葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

墓石に彫るいまどき文字の例、どんなものがあるの?

昔は墓石に刻む文字の書体や彫る文字は一様でしたね。でも実は文字に決まりごとはなく、自由に選べるのです。ここではいろいろな墓石の書体例、文例をご紹介していきます。

墓石の文字書体にはどんなものがある?

昔は「〇〇之家」と刻まれた墓石がほとんどでしたが、もともと彫る文字にも書体にも決まりごとはありません。
文字については後述するとして、書体は一般的には昔、人が直接墓石に書いていたころから使われてきた、分かりやすくて読みやすい「楷書体」か「行書体」もしくは「隷書体」を選ぶことが多いようです。

墓 文字 書体

このようなどんな書体でも彫ることができます

例の他にも、ご自分で書いたものや書家の方にお願いした文字も使用できますが、細すぎる文字は読みにくく、かすれた部分が多いものも彫りで再現しにくいためおススメできません。

技術的にはなんでもありの書体ですが、霊園・寺院によっては墓石の形や文字の刻み方に決まりがある場合もありますので、建墓される際は事前に可能な文字例を確認しておきましょう。

例えば寺院墓地であれば

天台宗・浄土宗・浄土真宗は「南無阿弥陀仏」
真言宗は「南無大師遍昭金剛」
日蓮宗は「南無妙法蓮華経」

といったお題目を決まった書体で刻むこともあります。

日蓮宗の「ひげ文字(左端)」は独特ですね。

墓石に彫るいまどき文字の例

墓石が一般に普及してきた江戸時代ごろから、墓石に刻まれている文字と言えば和型の「〇〇之家」もしくは宗派のお題目などしかありませんでした。

それが、最近では核家族が増え、家族や葬儀の在り方が変わることによってお墓も「先祖代々家の墓」ではなく「家族墓」「両家墓」「夫婦墓」など形態が変わってきました。
そういった背景をもとに、東日本を中心に増えてきた洋型のお墓にオリジナルの文字を彫るものが見られるようになっているのでしょう。

例えばこのような言葉入りのお墓。思いが伝わってきます。

故人が好きだった言葉、格言、子孫へかけ続けたい言葉、世の中に向けての一言を刻むなど、お参りに来た人が墓石の文字を見て心和むものが増えています。

なぜ昔のように家名を彫らない人が増えたのか、理由は上記のような家族・生活様式の変化など様々だと思いますが、苗字は異なっても家族として一緒に入りたい人がいるのかもしれません。

墓石に残したい言葉を刻むのも素敵ですね。

ただ、代々引き継がれてきたご先祖様を洋型に取り換えることは難しいですし、仮に新しいものに変える際でも和型墓石にいまどきのオリジナルの格言をいれたりということは避けられているようです。

どのような文字を彫るのかは自由とはいえ、一度彫ると消せませんので熟考したいものです。
そのお墓に入る故人に合ったもの、参拝する人の気持ちを考えた言葉と書体を選びたいですね。

墓石に彫る文字以外の例

文字以外に何を彫るかというと昔は「家紋」でしたが、現代ではご自分の家の家紋を知らない方の方が多いかもしれません。
今は文字以外で多いのは墓石を飾る「模様(レリーフ)」です。

この彫り物、書体と同様に今は一つ一つを人の手で彫るのではなくパソコンで文字や模様を入力し、データどおりに石を彫り上げるシステムと機械で作ります。ほとんどの書体と家紋、オリジナルのデザインもスキャナで取り込んでそのまま彫り上げることができるそうです。

さまざまな形、色、レリーフの例。面白いですね。

彫り物には例えば、線彫り、彫り込み、淵彫り、立体彫刻などもいくつか種類があり、それぞれ石材の色によって見え方や印象がかなり変わってきます。文字との相性や実際にその石材に彫られた例をみてから選んでください。

他にも墓石そのものを3次元で彫刻する場合は、前述のようなパソコン入力による機械作業ではできませんので石工さんの腕次第になります。
さまざまな例を探してみると、美術館に飾られていてもおかしくない、芸術品レベルの凝ったものもありました。石をここまで削り上げるのにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

墓石 珍しい

故人の趣味が一目でわかるものでとても素敵ですが、製作も大変そうですね。

墓石 珍しい

墓石にして芸術品です。

キリスト教の墓石例

キリスト教の墓石もさまざまなものがあります。ここでも文字の書体や内容、形に注目して珍しい例を集めてみました。

仏教には見られないものとして多い例は、聖書の中から好きな聖句や個人に捧げる一節を刻んでいるものでしょうか。

聖書の形は珍しいですね。

キリスト教 墓石

ここが人生のオアシス。

教えがまっすぐに届きますね。

まとめ

できるだけ実例をご紹介してきましたが、探せば探すほど身近の墓地では見たことがないような珍しい墓石が出てきました。実際に見たい場合は、比較的新しくできた霊園を見学してみると面白いかもしれません。

ただ、好きな言葉を彫ること自体はいいと思うのですが、同じような言葉が多く並んでしまうと「あらら?」となりますので、事前に設置する予定の墓地をよく見て、周りとのバランスもよく考えたいものです。

個人的には和型の墓石の方が落ち着くのですが、参拝中に他の家の墓石をみて「ねえ、あの墓石面白いね!」と楽しめるものが増えるとお墓参りも楽しくなりそうですね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「墓石・文字・例」に関連する記事

「墓石・文字・例」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト