り

玉飾りは、上の輪飾りよりも太い縄を輪にしたしめ縄です。裏白、紙垂、橙などの縁起物をつけます。

お正月を過ぎた後の処分方法について

お正月が過ぎ、松の内と呼ばれる1月7日が過ぎると、または1月15日の小正月が過ぎるとお正月飾りを外します。外した後の処分の方法をお伝えします。処分の方法は2種類あります。

神社で処分してもらう

神社では、どんど焼きによって処分するのが一般的です。どんど焼きを行っていなくても、ほとんどの神社ではお焚き上げしてくれるので問い合わせてみましょう。
外したしめ縄は、そのまま置いておくのではなく、綺麗な紙にくるんだりして、清浄な場所に保管しましょう。

自分で処分する

神社が遠いなどの理由で、どうしても自分で処分されたい方もいるでしょう。
その場合、一般のゴミと一緒に出して問題ありません。塩でお清めし、丁寧に紙でくるんでから捨てると良いでしょう。

しめ縄以外のお正月の飾りについて

ここまで、しめ縄について詳しく見てきましたが、他のお正月飾りについて見ておきましょう。

門松

門松

お正月飾り:門松

門松もお正月に歳神様を迎えるにあたって目印になるために飾るものです。
昔から「松」は長寿の象徴とされ、長生きの願い、子孫繁栄の願いを込めて、家の門の前に左右一対で置かれます。

鏡餅

鏡餅

お正月飾り:鏡餅

鏡餅は、お正月にお迎えする歳神様へのお供え物として飾ります。
大小二つのお餅を重ねて、橙や裏白などの縁起物と一緒に飾りつけます。
鏡餅は、食べることで歳神様の魂をいただくということに通じるとされ、一般的には1月11日に鏡開きを行い、雑煮やおぜんざいなどにして、みんなでいただきます。

しめ縄についてのまとめ

しめ飾り

おしゃれなしめ縄

お正月飾りの「しめ縄」について見てきましたがいかがでしたか?
最近では生花をあしらったおしゃれなしめ縄もお花屋さんなどで売られているのを目にします。
また、私の地域では年末に公民館で「しめ縄作り」の講座も開かれます。
飾るだけでとても華やかなしめ縄を手作りしてみても楽しいですね。

関連する記事

これらの記事も合わせて読んでください

ランキング

よく読まれている記事です

この記事の執筆者

終活ラボ|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト