仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

仏壇にはお供え物が欠かせませんよね。ところで、お供え物をするには何か気を付けなければならないことはあるのでしょうか?普段の仏壇へのお供えだけでなく、初七日やお盆といった特別な法事の際のお供え物についてもまとめてみました。

目次

  1. 仏壇のお供え物にルールはあるの?
  2. お菓子のお供え物の選び方
  3. のしはどうすればいいの?
  4. お金をお供えする場合は?
  5. 仏壇にお供えする際の向き
  6. お供え物に選んではダメな物
  7. 仏壇のお供え物まとめ

仏壇のお供え物にルールはあるの?

仏壇

結論から言うと、仏壇のお供え物に厳密なルールはありません。故人が好きだったものをお供えするのが基本です。
ですが、ルールは特に無いにしても、選び方やお供えする際の向きなど、仏壇にお供え物をするにあたって知っておきたいことは様々です。一緒に見てみましょう。

お菓子のお供え物の選び方

仏壇

仏壇にお供えするお菓子としてパッとイメージできるものというと、落雁(らくがん)といった砂糖菓子でしょうか。ですが現在では、お菓子のお供え物に関しても、特に砂糖菓子でないといけないといったことにはなっていません。

落雁が定番のお供え物のお菓子の理由

そもそも仏壇のお供え物のお菓子として、どうして落雁が定番となっているのでしょうか?それは、仏様へ「昔は贅沢ものだった砂糖菓子」をお供えするという、昔の習慣の名残だからです。
昔、落雁などといった砂糖菓子は、身分の高い人しか食べられないものだったので、仏様への最上のお供え物として選ばれることが多かったんですね。

仏壇へのお供えにおすすめのお菓子

それでは、仏壇にお供えするお菓子に特に決まりはないということが分かった上で、どのようなお菓子が仏壇へのお供え物に向いているのか見てみましょう。

お仏壇にお供えするとしたら、日持ちをするものを選ぶのが良いです。例えば、おかきやお饅頭、カステラなど…。
お盆などでお供え物として菓子折りを持っていく際も、日持ちをするものが喜ばれます。

また、これは法事など親戚が集まる場面のお供え物に向いているお菓子なのですが、小分けができるものも向いています。
法事が終われば、おさがりとしてお供え物をいただくので、その際には小分けができるものの方が、後日食べることもできるのでおすすめですよ。

のしはどうすればいいの?

お供え物として菓子折りを買った場合、のし紙を付けてもらう方が多いと思います。百貨店などで購入した際は、お店の人に頼めば付けてもらうことが一般的ですが、自分で付けることもあるのではないでしょうか。
それでは、お供え物用のお菓子ののし紙は、何を使えばいいのでしょうか?

のし紙の種類としては、白黒の結びきりを使いましょう。水引の上には、「御供物」もしくは「御供」と書きます。そして、水引の下に自分の名前を書きましょう。
ちなみに、お葬式の際は薄墨で書きますが、お盆やお彼岸の場合、墨の色は普通の墨の色で大丈夫です。

ところで、法事用ののし紙には地域差があり、関西や北陸地方では黄色と白の水引が一般的となっています(地域によって初盆のみ白黒の水引を使うこともあります)。
親戚など遠方の方へのお供え物の際に気になる場合は、先方に確認してからのしを準備するのがおすすめですよ。

お金をお供えする場合は?

地域や家庭にもよりますが、仏壇へのお供え物として、お菓子などの食べ物ではなく、お金をお供えするということもあるでしょう。
一般的に初盆以外でお供え物にお金を包むことはありませんが、こちらも知っておきたい情報です。

まずは金封。お供え物用の金封には様々なものがありますが、使われるのは、「御仏(佛)前」または「御供物料」となります。
次に包む金額の相場ですが、大体3千円から5千円が相場となっています。もし、お金とお菓子の両方をお供えする場合、両方合わせて5千円くらいにおさめるのが良いでしょう。
例えば、お金は3千円で、お菓子は2千円程度といった具合です。

仏壇にお供えする際の向き

仏壇へのお供え物をする際に、気を付けたいのがその向きです。仏壇へお供えする際には、自分たちから見て正面になるようにお供えします。

お供え物に選んではダメな物

さて、仏壇へのお供え物について様々なことを紹介してきましたが、最後にお供え物を選ぶのに際して気を付けたいことを紹介したいと思います。
それは、お供え物に選んではダメなものです。

有名なのが、殺生を連想させるお肉やお魚ですね。故人が好きだったものをお供えするのが基本ですが、仏教的にこの2つは選ばない方が良いです。
その他にも、「五辛(ごしん)」と言ってニンニクやネギといった、香りや辛みが強いものも、お供え物に避けるべきものとなっています。

それ以外にも気を付けたいのが、お花です。
お供え物にお花を選ぶ際は、個人が好きだった花を選ぶのが一般的なのですが、お供えのお花としてふさわしくないのがバラといったトゲのある花です。
それ以外にも、鉢植えは「不幸が根付く」というイメージを持つので、お供え物にはふさわしくありません。気を付けたいところですね。

仏壇のお供え物まとめ

仏壇

仏壇へのお供え物のアレコレをまとめましたが、いかがだったでしょうか?
お菓子やお金など、お供え物に選ぶものは様々ですが、今回紹介したことをぜひ参考にしてくださいね。
仏壇へのお供え物には、特にルールはありません。しかし、日々の感謝などの気持ちを込めて、仏さまにお供えをしたいものですね。

「仏壇・お供え物」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「仏壇・お供え物」についてさらに知りたい方へ

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説のサムネイル画像

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?のサムネイル画像

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介のサムネイル画像

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介

仏壇のお供え物にお菓子を選ぶときのポイントとは?のサムネイル画像

仏壇のお供え物にお菓子を選ぶときのポイントとは?

お盆には何をお供えすればいい?お供えのマナーやお返しの方法も解説のサムネイル画像

お盆には何をお供えすればいい?お供えのマナーやお返しの方法も解説

お盆のお供えにふさわしいお菓子とは?お菓子の置き方についても解説のサムネイル画像

お盆のお供えにふさわしいお菓子とは?お菓子の置き方についても解説

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

お盆のお仏壇へのお供え物の選び方とは?宗派別のマナーも解説しますのサムネイル画像

お盆のお仏壇へのお供え物の選び方とは?宗派別のマナーも解説します

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説のサムネイル画像

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「仏壇・お供え物」についてさらに知りたい方へ

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説のサムネイル画像

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?のサムネイル画像

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介のサムネイル画像

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介

仏壇のお供え物にお菓子を選ぶときのポイントとは?のサムネイル画像

仏壇のお供え物にお菓子を選ぶときのポイントとは?

お盆には何をお供えすればいい?お供えのマナーやお返しの方法も解説のサムネイル画像

お盆には何をお供えすればいい?お供えのマナーやお返しの方法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと