喪服のブラウスも黒を選ぶべき?レースやフリルは大丈夫?

女性の喪服はブラウスが付属しないスーツタイプのものが多いです。そういう喪服の場合、ブラウスを別に用意しないといけません。喪服のブラウスはレース装飾や白色のブラウスが許される場合もあります。それは、どんなときでしょうか。

目次

  1. 女性は喪服のブラウスも慎重に
  2. 喪服のブラウスは白色でも?
  3. 喪服のブラウスはレース付でも大丈夫?
  4. 喪服の冬の防寒対策は?
  5. 喪服のブラウスのまとめ

女性は喪服のブラウスも慎重に

葬儀

女性の喪服はワンピースタイプ、スカートタイプ、パンツタイプがあり、袖やスカート丈の長さ、ジャケットのデザインなども豊富で、選ぶ楽しさがある反面、マナーも気になるし、周囲にも厳しい目で観察されてしまうものです。
特に、ブラウスが付属しないスカートやパンツのスーツの喪服の場合、ブラウスをどう選ぶべきか、悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。

喪服とひと口にいっても、着るのが葬儀なのか一周忌なのかでブラウスの選び方も変わってきますし、また、あなたが親族なのか一般参列者なのかでも変わってきます。
今回は、シーンに応じた喪服に合わせるブラウスの選び方を紹介します。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

喪服のブラウスは白色でも?

「男性の喪服のシャツが白だから、女性も白いブラウスでいい」なんてことはありません。白いブラウスが許されるシーンもあるにはあるのですが、基本は黒です。

喪服には格がある

喪服には、正喪服、準喪服、略喪服の3種類があります。

正喪服

最も格の高い正喪服は、喪主や故人に近しい親族が葬儀で着る喪服です。流行に左右されないシンプルなデザインで、パンツルックはなく、スカートやワンピースの丈が喪服の中でも長めになっている点、首元が詰まっている点が特徴です。喪主や喪主の妻は足首まで隠れる丈を着ます。

準喪服

喪主や親族が四十九日や一周忌などの法要で着るほか、一般の参列者が葬儀で着用する喪服です。近年は簡単な葬儀が好まれる傾向にあり、喪主や遺族が葬儀で着る場合もあります。
正喪服に準じたものですが、部分的にフリルやリボン、ベルトなどの装飾が付いており、スカート丈も膝下くらいで正喪服より短めで、首元がすっきりしたデザインです。パンツスーツもあります。

略喪服

略喪服は、喪服売り場に並んでいる喪服とは異なります。亡くなった知らせを受けて急に駆けつけるようなときや、三周忌以降の法要で着る服で、黒の他、茶や灰、紺などの濃い色も可です。若い女性はビジネススーツ、ミセスは慶弔兼用のスーツを着る人が多いです。
「平服でお越しください」と書かれたお別れ会の案内を受け取った場合にも、普段着ではなく略喪服で行くのがマナーとされます。

シーン別ブラウスの色選び

紹介した3つの喪服のうち、女性の正喪服と準喪服は黒一色で、ブラウスも黒を選びます。
略喪服の場合は、黒いブラウスでも構いませんし、黒っぽい落ち着いた色のブラウスか白のブラウスでも大丈夫です。略喪服に合わせるブラウスも、きちんとした印象のものを選び、柄やノースリーブを避けましょう。

喪服のブラウスはレース付でも大丈夫?

喪服用のブラウスを探していると、レースやフリルのついたものが多く販売されています。マナー的にはどうなのでしょうか。

レース付でいい場合・ダメな場合

レース付の喪服がいいかどうかも、式の種類と参列者の立場で決まります。

準喪服・略喪服

近年は遺族も準喪服を着る葬儀が多いです。準喪服は正喪服とは異なり、多少のおしゃれは許されます。黒一色でツヤのない生地のブラウスであれば、レースやフリルなどがついていても構いません。合わせるジャケットのデザインとのバランスを見ながら、華やかにならない範囲で好きなデザインを選んでください。

正喪服

しかし、あなたが故人に近い関係で、喪主が厳格に葬儀を行いたい意向であるならば、それに従わなければいけません。正喪服には装飾のない黒いブラウスを合わせましょう。首が詰まったデザインを選ぶのもポイントです。

ブラウスで気をつけることは?

喪服に合わせるブラウスで避けるべきものを紹介します。

ノースリーブ

「ジャケットを絶対に脱がない」というのであれば別ですが、夏場にそのブラウスを喪服として着るなら、ノースリーブを選ぶべきではありません。袖の長さは、正喪服なら長袖、準喪服・略喪服なら五分袖以上が目安です。

光沢のある生地

ツヤっぽい生地は華やかな印象になるため、たとえブラウスでも喪服には相応しくありません。

下着の透け

喪服に限った話ではありませんが、マナーを厳しく見られる葬式の場で下着が透けていると、陰で噂されてしまうかもしれません。特に、レースのブラウスを着る方、白いブラウスを着る方は、下着が透けないかよく確認してから家を出ましょう。

喪服の冬の防寒対策は?

喪服はそれなりの値段がするものですし、頻繁に着るものでもないので、オールシーズン着られるものを選ぶ人が多いです。そういう喪服は、夏は上着を脱いで調節できますが、冬は寒いですよね。防寒対策を紹介します。

下着とセーター

ブラウスの代わりにセーターを着て行くという意味ではありません。ブラウスの下に、発熱素材の長袖シャツを着たり、薄手のセーターを仕込んだりすると、寒さが和らぎます。下に着るものは首の開いたものを選び、他人にわからないようにしましょう。

コート

コートは受付に預けることも可能なので、よほどカジュアルだったり派手だったりするもの以外は、喪服に合わせて着て行くことができます。ウール素材の長めの丈なら、きちんと見えるし温かいのでおすすめです。

喪服のブラウスのまとめ

いかがでしたか?喪服に合わせるブラウス選びについて紹介しました。
式の種類や遺族の意向、参列者の立場によって、それにふさわしい喪服やブラウスが変わってきます。葬儀や法要では、多くの人が周囲の服装マナーをじっくり見ているものです。恥ずかしくないように服装を整えましょう。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「喪服・ブラウス」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服・ブラウス」についてさらに知りたい方へ

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えますのサムネイル画像

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えます

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!のサムネイル画像

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「喪服・ブラウス」についてさらに知りたい方へ

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと