定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

近々、定年を迎え再就職をお考えの方や定年後、再就職をお探しの方もいらっしゃるでしょう。定年後んおの再就職の事情を追ってみました。

目次

  1. 定年後の再就職は必要なのでしょうか?
  2. 定年後の再就職の状況とは?
  3. 再就職の必然性
  4. 定年後に再就職するための就職攻略方法
  5. 定年後の再就職についてのまとめ

定年後の再就職は必要なのでしょうか?

人々

一般的な企業な定年の年齢は?

日本国内の定年は55歳60歳が一番多い基準の年齢です。
年金の支給は65歳からが一般的です。
55歳の方ですと10年間、60歳の方ですと5年間は基本的に収入が途絶えてしまいます。
日本国内の企業は銀行、出版、マスコミ、公務員などは55歳で役職を外れる傾向があります。

定年後に必要な生活費を出してみましょう

一般家庭の夫婦2人の生活の費用は月額20万円、年間ベスト240万円が必要だと言われています。
5年間240万円を使いますと1200万円になります。
55歳定年の方は10年間時間が来ますので実に2400万という金額になります。

生活は成り立つのでしょうか?

定年後の生活で奥様が一番不安なことは、やはり生活が成り立つかどうかなのです。
もし新たな収入がないのであれば、貯蓄がいくらあれば良いのか、が大きなテーマになります。
やはり生活すれば食費から始まり、ライフラインの料金は支払いしなければなりません。
せっかく自由な時間ができたのですから、趣味や旅行の予算も組みたいものです。
徐々に病院に通う回数も増えてきます。
もう少し長い先の話ですが、亡くなった時の費用の準備 など、色々と必要な理由がでてきます。
人生の充実を求めるならば、再就職して稼ぐことの視野にいれなければなりません。

定年後の再就職の状況とは?

人々

再就職率は?

定年後の60歳から65歳までの方の再就職状況は、ハローワーク(地方です)で電話で聞いてみますと、希望者の約7割ほどが定年後に再就職できているそうです。

再就職の形は?

■定年後にそれまでのキャリアを活かして再就職する。
■会社の再雇用制度に応募する。
■やってみたい仕事にチャレンジする。
 などがあります。

再就職をしないケース

■起業する。
■趣味に没頭する。
■ボランティア活動する。
■家事に専念する。
■新たに資格取得を目指す。
などがあります。

再就職の必然性

年金支給額の減額のおそれ

少子高齢化に伴い年金支給額、減っていきます。また勤めていた会社の業績悪化により、企業年金がなくなる可能性もないわけではありません。
このような事態の想定も頭に入れておかなければなりませんね。

平均寿命の延長

今日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えています。 65歳から貰える年金も普通の生活水準を維持するためには少し足りないのではないでしょうか
いずれは体が衰えて年金収入だけになりますので貯金をしておきたいものです。

定年後に再就職するための就職攻略方法

人々

定年後の再就職に必要な心構え

まず、今までの会社員時代のキャリアを活かしたい場合、ハローワークに行くことになると思います。ここで大切なことは、現役時代の収入、あるいは役職にこだわっていますと、それに合う仕事を見つけることは非常に難しいといえます。そこで仕事探しに時間を使うより、仕事を得るためには就職の条件を大きく下げる覚悟も必要でしょう。 ハローワークに勤めている方に聞くと現役時代に収入が高かったかたほどプライドが高く、仕事を選ぶ時間がかかっているそうです。
一か月でも休めば20万円貯金を崩してしまうと考えれば、早く働き出すことの重要さがわかると思います。

同じ会社での再雇用のケース

定年前の収入やポスト補償されるわけではありません。会社側の希望に沿った勤務体系収入になります。 ここで考えなければならないのは、今までやってきた仕事を、かなり少ない収入でやっていかなければなりません。また以前の部下が上司になりますので仕事を続けるモチベーションが非常に下がってきます。気持ちの持ちようが非常に大切といえます。

新たな就職先を見つけるケース

ハローワーク、求人広告、人材派遣会社で仕事をさがします。

就職先の探し方
 
■業種から
   軽作業商品管理や運送会社の仕訳
   整備、点検業務会社の警備
   販売業務(スーパーやコンビニですね)
   製造業、工場でフォークリフト様々なシステムや機械を使っての作業
   調理 (ファーストフードレストラン居酒屋など)
   電話の対応専用のオペレーター
   塾の講師

 ■条件から
   給料の金額
   勤務する時間
   曜日を選べる
   出金日数を選べる
   通勤時間が短い
   給料の支払い方法
   保険関係の有無

以上を参考にしてみてください。

人気のある再就職先

定年後の再就職先で現在、特にニーズが増えているの職業は

■コンビニエンスストアのスタッフです。
 今や日本にとってコンビニはインフラの一つに数えられるほど日本全国に数多くあります。
24時間営業ですから常に人手不足農業界とも言えます。
室内の仕事といえど座ってする仕事はありませんから体力が必要になってきます。
IOT技術の発達によって、扱う仕事道具がデジタルなものが多く、高齢者の方にとっては対応が難しいと思われがちですが、今はかなりわかりやすく簡単になっているので、苦労するということは聞かれなくなりました。働く時間や日時も多種多様に選べますから、ご自分の体力、欲しい収入によって代用できる定年後の方にとっては非常に都合のいい仕事だと言えるでしょう。
また、自宅の周辺にあることが多いですから通勤時間もさほど気にする必要がないと思います。

■ハイヤー、タクシーのドライバー
 現在タクシー会社などは若い子の送り迎えも始めています。勤務体系も1日16時間働くスタイルから 日勤8時間勤務の会社も多く誕生しております。
 早朝から昼過ぎまでに終わる勤務体系もありますので、こちらも再就職先として候補の1つに入れることができます。

■シルバ-人材センターへの登録
 これは自分が会社員時代に培った技術や経験を生かした仕事もいいですし、草刈り、介護の必要なとの買い物、簡単な引っ越し業務 など様々な職種があります。
 こちらも収入は1日いくら、あるいは時給と二通りあります
 こちらの仕事は 注文が入らないと仕事がないので後輩に渡って職種の登録をすることが大切になってきます。

定年後の再就職についてのまとめ

今、日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えています。 65歳から貰える年金も普通の生活水準を維持するためには少し足りないのではないでしょうか
いずれは体が衰えて年金収入だけになりますので貯金をしておきたいものです。
1800年代の日本や諸外国の高齢者70歳以上が65%80歳以上も40%以上の人が仕事をしていたラッシーのです。年金システムなど社会的構造が確立されてなかった時代は「生きていく=働く」という構図になっていたようです。
これからは100歳まで生きることを考えることがが当たり前になってくると思います。
そうなりますと、60代、70代も仕事をする、働くという心構えが大切ですね。
体が元気なうちは、再就職で仕事をしながら、充実した人生を手に入れましょう

「定年後・再就職」に関連する記事

「定年後・再就職」についてさらに知りたい方へ

  • これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

    これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

    60歳で再就職と聞くだけで肉体的にも精神的にも疲れそうだなと感じる人も多いかと思いますが、60歳で再就職をするという人も珍しくない世の中になっています。なぜ、60歳で再就職をするのか、そし再就職が成功するためのコツなどをご紹介します。

  • 60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

    60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

    60歳とは、仕事をしている人にとっては定年退職をする人生の大きな節目の時期になります。仕事で疲れた時に60歳の定年退職後は何もせずに家でゆっくりのんびり過ごしたいと思いますが、実際には定年後はどういった生活を送るのがいいのかということについてご紹介します。

  • 定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

    定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

    会社を定年後も日々の生活費は、かかります。会社の定年後も容赦なく、現役時代と同様に光熱費や税金、保険料、その他諸々かかる費用は待ってはくれません。この生活費をどう賄っていけばよいのか、その方法を探ってみましょう。

  • 定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!

    定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!

    現在の日本は高齢化社会と呼ばれていますが、定年後も仕事をしたい方は多くいらっしゃるようです。ここでは定年後の仕事についてどんな種類があるのか紹介していきます。

  • 定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考える

    定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考える

    定年後も健康上の不安もないし、働きたいと思っている人とも少なくないでしょう。定年後の働き方として考えられるのは、再雇用と再就職です。定年後も同じ職場で、自分のやってきたことを続けてしたいと思っていたら、再雇用制度を利用するべきなのでしょうか?

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「定年後・再就職」についてさらに知りたい方へ

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とはのサムネイル画像

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!のサムネイル画像

定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!

定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考えるのサムネイル画像

定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考える

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと