線香立てはセンス次第で おしゃれで素敵に演出もできる

以前の線香立ては筒状のもので、仏壇にあるイメージが強かったと思います。香道はおしゃれというよりシンプルな香炉を使う機会が多かったですよね。最近はアロマセラピーなど趣味での使用が増えてきました。線香立ても可愛らしくおしゃれに飾ると気分も変わるし癒されますね。

目次

  1. 線香立てに見るデザインはおしゃれに
  2. 昔と今の線香立て、目的は同じでも
  3. 線香立てには陶器も木製もおしゃれ
  4. 線香立ては横置きのものもおしゃれ
  5. 線香立ては灰の処理も忘れずに
  6. 線香立ての燃えた後、網ですくうと楽
  7. 線香立てや網は安価のダイソーでおしゃれに
  8. まとめ

線香立てに見るデザインはおしゃれに

昔と今の線香立て、目的は同じでも

お墓

昔は線香立てというと、仏壇や仏様に関してお供えをするための線香が主役でした。

今でも線香の香り、煙をうまく仏様へと送りやすくなるために線香を立てる陶器状や金属類の仏具があります。

同時に香炉といった器状に香りのするお香を入れて、禅などの宗教上の意味合いで使用されたり、ワビサビなど香道での趣味の1つとして取り上げられていたお香があります。

が、線香立てはほぼまっすぐに煙が上がるための補助として、固定させるものが線香立てといった役割を果たしています。最近ではいろいろとおしゃれなデザインの線香立てもあります。

また火を使用するため、他のものが燃える事がないための目的もあります。
おしゃればかりを追求もできませんが、シンプルなのが好きな方はもちろんシンプルで飾っていいでしょう。

線香立てには陶器も木製もおしゃれ

最近では心身を癒すためのアロマの香りのお香を立てるためのおしゃれなデザイン性にとんだお香立て、線香立てなどがどんどん出てきています。

動物型の陶器でできた線香立て、アジア風の竹や木製でできたデザイン性にとんだ線香立て、横置きにおける線香立など以前のまっすぐに立てるものだけではないことに驚かされます。

他には皿状のもの、グラス状のものからデザインがとてもユニークなものまであります。
おしゃれなものもありますので、お好きなものを選べるといいでしょう。

線香立ては横置きのものもおしゃれ

お墓

横置きの線香立ても風流ですね。昔は宗教的な要素が強く、仏様にはお線香、お線香には線香立て、それも縦置きのものが主流だったように思います。

今でこそファッションの1つに見えるおしゃれなアロマセラピーや趣味、香道を楽しむ方も増えましたが、横置きのものは床との距離が近くなることもあって見方も違って見えます。

横向きの線香立てと縦長の線香立て、どちらがおしゃれか?というとまず皆が横向きというかもしれません。

どちらも煙が出て灰が出るのに変わりはないのですが、見栄えがおしゃれに見えるほうを選んでしまうかもしれませんね。

手作りの線香立てや、ハンドメイドの線香立ても最近ではよく見られるようになりました。味が出ますし、おしゃれにも感じます。

ハンドメイドの線香立ては個性も出ますし、デザインによってはおしゃれにもシンプルにも演出することが可能です。

線香立ては灰の処理も忘れずに

困った人々

線香は火をつけて燃えます。その後、線香立てには燃えた灰が残ります。

線香が燃えると高温となりますので、燃えた灰が火を伴ったままで飛び散らないようにしないとなりません。

基本的に線香は上から下まで燃えるタイプのものが多いです。

線香立ても縦のものばかりとは言えません。横向きの線香立てもいくらおしゃれでも灰はたまります。

最近のアロマ効果を持つような趣味に使用されるタイプのお香は手を持つ部分までは燃えないようにしてある、おしゃれな工夫もされています。

線香立てはどんなものでもいいのでは?と思いますよね。

しかしデザインの優れたおしゃれな線香立てもシンプルなものでも、線香が燃えたら灰が残り、線香の残りがたまります。

線香立ての燃えた後、網ですくうと楽

お墓

線香を立てる部分、それでも線香立ては下に差す部分が残ってしまいますね。

一度や二度ではなく、宗教上の儀式や仏壇、アロマを趣味としている場合など、線香立ての使用頻度は高いでしょう。おしゃれなものといっても儀式や仏壇などではシンプルに。

燃えた後の線香は、灰の部分に埋もれているでしょう。これがたまってしまうと、そのままでは次にさす場所がなくなって行来ます。

特に仏壇や毎日使用する趣味、仕事上でのリラックスタイムなどに使用する場合などはこまめに掃除をすることをおすすめします。

網のおしゃれなもの、デザインに富んだものも多く販売されています。なので逆にどれを購入しようか迷ってしまうかもしれません。

以前は私も割りばしなどで1本1本取り除いて行きましたが、結構これが面倒となります。最近では網などもお店で販売していますので購入するといいでしょう。

線香立てや網は安価のダイソーでおしゃれに

可愛らしいデザインの陶器や木製などのおしゃれな線香立ては100円ショップなどで有名なダイソーなどでも販売しています。

特にダイソーは種類も豊富ですし、色やバリエーションも豊富なおしゃれデザインの線香立てがいっぱい見つかるでしょう。

灰の中の線香を取り除くのにも便利な網もダイソーで販売しているため、両方を購入しておくといいですね。

まとめ

お墓

いかがだったでしょうか?線香立ては人それぞれのセンスによってもおしゃれといえるものは
違います。が、シンプルでもおしゃれにでも演出ができるのが線香立てです。

ネットショップで選ぶのでもいいですし、お店で心行くまで選んでみるといいでしょう。

「線香立て・おしゃれ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「線香立て・おしゃれ」についてさらに知りたい方へ

お墓の線香立ての選び方はどうするの?種類や掃除方法を紹介!のサムネイル画像

お墓の線香立ての選び方はどうするの?種類や掃除方法を紹介!

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!のサムネイル画像

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のことのサムネイル画像

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のこと

葬儀での線香の意味・手順とは?本数の違いや送る際の注意点ご紹介!のサムネイル画像

葬儀での線香の意味・手順とは?本数の違いや送る際の注意点ご紹介!

お墓参りの線香は束でお供えしていいの?マナーや火の付け方も解説のサムネイル画像

お墓参りの線香は束でお供えしていいの?マナーや火の付け方も解説

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみましたのサムネイル画像

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみました

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?のサムネイル画像

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「線香立て・おしゃれ」についてさらに知りたい方へ

お墓の線香立ての選び方はどうするの?種類や掃除方法を紹介!のサムネイル画像

お墓の線香立ての選び方はどうするの?種類や掃除方法を紹介!

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!のサムネイル画像

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと