葬儀の日程の決め方は?六曜との関係や通夜から葬儀までの流れも解説

お通夜や葬儀の日程は葬儀社や、仏教ではお寺、神道では宮司さん、キリスト教では教会の都合などで決まります。仏教では六曜も大事な決め事の一つです、自分のお通夜や葬儀自分で決めておきたい事も有ると思います。知っておいた方が良い事、日程の流れなどをまとめてみました。

目次

  1. 葬儀の仕方を決める
  2. お通夜
  3. 葬儀とは
  4. お通夜や葬儀の暦、友引と大安
  5. 葬儀を行わない
  6. お通夜や葬儀の日程まとめ

葬儀の仕方を決める

葬儀

最近ではエンディングノートなどを使って自分の葬儀に関して自分で決める人も多くなりました。死が突然にやって来る事も有ります。人にもよるのでしょうけれども、葬儀に関しても自分で予め決めおけたら少しは安心できるのかもしれません。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

お通夜

葬儀

人が亡くなってからの一昼夜、お線香を絶やす事なくたきつづけて魔が入ることを防ぐ意味があります。もう一つ、魔を防ぐために守り刀を胸元に置きます。今は葬儀屋さんが用意してくれるので安心です。
魔とは猫の魂が入る事、と言われています。実際に昔の農家で亡くなった故人に、刃物を置かなかったので故人が起き上がり油を舐めていたという話もあります。もちろん、遺族や親族がゆっくりお別れをする為にお通夜は行なわれるのです。

お通夜の日程

基本的なお通夜の日程として、
家に遺体がある時は、家で納棺を行い家から斎場やお寺に向かいます。この時ご近所の方が、影送りと言う送り方で見送る風習が残っている地方も有ります。
お通夜は斎場やお寺、自宅と言う事も有ります、午後六時から行い一時間程で終わる事が多いです。

お通夜の後、通夜ぶるまいが行われるのが通常です。お清めの意味もあり、故人の徳にも繋がるので気持ち食べていってもらいましょう。

仮通夜とは?

仮通夜が行われる事も有ります、葬儀との絡みで間が空いてしまう時などに行われたりします。
昔は亡くなったその日に仮通夜を行い、次の日にお通夜を行う習慣がありましたが現代では行う事の方が珍しくなりました。

葬儀とは

葬儀

葬儀とは、故人をこの世からあの世へ渡らせるための宗教的な行事で、遺族や親族が故人の冥福を祈って行います。仏教徒であれば、故人に仏弟子としての戒律を与える授戒の儀式とあの世への引導を渡す事を行います。神道やクリスト教徒であれば、神の元へ向かうと言う事になります。

葬儀の日程

基本的な葬儀日程とは、
お通夜のみを自宅で行った場合、斎場への移動が必要になります通常葬儀の一時間前には斎場へ入らなければいけません。葬儀が行われ告別式が行われます、その後出棺し火葬が行われます。
火葬は通常一時間程かかります、その間時間的な兼ね合いも有りますが昼食を兼ねて軽食が出されます。
お骨あげが行われ、斎場に戻ります最近では初七日の法要を行います。
その後、お清めの精進料理をふるまいます。故人への供養と、弔問の御礼も兼ねて感謝の意味を込めて行います。
葬儀の後仏教徒では、三十五日、四十九日、百か日と行事日程が続きます。お寺によっては、三十五日まで葬儀日程の中で行うところもあります。

お清めの料理

飯台で行うか個人別の料理にするのかで、金額などが変わってきます。家族葬などでは、人数が決まっていますから決めやすいと思います。お通夜ふるまいとの兼ね合いもあり、葬儀の時には別のスタイルでのお清めの会食にしたりします。

葬儀と告別式の意味と日程

時々見かけるのですが、告別式として葬儀を行っている事が有ります。しかし葬儀と告別式では意味が違います。葬儀は宗教的な行事ですが、告別式は遺族以外の会席者全員が焼香して故人との最後のお別れをする為の儀式です。最近では葬儀の日程の中に、告別式とはぜずに組み込まれて行っている様です。

お通夜や葬儀の暦、友引と大安

お通夜や葬儀の日程は、暦、特に六曜とも関係してきます。宗派によっては、葬儀は必ず大安で行うところも有ります。友引は友を呼ぶとして、お通夜や葬儀を行う家族や親族だけではなく葬儀に来られる方も嫌います。しかし、お通夜の後に火葬はありませんので、友引でも問題はありません火葬が行われる事がないからです。日程上お通夜が行われることはよく有ります、キリスト教徒など気にしない宗派も有りますので大丈夫です。
同じ意味で、火葬場は友引が定休日と定めているので葬儀を行う事が出来ない様になっています。

友引と大安

友引にはもう一つの意味があります、「共引」と言う字を当てていました。共に引き分け、決着がつかない日という意味だそうですが最近では忘れられている様です。
大安は良い日だから葬儀を行ってはいけないと信じている方もいるようです。けれども、友引以外の六曜は問題なく行えます。

葬儀を行わない

お通夜も葬儀も行わない人が、最近では増えています。葬儀の仕方でも樹木葬や散骨に宇宙葬まであります。その後、一般の人でも偲ぶ会を行い会食をして葬儀日程を終わらせるやり方です。
亡くなった日によっては、葬儀までの日程が開く事が有ります。お彼岸やお盆と重なったり、都会では火葬場が混んで待たされることもあります。
葬儀を行わないのも一つの選択です、個人の自由ですが残された家族は少々割り切れないところも有るようです。

お通夜や葬儀の日程まとめ

残されて家族には、お通夜や葬儀仕方等決めなければいけない事が多く有ります。葬儀の日程もその都度、色々な状況に左右されがちです。生きている時に、自分で葬儀の内容など決めておけたらと思う事もあるのではないでしょうか。その時にこのまとめが、参考になったらと思います。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「通夜・葬儀・日程」に関連する記事

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像

    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと・行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りがわからない人も実は多くいます。今回は大安に葬儀はおこなっていのか?などご紹介します。

  • 葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • 多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

    多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

    多くの方がイメージする葬儀とはお通夜と告別式を1日ずつ行い、かつ、お経を唱えるものではないでしょうか。しかし、現代では社会の変化に伴ってさまざまな葬儀のあり方が現れ、その影響で葬儀の種類も増えてきています。今回は増えてきている葬儀の種類の事情を見ていきます。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないためわかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも見ていきます。

  • 葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

    葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

    葬儀についてはさまざましきたりがあります。友引や仏滅といった暦は葬儀の日程とどのような関係があるのでしょうか。このほかに葬儀の日程を決める時に気をつけたいのはどのようなマナーでしょうか。葬儀と暦の切っても切れない関係についてわかりやすくご説明いたします。

  • 一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

    一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

    葬儀を行うことになると、一般葬か家族葬かで悩まれると思います。さらに葬儀の手順はどうなっているのか、あらためて考えると分からないこともあるでしょう。そこで今回の記事では、一般葬や家族葬を行う際の手順について詳しく解説していきます。宗教別や国別でもご紹介します。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

    通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

    身近な方が亡くなり、通夜や葬儀を行うということはあまり経験する事柄ではありませんよね。通夜や葬儀などの一連の流れを前もって知っておけば、後悔の無い良いお葬式を行いやすくなるかもしれません。そこで一般的な通夜と葬儀の流れを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介のサムネイル画像

    避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介

    冠婚葬祭の日取りを決める場合は六曜カレンダーを気にすることがよくあります。六曜と葬儀の日程はどう関係あるのでしょうか。葬儀を行うべきではない日取りもあると聞きます。この記事では避けるべき葬儀の日取りを、六曜カレンダーと照らし合わせて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・葬儀・日程」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介のサムネイル画像

避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「通夜・葬儀・日程」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと