いざという時に役立つ、お通夜や電話でのをお悔み文を紹介!

お悔みの言葉って難しいですよね!ほとんど慣れ親しんでいないだけに、お通夜の時や遺族の方々にどんな言葉をかけていいか困ったことはありませんか?そこで今回は、いざという時に役立つ通夜や電話でのお悔み文を紹介したいと思います。

目次

  1. お通夜とは?
  2. お悔みの言葉
  3. 訃報を知らせる電話を受けたとき
  4. お通夜でのお悔みの言葉について
  5. お悔みの手紙とは?
  6. 使ってはいけないお悔みの言葉
  7. まとめ

お通夜とは?

葬儀

遺族や親族、故人と直接親交のあった知人や友人が参列して、故人の冥福を祈るものです。
最近では、告別式に出席できない人のための別れの場としている方が多いとされています。

お悔みの言葉

お悔みの言葉とは、「故人の死を悼み悲しむ気持ちをこめて述べる言葉」をさしますが、もし訃報を受けたさいに、とっさにどんな受け答えをいたらいいか悩みますよね?
まずは遺族の気持ちを考えることが一番大切ですが、以下に、それぞれのシーンに合わせて、最適なお悔み文を紹介したいと思います。

訃報を知らせる電話を受けたとき

親しい親戚・親しい友人・友達の場合

最初にお悔みの言葉を述べます。
喪主、喪主との続柄、通夜・告別式の日時、場所、宗派を忘れずに確認するようにしましょう。
その際に、自分の要望だけを急いで聞かないように注意して下さい。

①「突然のことで言葉も見つかりません。心身共にお辛い(つらい)中、お電話を頂きましてありがとうございます。お差し支えなければすぐにお伺いしたいのですが、伺ってもよろしいでしょうか」

②「お知らせ頂きありがとうございます。よろしければお世話になった故人にお別れをしたいのですが、今後の日程などはお決まりでしょうか?
(相手の返事を聞いてから)恐れ入ります。おわかりでしたら宗教と宗派を教えていただけますでしょうか? 」

故人の自宅が遠い場所の場合

時間や距離によってはすぐに駆け付けられないことがありますので、その時は先ほどと同じように、喪主、喪主との続柄、通夜・告別式の日時、場所、宗派を確認し、遠方のためすぐに伺うことができないことを伝えたうえで、お通夜もしくは葬儀に伺うことを伝えましょう。
事情があってお通夜や葬儀にもどうしても参列できない時には、お悔みの手紙を添えて、香典を送るといいでしょう。

①「突然のことで言葉も見つかりません。お知らせ頂き本当にありがとうございます。
あいにく遠方のため今すぐに伺うことができませので、お通夜(葬儀)に参列させていただきたいと思います。今後の日程などはお決まりでしょうか?
(相手の返事を聞いてから)恐れ入ります。おわかりでしたら宗教と宗派を教えていただけますでしょうか? 」

友人の家族に関する電話の場合

友人の家族ですから、先ほどみたいな堅苦しい言葉より、相手のことをいたわって、親身になってあげれる言葉の方がいいです。
すぐ駆けつけるという関係でなければ、故人の氏名、友人と故人との続柄、喪主、喪主と故人との続柄、通夜・告別式の日時、場所、宗派を忘れずに確認しましょう。

①「大変だったね。君は大丈夫?何か私にできることがあれば、遠慮なく何でもいってよ」

②「急なことでびっくりしたよ、君は大丈夫?今からすぐ行くからね」

学校の連絡網などで連絡を受けた場合

他に参列する友人などと事前に相談して、香典の額、服装、伺う時間などを事前に調整しておくといいでしょう。
お悔みの言葉としては、今まで紹介してきた言葉と変わりはありません。

①「ご連絡ありがとうございます。できればお悔みに伺いたいのですが、故人のお名前と喪主のお名前、お通夜や葬儀の日程と場所、宗教と喪主のお名前を教えていただけますか?」

会社など社員の家族が亡くなったとき

総務関係の仕事をされていなければ、なかなかこのような電話を受けることはないかもしれませんが、いつどんな時に受けるかわからないので、紹介させていただきます。
事務的な内容を尋ねるのは難しいかもしれませんが、会社として弔電を打つケースなどを想定して、会社として必ず必要な情報になってきますので、しっかりと確認するようにしましょう。

まずはお悔みの言葉を述べます。
故人の氏名、通夜・告別式の日時、場所、宗派を確認するのは今までと同じですが、業務上の連絡が必要な事態を想定し、緊急連絡先も確認するようにしましょう。

①「突然のことで大変驚いております。お悔やみ申し上げます。お辛いところをお尋ねすることになり申し訳ありませんが、今後の日程などはお決まりですか?」

「あなたに連絡を入れたいときにどこに電話すれば良いか、連絡先を教えて下さい。」

お通夜でのお悔みの言葉について

受付で

葬儀

最初のに受付で、「このたびは御愁傷様でした」とお悔みを述べます。
この時、声の大きさは控えめにしましょう。そのあと香典お渡ししますが、その際に「故人のご霊前にお供え下さい」と添えるととてもいいでしょう。

お通夜の会場では

【お悔やみの言葉の例】
①「このたびは本当に突然のことで言葉もありません。故人には生前大変お世話になりましたが、お礼もできないままでしたので、本日は感謝の気持ちもこめてご焼香させていただきます。」

②「このたびは突然のことで、まだ信じられません。ご家族の皆様もさぞお辛いことでしょう。心よりお悔み申し上げます。」

お悔みの手紙とは?

時間や何らかの事情があり、お通夜や告別式に参列できないかわりに送るものです。最近はパソコンが復旧しておりますが、自分の意をこめて手書きするのが望ましいでしょう。

個人が出すお悔みの文例

あまりにも突然のことで驚いております。ご遺族の皆様のご心痛はいかばかりかと胸がつぶれる思いがいたします。お力をお落としのことと存じますが、どうか、お気持ちを強く持たれますよう心よりお祈り申し上げます。
まだまだお元気でいらっしゃると思っておりましたので、悔しさばかりがつのります。
昨年一緒にお食事させていただきましたことを、つい昨日のことのように思い起こしております。
本来であればすぐにでもお参りさせていただきたいところですが、遠方のためかないませんことをお許し下さいませ。心よりお悔を申し上げますと共に、私も遥かな地より御冥福をお祈りいたします。
心ばかりではございますが、御霊前にお供え下さいませ。
まずは略儀ながら書中にてお悔み申し上げます。

■ポイント
①書き出しはお悔みの言葉から
②遺族の励ましの言葉を入れる
③故人との関係や思い出などを入れる
④焼香に伺えないお詫びの言葉を入れる
⑤香典を同封する場合には、そのことにも触れる
⑥時候の挨拶言葉は省略する

使ってはいけないお悔みの言葉

重ね言葉

「重ね重ね」「ますます」「度々」などの重ね言葉は不幸が続くイメージがあります。また、「続く」「繰り返す」などの言葉など、相手の悲しみを増長させるような言葉は使わないようにしましょう。

直接的な表現

「死去」「死亡」「亡くなる」などは「ご逝去」「ご悲報」「お亡くなりになる」に言い換えましょう。 また、「生きる」も避け、「ご生前」「お元気なころ」「お元気でいらしたころ」などの言い回しにしましょう。

負担になるような言葉

「頑張ってください」などの遺族の負担になるような言葉は避けましょう。

不吉なことを連想させる言葉

「消える」「浮かばれない」「大変なことになる」は、不吉なイメージがあるのでこれも避けましょう。
相手が不快に感じたり、露骨なことば、直接的すぎる表現は避け、やわらかい、婉曲的な表現を用いるようにします。

まとめ

葬儀

お悔み文について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
お通夜に参列される際にも、ひと言お悔みの言葉を忘れたくないものですよね。
今回の記事を参考に、相手の気持ちになったお悔みが添えれるといいですね。

「通夜・お悔み」に関連する記事

「通夜・お悔み」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「通夜・お悔み」についてさらに知りたい方へ

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

訃報が届いたら…知っておくとよいお悔やみごとのマナーとは?のサムネイル画像

訃報が届いたら…知っておくとよいお悔やみごとのマナーとは?

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!のサムネイル画像

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!

通夜で恥をかかないための礼儀・作法ガイドのサムネイル画像

通夜で恥をかかないための礼儀・作法ガイド

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。のサムネイル画像

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

告別式に出席する際に気を付けることは?マナーや流れをご紹介のサムネイル画像

告別式に出席する際に気を付けることは?マナーや流れをご紹介

葬儀の流れが分かる!葬儀から納骨までの流れを解説します!のサムネイル画像

葬儀の流れが分かる!葬儀から納骨までの流れを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと