正しい作法は1回のみ!日蓮宗におけるお焼香のやり方のまとめ

お焼香のやり方は宗派によって違います。では、日蓮宗の信徒ならお焼香の正しい作法は?同じ仏教でも宗派によって考えに違いがあり、葬儀のやり方も少しづつ違います。そしてお焼香のやり方にも違いがあります。ここでは、日蓮宗のお焼香について解説します。

目次

  1. 日蓮宗とは
  2. お焼香とは
  3. 日蓮宗のお焼香のやり方
  4. ここをチェック
  5. まとめ

日蓮宗とは

法華経の教え

日蓮宗は、鎌倉時代中期に活躍した日蓮聖人によって開かれた宗派です。日蓮聖人は、幾つもあるお経の中でも、初期の大乗仏教経典の1つの法華経を釈迦の正しい教えと考えました。そして、日蓮宗では「南無妙法蓮華経」を唱えることを重視しています。

日蓮聖人とは

では日蓮宗を開いた日蓮聖人とは、どんな人物だったのでしょうか。日蓮聖人は、鎌倉時代の貞応元年(1222年)に今の千葉県で生まれました。そして12才で修行のためお寺に入り、若いころに比叡山などに遊学しました。日蓮と名を改め、「南無妙法蓮華経」を唱える教えをため、鎌倉で辻説法を始めたのは32才のころです。

日蓮聖人のドラマ

鎌倉時代の困難な時期に、寺社の旧勢力や民衆を顧みない幕府の弾圧の中、日蓮聖人は不屈の精神で布教を行いました。その姿は、小説にもなっています。ぜひ、それらにも興味を持って読んでみてはいかがでしょうか。

大佛次郎著の「日蓮」

時代小説を多数執筆している大佛次郎の小説です、1988年出版の本なので、新刊での入手は難しいかもしれません。

山岡荘八 「日蓮」

同じく時代小説た多数執筆している山岡荘八の小説です。こちらも1987年に出版された本なので、新刊は数が少ないでしょう。

現代の日蓮宗

現在、日蓮宗は宗教法人・日蓮宗として1つの宗派にまとまっており、身延山久遠寺が本山となっています。そして、所属するお寺の数は5000を越えており、山梨県を中心に日本全国に広がっています。

お焼香とは

葬儀の重要な作法

お焼香は、仏教では宗派を問わず葬儀の参列者が行う重要な作法です。そのため、やり方がよく分らないからといって、おろそかにはできません。昔からお香のかおりには身を清める効果があるとされてきました。また、亡くなった方はお香のかおりを食事の代わりに頂くとも言われており、香りを仏に捧げる行為ともなります。

古代インド由来の風習

仏教はインドで生まれた宗教で、中国を経て日本に伝えられました。熱帯に近い暑い国でもあるインドでは、人が亡くなったら腐敗が進みやすく、その死臭を消すために昔からお香が用いられていたそうです。そして、その葬儀にお香を使う習慣が仏教とともに日本に伝わりました。今ではお焼香は、葬儀の重要な行為となっています。

お線香もお焼香の一種

お線香は、お焼香を簡略化したものとして、日本では江戸時代に一般に広まりました。亡くなった方に香りを捧げるのに、お線香を使えば手軽にできます。また、お寺が近くに無いなどで、自宅で通夜を行う場合などには、お焼香の代わりにお線香で代用することもあるそうです。


お焼香用の香炉や、お香は仏壇のお店などでも買うことができます。そのため、自宅で毎日お焼香をして仏壇でお祈りすることも可能ですが、たいへん手間がかかります。その点、お線香は手軽に亡くなった方に、香りを捧げることができます。

日蓮宗のお焼香のやり方

やり方は宗派によって違う

日蓮宗に限らずお葬式では注意すべきマナーいくつかありますが、お焼香もその1つです。そのため、ネットを検索すると、お焼香のやり方を説明する記事がたくさんヒットします。さらに、地方によってやり方が違ったりするし、住職の指示などでも標準的なやり方とは違った作法になったりします。

自分の宗派のやり方が正しい

では正しい焼香の作法とは、どうすればいいのでしょうか。実は、自分の家の宗派のやり方で行うのが正しいマナーです。そのため、違う宗派のお寺で呼ばれていったからと言って、そのお寺のやり方を行う必要はありません。自宅が日蓮宗のお寺の檀家なら、日蓮宗の作法を行えばいいのです。

日蓮宗は1回が基本

日蓮宗のお焼香のやり方は1回が基本です。順を追って解説します。


(1) 焼香台の前に立ったら、まず合掌し一例します。

(2) 右手の親指と人差し指でお香を軽くつまみ、静かに高炉内の火種にくべます。
  この時、お香を額にもってくる動作は不要です。

(3) 再び合掌し、一礼して席に戻ります。


なお、日蓮宗では住職などのお坊さんは3回焼香を行いますが、一般の参列者は1回です。お坊さんを真似して
3回やらないように気をつけましょう。

ここをチェック

詳しくはWebで

日蓮宗のお焼香のやり方は、Webで丁寧に解説しています。他にも仏事に関するQ&Aがまとまっているので法事に呼ばれたら、しっかりチェックしてマナーをきちんと守りましょう。

お焼香の回数は、宗派や地方によって異なります。
そのため、一概には言えませんが、日蓮宗では導師は3回、一般参列者は1回とされています。

住職に聞くのが一番

お焼香のやり方が解らない場合は、事前に、お寺の住職に伺っておくのがベストです。ネットで紹介された作法があったとしても、地方によっては作法が違うかもしれません。日ごろから住職を親しくなって、なじみのない仏事について、気軽に教えてもらえる関係を築けたらいいですね。

こんな本もあります

日蓮宗の僧侶たちが尋ねられることや、檀家の信者の方々に知ってほしいと思うことをQ&A形式にまとめた本です。手元に置いて見れる本の方が使いやすい、という方におすすめです。

まとめ

日蓮宗のお焼香のやり方についてのまとめでしたが、いかがだったでしょうか。日蓮宗は、1回が基本で、額に押しいただく行為もやりません。お焼香は、亡くなった方のことを思って行う作法です。ぜひ、丹念にお焼香してあげてください。

「日蓮宗・焼香」に関連する記事

「日蓮宗・焼香」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「日蓮宗・焼香」についてさらに知りたい方へ

仏壇の前で毎日やっても問題なし!焼香の意味を解説しますのサムネイル画像

仏壇の前で毎日やっても問題なし!焼香の意味を解説します

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?のサムネイル画像

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたしますのサムネイル画像

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたします

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由のサムネイル画像

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由

楽器で演奏!?日蓮宗の葬儀についてご紹介します。のサムネイル画像

楽器で演奏!?日蓮宗の葬儀についてご紹介します。

正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめのサムネイル画像

正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめ

日蓮宗のお墓にはどんな特徴がある?オススメの墓地・霊園なども紹介のサムネイル画像

日蓮宗のお墓にはどんな特徴がある?オススメの墓地・霊園なども紹介

宗派によってお焼香の回数は違いがあるの?!のサムネイル画像

宗派によってお焼香の回数は違いがあるの?!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「日蓮宗・焼香」についてさらに知りたい方へ

仏壇の前で毎日やっても問題なし!焼香の意味を解説しますのサムネイル画像

仏壇の前で毎日やっても問題なし!焼香の意味を解説します

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?のサムネイル画像

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたしますのサムネイル画像

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたします

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと