お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

お通夜というのは、葬儀・告別式の前日の夜に、故人を偲ぶ儀式です。一般的には、僧侶の読経や焼香が行われます。しかし、仕事など事情があって、お通夜に遅れる場合、遅れることはしつれいいならないでしょうか?

目次

  1. はじめに 通夜とは
  2. お葬式と通夜
  3. 通夜の服装
  4. 通夜と焼香
  5. 通夜と香典
  6. 通夜に参列しなければならないのは?
  7. 通夜に遅れることは許されますか?
  8. 通夜に遅れる場合
  9. まとめ 故人を偲ぶことが大切

はじめに 通夜とは

通夜は一般にお通夜ともいいます。
本来は、死者を葬る葬儀、死者に別れを告げる告別式の前に、家族や縁者、知人などが集まって、終夜、遺体を守り別れを惜しみ冥福を祈ることです。
お釈迦様がお亡くなりになったとき、弟子たちがお釈迦様の亡骸を囲んで夜通し思い出を語り明かした、という故事に由来すると言われています。
しかし、近ごろは、お葬式(告別式)の前日の夕刻のみ数時間だけ行うことが多くなっています。これを半通夜といいます。
さらに、通夜は、告別式に出席できない人が故人とお別れをする場にもなってきていいます。

お葬式と通夜

仮通夜と通夜

従来は、亡くなった日に、ご遺体を安置して近親者だけで行うのを仮通夜といいます。そして、葬儀(告別式)の前日に行うのが通夜なのです。
したがって、親族が亡くなり、仕事で仮通夜に遅れるということはあり得ますが、通夜は早い目に連絡があるはずですから、出席できるように調整します。
ところが、仮通夜と通夜がいっしょに行われる場合もあり、時間調整に困る場合が生じるかもしれません。

葬儀と告別式

葬儀は、死者を弔う儀式です。また、告別式は死者とお別れをする儀式です。最近は、葬儀と告別式を合わせてお葬式という場合が増えています。

お葬式と通夜

お葬式というのは、元来、ご遺体を整えて入館する、お通夜の準備から始まっているのです。

通夜の服装

葬儀

原則的には通夜も喪服です。

通夜の服装は、原則的に、葬儀(告別式)と同じ喪服です。
死亡当日に行われる仮通夜の場合には、服装が間に合わない場合もあります。その場合は、地味な服で出席しましょう。

通夜の服装 男性の場合

通夜に喪服で出席できないときは、地味な服装ですが、黒系がよいです。
また、靴下やネクタイは黒にしてください。

通夜の服装 女性の場合

通夜に喪服で出席できないときは、黒または地味な色とデザインのワンピースやスーツでも大丈夫です。

通夜の服装についての注意

基本的に光る物を見るつけて通夜に出席するのは避けましょう。
黒系であっても光る物は良くないです。
腕時計などは外して参加します。

通夜と焼香

通夜での焼香の作法

焼香は、左手に数珠を持ち、右手で抹香(まっこう)をつまんで行います。
焼香の回数は宗派によって異なります、一般的には3回とされています。
無理に相手の宗教に合わせる必要は無く、自分の宗派の作法でもかまいません。なお、仏教以外は焼香がなかったり、数珠を使わない場合もあります。

通夜の焼香の具体的な作法

まず、祭壇に進み出たら、僧侶とご遺族に一礼します。
続いて、遺影に向けて一礼した後、合掌します。数珠は左手に持ちます。
次に、抹香を右手の指でつまみ、目の高さに掲げ額にいただきます。そして、その抹香を、香炉の中に静かに落とします。抹香をつまんで、落とす作業は、普通は3回繰り返しますが、宗派がわかっている場合は、それに従います。
次に、再び合掌して、遺影に一礼後、僧侶とご遺族に一礼して席に戻ります。

宗派による焼香の違い

天台宗: 3回
真言宗: 3回
浄土宗:  決まりはありません
浄土真宗 本願寺派: 額にいただかずに1回
浄土真宗 大谷派 : 額にいただかずに2回
臨済宗: 額にいただかずに2回。
曹洞宗: 香炉に2回。1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす
日蓮宗: 額にいただかずに1回または3回

お線香をお供えする場合

線香をお供えする場合は1本から3本にします。
ただし、浄土真宗では、1本の線香を折って点火し、横に寝かせます。

通夜と香典

香典はいつ持参するか

香典は、お通夜または葬儀(告別式)のいずれかに持参します。
香典を入れる袋は、宗教によって異なりますが、確認する時間が無いときは、コンビニなどで香典用袋として販売されているものを使います。

香典の袋に何と書けば良いか?

宗教がわからない場合は「御霊前」と書かれた袋を使います。
コンビニなどでは、「御霊前」と書かれた袋が売っています。この袋は、通夜でも葬儀(告別式)でも使えます。

通夜に参列しなければならないのは?

通夜は個人を偲ぶ儀式ですから、故人や親族との親しさにより、通夜や葬儀(告別式)に参列すべきかどうか変わってきます。

通夜・葬儀(告別式)の両方に参列

兄弟姉妹、叔父叔母、甥姪、子、孫、曾孫、父母、祖父母、曾祖父母といった親族、親しい友人などは、通夜と葬儀(告別式)の両方に参列すべきです。

近親者、自他ともに認める親友

職場の代表者や上司、同樣、友人、知人、そして、喪家の知人や一般会葬者はなどは、通夜・葬儀のいずれかに参列します。

通夜または葬儀(告別式)に参列

職場の同僚、友人知人、喪家の友人知人などは、通夜または葬儀(告別式)のいずれかに参列します。
しかし、故人との関係が深い場合には、通夜と葬儀(告別式)の両方に出席しましょう。

通夜に遅れることは許されますか?

基本的な考え方

通夜は、本来は死者を弔う葬儀や、死者とお別れをする告別式とは異なり、別れを惜しみ冥福を祈ることです。したがって、何時から何時までといった決まりがあるわけではありません。
しかし、近時は、僧侶が読経し、焼香をする、という形が多くなっています。僧侶による読経がある場合は、その時間が決まっています。
しかし、事情があってそれに間に合わない場合には、遅れることは許されます。
読経に遅れることがあっても、焼香したり、ご親族と故人を偲ぶことが重要です。

意味が変わってきた通夜

最近では、通夜の意味が読経と焼香をする儀式に変わってきています。
しかも、仮通夜は死亡当日ですが、通夜は告別式の前日です。携帯電話やスマホなど、連絡手段の発達で、通夜の連絡もすばやく届きます。
通夜に遅れることなく出席するだけの準備時間はあるといえます。
その意味で、通夜に遅れるのは変だという考え方もあります。しかし、仮通夜として分離せず通夜として行われるような場合には、遅れることもあります。
しかし、遅れるのは仕方がなくても、できるだけ早く到着しようという姿勢で臨みましょう。
通夜に遅れる場合には、故人を偲ぶことと、ご親族の負担にならないように配慮することが大切です。

通夜の一般的時間は?

通夜の時間というのは、読経が始まる時間という意味です。関東では18時から、関西では19時からというのが一般的です。

通夜に遅れる場合

通夜が葬儀場などで行われる場合

葬儀場などの会場で行われる通夜に遅れる場合には、事前に会場へ電話して時間を確認しましょう。
故人の自宅と異なり、葬儀場は、会場自体が閉まってしまう可能性があります。大体の到着時間を伝えた上で、何時までなら焼香できるかを確認しましょう。

通夜が故人の自宅で行われる場合

通夜が故人の自宅で行われる場合も、遅れるなら事前に連絡しましょう。
ただし、喪家の人たちは、家族を亡くして精神的にもまいっていますし、葬儀(告別式)の準備で忙しくしていることがあります。
電話をして、遅れることと何時頃に伺えるのかを伝え、ご迷惑ではないかどうか確認しましょう。特に午後9時を過ぎるような場合には、確認した方がよいです。

通夜に遅れる場合に注意すべきこと

本来、親族席に座らなければならない人が、仕事などの都合で遅刻し、すでに読経が始まっている場合に注意する必要があります。
親族席は会場の前の方に用意されているので、前まで歩いて行って、親族席に座るには勇気が必要です。
まず、一般会葬者の席に座り、タイミングを見計らって、前に移動しましょう。

まとめ 故人を偲ぶことが大切

この記事で説明したように、本来の通夜は読経ではなく、故人を偲ぶことです。その意味では、読経に間に合わなくても、縁のある人たちと、故人を偲べるなら遅れることは問題ではありません。
ただ、読経中の場合には、儀式の荘厳さを中断しないように、無理に前の方の席へ進むのは慎みましょう。
また、読経終わっていても、遺影に一礼して、焼香し、故人を偲ぶことはできるのです。

「通夜・遅れる」に関連する記事

「通夜・遅れる」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「通夜・遅れる」についてさらに知りたい方へ

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?のサムネイル画像

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介しますのサムネイル画像

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介します

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

通夜、葬儀、告別式とは何なのか、違いについて押さえておこうのサムネイル画像

通夜、葬儀、告別式とは何なのか、違いについて押さえておこう

通夜での作法を知っていますか? 服装、あいさつ、焼香などなどのサムネイル画像

通夜での作法を知っていますか? 服装、あいさつ、焼香などなど

通夜の準備~故人をしのぶための大切な心がまえのサムネイル画像

通夜の準備~故人をしのぶための大切な心がまえ

キリスト教の葬儀の通夜って?仏教式とはだいぶ違う事情のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の通夜って?仏教式とはだいぶ違う事情

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと