礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

結婚式や葬式で礼服を着ることがあります。その際、礼服のジャケットのフラップをポケットにおり込んだ方が良いです。またポケットチーフは、葬式では不要です。

最終更新日: 2020年02月08日

はじめに 礼服とポケット

礼服というのは、冠婚葬祭など,儀式の際に着用する衣服のことです。
礼服ではない服を平服といいます。
また、葬式ではとくに喪服を着ます。
喪服は、葬式や法事などに出席する際に着る衣服で、礼服の一種です。

結婚式に礼服を着ていかなければならないのでしょうか。
フラップ(ポケットのふた)は、おり込んだ方が良いのでしょうか。
ポケットには、ポケットチーフを差し込んだ方が良いのでしょうか。
この様な疑問に答えます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、礼服とポケットについて以下の事柄を中心に説明していきます。

  • 礼服とポケットについて
  • 結婚式とポケットチーフについて
  • 葬式と礼服(喪服)について
  • 葬式でのポケットチーフについて
  • ポケットのフラップをおり込む場合

時間のないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

結婚式とポケットチーフ

葬儀

ジャケットにポケットチーフを差しますか?

ポケットチーフとは、特に礼服のジャケット(上着)の胸ポケットに差し込み、ぞかせて飾りとするハンカチのことです。
ポケットチープは必要で、あればフォーマル感が高まり、おしゃれな印象になります。
ポケットチーフがなくてもマナー違反ではありません。

ポケットチーフは飾りなので、手を拭くことはできません。
手を拭くハンカチを別に用意する必要があります。
ポケットチーフの色に決まりはありません。
白でなくてもかまいません。

ただし、結婚式の披露宴に出席する場合には、礼服に白のワイシャツを着るのがマナーなので、ポケットチーフもワイシャツの色に合わせて白にしましょう。
また、デザインやセンスによって、ポケットチーフの色をネクタイの色と同じにすることもあります。
ネクタイとポケットチーフがセットで販売されていることもあります。

ハンカチで代用できますか?

ポケットチーフがない場合には、ハンカチで代用することができます。
ハンカチで代用するときは、薄いハンカチにしてください。
大きなハンカチだと、ポケットが変に膨らみます。

また、複雑なデザインのハンカチも不似合いなので、避けるようにしましょう。
白色の単色のハンカチが良いです。

ポケットチーフの素材は?

結婚式に礼服で出席する際には、ポケットチーフやその代用にするハンカチは絹でできたものがおすすめです。
光沢がるほうがフォーマル感やおしゃれ感が高まります。

ポケットチーフの大きさは?

ポケットチーフには、25㎝から45㎝までいろいろな大きさがあります。
小さすぎるとポケットの中に入ってしまいますし、大きすぎるとポケットが膨らみすぎるので、ポケットの大きさに合わせて購入します。

礼服のポケットチーフはどうやって使うの?

ポケットチーフは折ってポケットに差し込みます。
結婚式では華やかさのあるスリーピークスと呼ばれる折り方が最も正式です。
カジュアルな折り方には、パフ(パフド)があります。

スリーピークスの折り方

スリーピークスの折り方は次のようになります。

  • まず、ポケットチーフを対角線上で降り三角にする

  • さらに、三角に折って頂点を少しずらす

  • さらに、三角に折って頂点を少しずらす

  • 下部を折ってポケットに入れる

折り方の紹介動画です。

パフ(パフド)の折り方

次にパフの折り方について解説します。

  • ポケットチーフの裏側を上にして置く

  • 片方の手で中央をつまんで持ち上げる

  • 反対の手で、つまんだ中央部分と四隅の間をつかんで絞る

  • 先端を丸めて折りたたむ

  • 最後に、下に伸びている部分を折って、ポケットの高さに合わせる

折り方の紹介動画です。

葬式と礼服(喪服)

葬式では喪服を着なければならないの?

親族の場合は礼服(喪服)を着るのがマナーです。
しかし、一般会葬者の場合には礼服でなく、平服や略礼服でかまいません。
その場合は、地味な色の落ち着いた服を着ましょう。

男性一般会葬者の服装

男性の一般会葬者の場合は、ダークスーツやダブルの略礼服に、黒のネクタイを締め、黒い靴を履きます。
ワイシャツは白の無地で、ネクタイピンはつけません。

女性一般会葬者の服装

女性の一般会葬者は、黒または地味な色のスーツかワンピースを着用します。
靴、ストッキングは、黒か肌色のものにします。


アクセサリーなどは、外して伺います。
ただし、パールのネックレスは、つけてもかまいません。
また、派手なお化粧をしないように、薄化粧にします。
口紅も目立たない色にして、髪もまとめます。

一般会葬者の服装のポイント

親族でない場合には、親族より目立たないような控えめな外見がよいです。
親族より目立たないようにしましょう。

葬式でポケットチーフを差しますか?

親族で礼服(喪服)を着るときには、ポケットチーフを差すかどうか迷います。
喪服のマナーとしては、ポケットチーフを差すのがマナーですが、葬式ではポケットチーフは基本的に不要です。

ポケットチーフを差していると、おしゃれをしていて目立ちたがりな印象を与えます。
もし、他の親族がみんなポケットチーフを差している場合には、差しても良いでしょう。

ポケットのフラップをおり込みますか?

フラップとは何ですか?

フラップというのは、ポケットの蓋のことです。
日本語では、雨蓋(あまぶた)といいます。
フラップは、元来、屋外で砂ぼこりや雨が入らないようにするためにつけられたものと言われています。
従って、屋外では、フラップはポケットの外に出しておき、屋内ではポケットの中におり込んでおくのがマナーです。

結婚式や葬式ではどうする?

結婚式や葬式では、礼服(喪服)やスーツのフラップは、ポケットの中におり込んでおくのがマナーです。

まとめ ポケットを膨らませないように。

いかかでしたか?

この記事では、礼服(喪服)、ポケットチーフ、フラップについて解説しました。
結婚式でも、お葬式でも、当事者や親族以上に目立たない用にしましょう。
また、清潔感が大事なので、ポケットの中にいろんな物を入れて、膨らませないように気を付けましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

よく読まれている記事一覧