カトリックの葬儀についてご紹介します!プロテスタントとの違いは?

キリスト教式の葬儀に馴染みがない、という方も多いはず。キリスト教の中でも、カトリックとプロテスタントでは葬儀の流れが異なります。この記事では、一般的なカトリックの葬儀についてご紹介します。

目次

  1. カトリックの葬儀について
  2. カトリックの葬儀の流れ
  3. カトリックの告別式
  4. お花料のマナー
  5. 葬儀の後
  6. いかがでしたか?

カトリックの葬儀について

cross

キリスト教には、大別してカトリックとプロテスタントの2つの宗派があります。同じキリスト教でも、この2つの考え方は大きく違います。
カトリックの葬儀では、生前の故人の罪を神に詫びて許しを請い、永遠の命・復活のために故人に対して祈りを捧げます。
一方、プロテスタントにおける死は安らぎを得るもの。故人ではなく、神に対して感謝と祈りを捧げ、遺族を慰めるのが目的になっています。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

カトリックの葬儀の流れ

grave

このように、カトリックとプロテスタントでは葬儀の意味合いが異なります。
そのため、葬儀の流れにも違いがあります。
ここでは、一般的なカトリックの葬儀の流れをご紹介します。

カトリックのお通夜について

本来、キリスト教にお通夜の習慣はありません。
ですが、日本独自でキリスト教式のお通夜が行われる場合があります。
また、カトリックではお通夜のことを「通夜の祈り」と呼び、教会や自宅、斎場で執り行われます。

出棺式

カトリックでは、故人の所属していた教会で葬儀を行うのが一般的です。
一旦自宅に安置した遺体を、教会へ葬儀に向かうことを出棺といいます。
普通、出棺式は神父と遺族・親族のみで行われ、参列者は教会で待ちます。

入堂式

まず、聖歌演奏と共に、十字架を先頭にして神父が入堂します。この時、参列者は起立します。
棺は一旦入り口で安置され、聖水と祈りを捧げられる場合もあります。
その後、祭壇に遺体の足が向けられるように安置され、棺の上には花で飾られた十字架・6本の燭台・花などが飾られます。

開式の辞

神父と参列者が祈りの言葉を唱えた後、祭壇と棺に聖水を注ぎ、献香します。
その後、入祭の言葉を述べて葬儀の開祭を伝えます。

ミサ聖祭式と聖体拝領

カトリックで最も重要視されている儀式です。
言葉の典礼では、神父による聖書の朗読・説教がされ、参列者全員で祈りを捧げます。
感謝の典礼では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げるという聖体拝領という儀式が行われますが、カトリック信者ではない参列者は儀式を見守ります。

赦祈式(しゃとうしき)

故人の生前の罪について神に赦しを請う儀式です。
祭服を着替えた神父が再度入堂し、聖歌斉唱の後、神父と侍者の手によって故人の罪が清められます。
最後に神父の祈祷があり、参列者たちが聖歌を斉唱して葬儀が終わります。

カトリックの告別式

本来、カトリックには告別式の習慣はありません。
ですが、日本では一般的な葬儀を模したカトリックの告別式が行われることが多いです。
また、葬儀と告別式を一緒に行うプロテスタントと違い、告別式を別に行うのがカトリックの特徴です。

入堂と聖歌斉唱

葬儀と同じように、神父の入堂から始まります。
その後、参列者全員で聖歌を斉唱し、告別式が開式されます。

弔辞・弔電の紹介

告別式は司会者によって進行されます。
故人の略歴を紹介したあと、弔電の朗読、遺族の代表挨拶など、日本の一般的な告別式と相違ありません。

献花

キリスト教における献花は、一般的な葬儀における焼香を同じものです。
献花に使われるのは、白い菊やカーネーションです。喪主から始まり、遺族・親族の次に、一般参列者の順番で献花を行います。
献花の後、全員で聖歌を斉唱して告別式が終了します。

お花料のマナー

dollar

キリスト教には香典という作法がありません。
そのため、お金を手渡す場合には献花費としてお花料と書いて贈ります。
包む金額は、故人との関係やご自身の年齢によって異なります。

お花料の金額

自身のご両親の場合、5~10万円。兄弟姉妹、またはその配偶者は3~5万円。
祖父母や叔父・叔母・従兄弟・甥・姪の場合は1万~3万円。
ご近所や会社・ご友人関係であれば3,000~1万円が一般的です。

御花料の包み方

御花料は、ユリの花や十字架の描かれたのし袋、または白無地の封筒に包みます。
表書きには、フルネームと「御花料」と記載し、葬儀の受付の際に係の方に手渡します。
また、一般的な葬儀における香典返しは、亡くなった日の30日目にあたる追悼ミサで行われるのが通例です。

葬儀の後

カトリックの埋葬方法は土葬が主ですが、日本では禁じている自治体が多いため、火葬が一般的です。
葬儀の後に棺を火葬場に移し、火葬炉の前で聖歌斉唱・神父の祈りが行われます。
また、カトリックには仏教の作法である「骨上げ」「箸渡し」が無いので、それぞれの人が骨を箸で拾い、骨壷に収めます。

追悼ミサ

カトリックでは、亡くなった日から3・7・30日目にと毎年の命日に追悼ミサが行われます。
神父、遺族が教会や自宅に集まり、聖歌斉唱と祈りを捧げ、簡単な会食が開かれます。
また、火葬後の遺骨は一旦持ち帰り、追悼ミサの際に改めて納骨することが多いようです。

いかがでしたか?

カトリックの葬儀について詳しくご紹介しました。
馴染みがなく、難しいと感じる方も多いかもしれません。
ですが、一般の参列者は上記の大体の内容を把握し、周りの作法に合わせていれば問題なく参列できるはずです。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「カトリック・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「カトリック・葬儀」についてさらに知りたい方へ

キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説のサムネイル画像

キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説

キリスト教の葬儀の流れを解説!宗派による違いや服装マナーもご紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れを解説!宗派による違いや服装マナーもご紹介

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説のサムネイル画像

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

キリスト教の葬儀の通夜って?仏教式とはだいぶ違う事情のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の通夜って?仏教式とはだいぶ違う事情

カトリックの方でも樹木葬はできる?カトリックの樹木葬を徹底解説!のサムネイル画像

カトリックの方でも樹木葬はできる?カトリックの樹木葬を徹底解説!

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法のサムネイル画像

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

キリスト教の納骨式 流れ・服装・費用・マナーを覚えて安心の式をのサムネイル画像

キリスト教の納骨式 流れ・服装・費用・マナーを覚えて安心の式を

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「カトリック・葬儀」についてさらに知りたい方へ

キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説のサムネイル画像

キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説

キリスト教の葬儀の流れを解説!宗派による違いや服装マナーもご紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れを解説!宗派による違いや服装マナーもご紹介

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説のサムネイル画像

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

キリスト教の葬儀の通夜って?仏教式とはだいぶ違う事情のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の通夜って?仏教式とはだいぶ違う事情

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと