お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?

お通夜に出席する服装にはさまざまなマナーがあります。スーツ着用時の男性の必需品となるネクタイにもマナーがあります。今回はお通夜で付けるネクタイについて詳しく紹介していきます。

目次

  1. お通夜でのマナー
  2. お通夜で付けるネクタイの色は?
  3. 仕事場から急いで駆けつける場合
  4. 葬式ではネクタイは黒がマナー
  5. 黒ネクタイはこんなとこでも買えるんです
  6. まとめ

お通夜でのマナー

葬儀

お通夜に出席する時にはさまざまなマナーがあります。喪服であったり、ブラックスーツであったり、大人としての常識ですので、しっかり押さえておきましょう。

女性の服装は?

お通夜の時の女性の服装は、喪服またはブラックスーツとなっています。ミニスカートはNGで、スカートの場合はストッキングを着用し、メイクは控えめにしておきましょう。
アクセサリーを付ける場合はパールのネックレスが良いでしょう。つけなくても問題ありません。結婚指輪はつけておいても大丈夫ですが、それ以外の指輪は控えましょう。ピアス、イヤリングも控えて下さい。

男性の服装は?

お通夜の時の男性の服装は喪服またはブラックスーツです。ブラックスーツでの出席が多いようです。またグレーなどのスーツでもお通夜の場合はOKとなっています。また中に着るシャツは白シャツで出席しましょう。柄やカラーシャツはNGとなっています。
男性の場合アクセサリーは、結婚指輪のみにしておきましょう。腕時計をつけるならシンプルなものにして下さい。男性もピアス、イヤリングは控えて下さい。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

お通夜で付けるネクタイの色は?

男性の場合ネクタイは必須です。ネクタイがないのでネクタイを付けずに出るなんて失礼なことは辞めておきましょう。

ネクタイの色は黒がマナー

お通夜に出席する際、ネクタイの色は黒がマナーとなっています。喪服やブラックスーツを購入する時に黒いネクタイを一緒に購入しておけばよいでしょう。社会人になったら黒いネクタイを1本は持つようにしておきましょう。

ネクタイピンはお通夜ではNG

お通夜では、光るものなどは避けなければなりません。そのためネクタイピンが付けないようにしましょう。

仕事場から急いで駆けつける場合

お通夜は急に連絡がいくことが多いです。そのため職場から急いで駆けつけるということもありますよね。仕事でスーツを着ている方はそのまま出席させると思います。しかし問題はネクタイですよね。なかなか職場で黒のネクタイをするという方は少ないのではないでしょうか?
お通夜の場合は黒いネクタイがマナーではありますが、絶対ではありません。ですが派手な色は避けるようにしましょう。

黒以外にOKなネクタイは?

紺や青色のネクタイであれば問題ないでしょう。また急遽駆けつける場合は、派手でなければ柄が少し入っているネクタイでも大丈夫です。

黒いネクタイを常に持ち歩けば安心

普段から赤やピンクなど派手な色のネクタイを付けるという人もいるでしょう。赤やピンクはお通夜ではさすがにNGです。常に使うかばんや車などに黒いネクタイを用意しておくと良いですね。
仕事柄、お通夜への出席が多いという方もいるかと思います。そのような方はブラックスーツも常に用意しておくと良いですね。
車で通勤する方は車に、会社にロッカーなどがある方はロッカーに入れて置いても良いのではないでしょうか。

葬式ではネクタイは黒がマナー

お通夜では黒でなくても暗い色であれば大丈夫ですと紹介しましたが、お葬式では違います。お葬式では黒いネクタイが絶対です。黒いネクタイを持っていないという方は買いに行きましょう。
スーツの専門店でなくても黒いネクタイはさまざまな場所で売られています。100円ショップでも販売されているんですよ。

黒ネクタイはこんなとこでも買えるんです

お通夜やお葬式で使用できる黒ネクタイ、意外と持っていない人もいますよね。そんな方は急に必要になった時に黒ネクタイを購入できる場所を紹介していきます。

コンビニで買える!

ネクタイをはじめ、数珠やハンカチ、黒ソックスなどお通夜や葬儀で必要な小物類はコンビニでも販売されています。しかし店舗によってはない場合もあるので気を付けましょう。
セブンイレブンでは黒いネクタイが販売されていることが多く、ファミリーマートでは黒ネクタイ以外に柄入りのネクタイも販売されているそうです。無印良品の商品を取り扱うファミリーマートでは販売されていることが多いので、これらのコンビニを探してみると良いですね。

気になる値段は?

コンビニで販売されているネクタイは、1,500円前後となっています。急に必要になった時に安く購入できるのが嬉しいですね。急なお通夜の時、ネクタイなどの小物はコンビニで購入できるということを覚えて置くだけで安心しますよね。

駅のキオスクでも

駅の構内にあるキオスクでも、黒ネクタイが販売されています。またキオスクでは数珠を販売していることもありますので、駅を利用されている方はチェックしてみてはいかがでしょう。

葬儀場でも買える!?

実は葬儀場の売店などに黒ネクタイが販売されていることがあるんです。もし近くにコンビニがない場合などは葬儀場に一度問い合わせてみるといいかもしれません。

まとめ

葬儀

いかがでしたか?お通夜では知っておかなければならないマナーがたくさんあります。お通夜やお葬式では黒いネクタイが良いということを覚えて置きましょう。もし急な連絡で黒いネクタイを準備できない時でも販売されている場所を知っておけば安心ですね。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「通夜・ネクタイ」に関連する記事

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

    これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

    急な訃報でお通夜に参列することになった時、あれ?お通夜ってどんな服装で行けばいいの?と焦る方も多いと思います。告別式は喪服だけどお通夜は…?と不安な方に、お通夜の服装についてご紹介。マナーを知っておけば、もしもの時でも大丈夫!

  • お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

    お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

    お通夜の格好にはさまざまなマナーがあります。大人は喪服やブラックフォーマルと分かりますが、子供や赤ちゃんの格好ってどうすればいいのか知っていますか?今回は大人はもちろん子供の通夜の格好も紹介していきます。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつけるとき、格好と持ち物が気になります。お葬式ももちろんですが、お通夜での格好も、意外と人から厳しく見られているものです。恥ずかしくない格好で行けるように準備しましょう。

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのような物を指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

  • 葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

    葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

  • 13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説のサムネイル画像

    13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説

    13回忌法要に参加する際、ネクタイはどんなものを選びますか?13回忌は亡くなって10年以上経過した法要ですので、平服で参加するよう言われることがあります。しかし、失礼があってはいけませんよね。記事では、色や素材、柄など失礼のないネクタイの選び方を解説します。

  • 一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介します

    故人が亡くなって1年目には一周忌法要を行うため、その服装を用意する必要がありますよね。では、一周忌法要にはどのような服装やネクタイをすればいいのでしょうか?今回は、一周忌の服装やネクタイについてと色や柄、他の法事の服装も紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

    7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

    冠婚葬祭ごとで服装は重要な要素ですが、中でもネクタイは比較的人目に付きやすい部分です。特に葬儀などの弔事では黒を着用するのが常識とされていますが、故人没後6年で行う7回忌の場合はどうすればよいのでしょうか。この機会に7回忌に適切なネクタイを見ていきましょう。

  • 四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

    四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

    四十九日は故人の死後の行き先を決める特別な法要です。その際の服装(ネクタイや服)について、知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか?今回終活ねっとでは、四十九日のネクタイについてピックアップし解説させていただきますので、ぜひ、最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説のサムネイル画像

13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説

一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介しますのサムネイル画像

一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介します

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「通夜・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと