日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

葬式での日本の火葬率は99%を超えると言われています。今や当然のように行われている火葬。しかし海外の葬式では土葬をする国もたくさんあります。なぜ日本では火葬が多いのでしょうか?その理由を探ります。

火葬とは?

火葬とは、葬式の際に葬送する方法として遺体を焼却することを言います。現在、日本での火葬の割合は99%を超えています。しかし欧米では土葬が主流という国も多くあるのです。ではなぜ日本では火葬という方法が広まったのでしょうか?時代と共に変化してきた埋葬方法について探っていきたいと思います。

葬式における埋葬方法の変化

土葬 イラスト

明治以降、土葬から火葬へと変化した埋葬方法

明治初期までは土葬が主流?

今では葬式と言えば火葬が主流となっていますが、明治初期まではそうでもありませんでした。遺体を燃やしたり傷つけたりすることが罪であるという考えが多く、土葬が主流だったようです。それに、火葬にはかなりの時間と燃料が必要でした。そのため、明治初期までの火葬率は10%にも満たなかったと言われています。

火葬に変化した経緯

葬式の主流が火葬に変化し始めたのは、仏教が広まりが影響していたと言われています。なぜなら、仏教の開祖である釈迦は火葬によって葬られていたからです。その影響により、日本でもだんだんと火葬が増えてきたと考えられています。

日本で記録に残っている初めての火葬は、続日本書紀に登場します。道昭という僧が火葬されたことが記されています。どんな身分の人も亡くなってしまえば皆同じで、骨となるだけだということを示したかったと言われています。

また、古墳の中にもかまどが設置されていたという記録もあります。このように時代の流れと共に、少しずつ土葬から火葬へと変化していったようですね。

明治以降はどうなったか

時代の流れとしては火葬が主流になりつつありましたが、明治6年には「火葬禁止令」が出されています。火葬による煙や臭気も問題となっていたようです。

しかし土葬となると必要とする土地の面積も広くなります。事前に土地に関しての調査は行っていたようですが、これがあいまいだったのかすぐに土葬する土地が足りなくなってしまいます。葬式を行っても埋葬するのを拒否する業者が現れたり、葬式費用が高騰する事態となりました。

そのため、「火葬禁止令」はわずか674日で廃止されてしまいます。2年で土地が足りなくなってしまうなんて、いったいどのような調査を行ったのでしょうね…。そして再び火葬が主流となっていったのです。

火葬は法律で決まっているのか

先述したように、現在の葬式では火葬が主流ですが、法律で火葬でなければならないと決まっているわけではないのです。しかし、場所の確保や衛生面などを理由に制限をかけている自治体はあるようです。特に都市部では土地の確保が難しいため、細かく決まりを作っています。

土葬をしてはいけないという法律はありませんが、様々な理由から実際のところは難しいようですね。また、宗教上の理由で土葬を認めている霊園もあるようです。

葬式後の火葬の流れ

火葬場

葬式後の火葬の手順

葬式後の火葬に必要なもの

通夜、葬式、告別式を終えると遺体の火葬に入ります。この時火葬するには区や市町村が発行している埋火葬許可証が必要となります。埋火葬許可証は死亡届を出すと発行してもらえます。遺骨の引き渡しの際にも、火葬場の証明印が押されたものが必要となります。

火葬中の空いた時間は何をするのか

所要時間は1〜2時間ですので、その間は控え室で待つことになります。飲食物を持ち込んでもよい火葬場がほとんどなので、遺族は葬式後に火葬場に来ていただいた人を接待したり話をして過ごします。時々様子を見に行き、火葬炉の前の線香を取り替えたりもするとよいですね。

骨上げの儀式の順番

火葬が終わると、係の人の指示に従い骨上げの儀式が行われます。足から頭に向かい、順番に骨を骨壷に納めていきます。一番最後に亡くなった人と縁の深かった遺族が喉の骨を納めます。これが骨上げの儀式です。

このような儀式があるためか、日本の火葬技術はとても優れていると言われています。他の国での火葬は、火力が強すぎたりして遺骨が綺麗に残らないことも多くあるのです。

欧米で今でも土葬が多い理由

キリスト教 霊園

欧米では火葬しない?

土葬の理由

欧米で土葬が多いのは、宗教上の理由が大きく関係していると言えます。例えばキリスト教では亡くなった人は死後に復活するとされています。死ぬことは「終わり」ではないのです。イスラム教では身体を故意に失ってしまうことは禁忌であるとされています。これらの理由から、遺体を燃やさずに生きていたままの状態で保存(埋葬)するのがよいと考えられているのです。

土葬の際に行われる処置

現在、土葬の際には遺体にエンバーミングという処置を施します。消毒や保存処理をし、長期保存できるようにするのです。具体的には遺体から血液を抜き、防腐剤を入れて腐らないように加工することです。傷みや破損が激しい場合は修復することもあります。

このようにして、土葬される遺体には綺麗な状態で長期保存できるような処置がされているのです。日本語では遺体衛生保全といい、遺体から感染症が蔓延するのを防ぐ働きもしています。

土葬から火葬への動き

先述したように、宗教的な理由から土葬が多い欧米ですが2000年代には少しずつ火葬が増えてきています。米国では半数以上を占めている州もあるようです。土葬には高い費用が必要になる他、家族のいる場所から離れた所で亡くなった人は葬式をする家に帰省するまでに時間がかかることなどが理由です。

また、散骨という方法が増えていることも、火葬が増えていることと繋がっているのです。生前に亡くなった人が好きだった場所や思い出の場所に遺灰を撒くのです。

葬式で火葬が多い理由まとめ

いかがでしたか?日本や最近の欧米で火葬が多く選ばれている理由を見てきました。日本では法律で禁止されていなくても、土地の問題や衛生面の問題から自治体などが規制をかけている場合が多いです。そうは言っても、日本の火葬の歴史はほんの70年程度なのです。国の発展の中で狭い土地を上手に利用しようとした工夫なのかもしれませんね。

しかし世界の中には様々な宗教や考え方があります。遺体を焼くなんてご法度だという人もいるのです。あと何年かすれば、世界の葬式や埋葬の様子ももっともっと変化してくるのかもしれませんね。

関連する記事

これらの記事も合わせて読んでください

ランキング

よく読まれている記事です

この記事の執筆者

終活ラボ|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト