埋葬方法について 色々な埋葬方法まとめました!

日本では、埋葬の方法については法律で定められています。火葬も土葬もできますが、土葬の場合には、許可などの条件が厳しいです。そのため、日本の埋葬は、ほとんど火葬です。この記事では、埋葬の方法について、動物の埋葬も含めて説明します。

目次

  1. 日本の一般的な埋葬方法について
  2. 世界ではこんな埋葬方法があります
  3. 埋葬方法の種類一覧!
  4. 動物の埋葬方法
  5. まとめ

日本の一般的な埋葬方法について

葬儀

埋葬とは

現代の日本では、埋葬について、「墓地,埋葬等に関する法律」という法律が定めています。
この法律は略して「墓埋法(ぼまいほう)」と言われます。
墓埋法で、「埋葬」というのは、死体を土中に葬ることです。
したがって、焼いてから葬る(火葬)か、死体を焼かずにそのまま葬るか(土葬)は、関係ありません。

火葬が最も一般的

墓埋法では、火葬も土葬もできるのですが、実際には、日本では、火葬をして、遺骨を納骨堂やお墓に納める方法が普通です。
その理由は、実際に埋葬する場合には、自治体の許可証が必要で、土葬の許可が出るのは、その地域の慣習で土葬が認められているような特殊な場合だけだからです。
したがって、実際には火葬したのち、遺骨を納める方法がほとんどなのです。
また、墓埋法では、土葬でも焼骨(火葬後の遺骨)は墓地以外の区域に行ってはならない、とされており、火葬であっても、自宅の庭に埋めることはできないのです。

土葬は果たしてできるのか?

日本では、明治時代の初めまでは、死体をそのまま埋葬する土葬が多かったのですが、明治時代から火葬が増えてきています。
墓埋法上は、土葬することもできます。実際には、土葬は全体の1%程度だと言われています。
土葬が許されるのは、自治体が土葬を許可し、その許可した土地(墓地)の管理者も土葬を認めている場合に限られます。
多くの自治体では、条例で土葬を禁止しています。
また、墓地も作るには許可が必要ですから、自由に自分の土地に埋めることはできません。

霊園を探してみよう

実際に、全国の霊園を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

世界ではこんな埋葬方法があります

宗教上決められてる埋葬法も

世界の宗教人口

世界の宗教人口は、キリスト教が20億人、イスラム教が11億人、ヒンドゥー教が9億人、仏教が3億5千万人といわれています。
宗教により埋葬のやり方が異なることは事実ですが、例えば、日本では法律で埋葬の方法が決められているので、土葬しなければならない宗教でも土葬できない場合があります。

ヒンドゥー教の埋葬

ヒンドゥー教徒は、インドが8.3億人、世界では約9億人と言われています。
ヒンドゥー教では、死者を天界に送るため、遺体を焼いて、聖なる川であるガンジス川に流します。
死んだ人は、火葬されてきれいな身体で輪廻して生まれ変わるので墳墓は不要で作りません。だたし、僧侶であるバラモンはすでに、解脱しているため、生まれ変わらないため、棺桶に入れて土葬します。

イスラム教の埋葬

イスラム教では、火葬は禁止されており土葬します。
ただし、土葬の際には白い布につつみますが、棺には入れずに埋葬します。
土葬ですからお墓があります。

キリスト教の埋葬

カトリックでは、死者は天国で復活し、永遠の休息が与えらるとされています。
人間には原罪があり、葬儀では原罪が許されるようお祈りします。
故人の属していた教会で、指定の業者が葬儀を行います。信者は黒いベールを被って参列します。
一方、プロテスタントの葬儀では、神に対する感謝を捧げます。厳格な型式はありません。
土葬の場合は、頭が西側に来るように、棺は東西方向に埋められます。
カトリックでもプロテスタントでも、火葬が増えてきています。カトリックが必ず土葬というわけではありません。

歴史上にはこんな埋葬方法もありました

日本の埋葬

縄文時代には、身体を曲げた状態で埋葬する屈葬が行われていました。弥生時代になると、体を伸ばして埋葬する伸展葬になりました。
紀元3世紀から7星期頃の古墳時代に貴族や豪族を古墳に埋葬していました。棺は石室に銅鏡や剣などの副葬品とともに 埋葬されました。聖徳太子の時代には、大型の古墳は姿を消し、貴族などの間で火葬が始まりました。
710年からの奈良時代になると都の中には墓を作ることができなくなり、平安時代には、高野山に火葬した骨や遺髪を納めるという高野納骨が行われました。
鎌倉時代や室町時代には、仏教の影響もあり、葬儀が普及してきました。江戸時代になると、それまでは庶民には普及しなかった墓地を作ることが、庶民も行うようになりました。
明治時代には、神道の影響で火葬禁止令が出されましたが、2年後に火葬が再開されました。大正時代には、霊柩車も使われはじめ、現代の葬儀が形作られてきました。

その他

歷史的には、いわゆる建国の英雄と言われている政治家達がエンバーミング処理つまり科学的に死体を長期保存できる処理を施して、弔われている場合があります。この方により保存されているのは、レーニンやスターリン、蒋介石などです。
また、ヴァイキング時代の西暦800年から1050年に、海賊のヴァイキングは、遺体に普段着を着せ、生活用品をいっしょに埋葬していました。
その他、埋葬方法の種類一覧をご覧ください。

埋葬方法の種類一覧!

火葬

遺体を焼却し、遺骨を納骨堂に納めたり、お墓に納める方法です。
日本以外では、宗教により火葬が禁じられています。

土葬

遺体をそのまま地面に埋めて埋葬する方法です。
現代の日本で土葬できるかについては、別項で説明しました。

散骨

火葬した後の遺骨を粉末状に砕き、海や川、空、山、森林などにまく方法です。
日本では、散骨を禁止している自治体や散骨に許可が必要場自治体もあるので注意が必要です。
中国やブータンなどでは、散骨は普通の弔い方法のひとつとされています。
石原裕次郎、アルベルト・アインシュタインなどは散骨で埋葬しました。

直葬

お葬式を行わず、火葬して埋葬する方法です。

水葬

遺体を海や川に流す方法です。遺体が浮き上がらないように配慮して行います。
日本では、船舶上で人が死亡した場合や自衛隊の活動の中で死亡した場合に状況に応じ、条件を満たせば水葬ができます。
日本以外では、インドなどでヒンドゥー教による水葬が行われています。

鳥葬

遺体を鳥に食べさせる方法です。
日本では、鳥葬は死体損壊罪に当たる可能性があります。
チベット仏教やインドのゾロアスター教で鳥葬が行われています。
石で作られた鳥葬用の場所に遺体を置いて鳥に食べて貰います。

塔葬

チベット仏教で、一部の高僧などに行う方法です。
死体に塩をこすりつけて乾燥させ、香料や貴重な薬物をぬり、霊塔のなかで遺体を保存します。
火葬した遺骨を霊塔の中で保存することもあります。

樹木葬

埋葬した場所に、墓石を立てるのでは無く、樹木を植える方法です。遺体を埋めた場所に墓石ではなく、樹木を植える葬送方法です。
日本では許可を受けた樹木葬用の墓地に葬らなければなりません。自由に樹木の下に死体や遺骨を埋めることはできません。
使われる木としては、ハナミズキ、サルスベリ、モミジなどがあります。

風葬

遺体を埋めることなく、風雨にさらして、風化させる方法です。
この様な自然の腐敗風化に任せるのは、現代日本では死体損壊罪に当たる可能性がありますし、自治体が条例で禁止していることが多いです。
日本では、昔、沖縄地方で行われていたことがあります。

野ざらし葬

遺体を原野や林に放置し、自然に任せて腐敗風化させる方法です。風葬と異なるのは、鳥が食べることも含まれる点です。

洗骨葬

遺体を腐敗風化させ、いわゆる骸骨にしてから、それをきれいに清めてから、もう一度埋葬する方法です。
沖縄や離島、東南アジアで行われているところがあります。
沖縄などの琉球諸島や奄美諸島では風葬を禁止された明治ごろから行われたといわれています。

冷凍葬

遺体を液体窒素で冷凍し、粉砕して粉にしてから、乾燥させて埋葬します。
スウェーデンで開発されました。

宇宙葬

死体や遺骨を宇宙空間に打ち上げる方法です。
費用もかかりますし、法令上の規制などもあり、数例しかありません。

鍋かぶり葬

死者の頭部に鍋を被せて埋葬する方法で、戦国時代から江戸時代まで行われました。
疫病で亡くなった場合などに利用されていたようです。

エンバーミング

死体を保存処理して、長期保存する方法です。
レーニンやスターリン、蒋介石など、国の指導者などがこの方法で弔われています。

実際に霊園を探してみよう!

これまで、さまざまな埋葬方法について学んできました。

埋葬方法が決まったという方、あるいはまだ迷っているという方も、自分の住んでいる地域にある霊園がどのような埋葬ができるのか気になりますよね。

地域の霊園を比較したいという方は、以下の終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

動物の埋葬方法

お墓

動物の死骸は一般廃棄物

一般的に動物の死骸は一般廃棄物であり、焼却処分が行われます。
ここで重要なことは、ペットでもそうでなくても動物の死骸は、廃棄物つまりゴミであり、ゴミ捨ての基準を最低守らなければならないということです。

犬や猫などのペットの埋葬

ペットの場合には、自分の愛する家族同然のペットがゴミとして扱われ、ゴミといっしょに焼かれるのに抵抗を感じるのも当然です。
そこで、環境省によると、飼い主のいるペットの死骸を処理する方法は3種類です。

インコ・小動物などは自分で処理できる

ま飼い主が自ら処理する方法というのは、飼い主がペットの死骸を自分の土地に埋葬する場合です。
基本的には動物の死骸は一般廃棄物で、通常のゴミ捨てと同じなので、自分の土地以外の公園や海、山などに捨てることはできません。そんなことをすると不法投棄となります。
なお、廃棄物処理事業者以外は、動物の死骸を燃やす、つまり、火葬することはできません。つまり、ペットの焼骨(遺骨)を埋葬したい場合には、許可された廃棄物処理業者に焼却を依頼し、焼却後の骨を返して貰い、自分の土地に埋める方法となります。
実際に、自宅の庭に埋める場合には、悪臭などがして、自宅外の人に迷惑をかけることの無いように、十分に深く広い穴を掘って埋めなければなりません。
そのため、犬や猫は実際的に問題があり、インコなどの小鳥や小動物の場合いがいは、適切とは言えません。

飼い主が自治体へ依頼する

飼い主が、自治体の清掃局に処理を依頼する方法です。
自治体のゴミ処理規程に従って、処理を依頼してください。

民間の事業者や寺院に依頼する

最近は、死んだペットの供養をしてくれる、民間事業者や寺院があります。
お葬式をして、火葬して、納骨したり、お墓に納めたりすることができます。
例えば、大阪市の泰聖寺には「てんのうじペット斎場」があり、境内に火葬場もありますし、埋葬や納骨も行っています(問合せ:0120-43-9441)。さらに、ペットを供養する法要なども行われます。

まとめ

埋葬の方法としては、火葬や土葬、樹木葬などがあります。しかし、人の遺体の埋葬は、自由にできるわけでは無く、火葬許可証など、政府自治体の許可が必要です。
ペットの場合は、ゴミ扱いになってしまうので、寂しい気がします。できれば、動物の葬儀や埋葬ができる寺院などに依頼して、供養しましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「埋葬・方法」に関連する記事

「埋葬・方法」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「埋葬・方法」についてさらに知りたい方へ

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。のサムネイル画像

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。

日本でかつて広く見られた土葬 どのようにして「禁止」に?のサムネイル画像

日本でかつて広く見られた土葬 どのようにして「禁止」に?

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?のサムネイル画像

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探りますのサムネイル画像

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!のサムネイル画像

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!

日本にも土葬ができる墓地があるの?アメリカは?のサムネイル画像

日本にも土葬ができる墓地があるの?アメリカは?

大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介のサムネイル画像

大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

アメリカはなぜ土葬が主流!理由と埋葬方法を詳しくご紹介!のサムネイル画像

アメリカはなぜ土葬が主流!理由と埋葬方法を詳しくご紹介!

昔は日本も土葬だった!土葬や火葬についてご紹介しますのサムネイル画像

昔は日本も土葬だった!土葬や火葬についてご紹介します

ペットは土葬できるの?姿のまま埋葬してあげたい、、のサムネイル画像

ペットは土葬できるの?姿のまま埋葬してあげたい、、

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「埋葬・方法」についてさらに知りたい方へ

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。のサムネイル画像

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。

日本でかつて広く見られた土葬 どのようにして「禁止」に?のサムネイル画像

日本でかつて広く見られた土葬 どのようにして「禁止」に?

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?のサムネイル画像

墓地で土葬をお考えの方、日本でもできるの?法律は?

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探りますのサムネイル画像

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!のサムネイル画像

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと