通夜の前日までにしておいた方が良いことのまとめ

ご家族がお亡くなりになった後は、通夜の前日までにあらゆる準備を整えておかねばなりません。通夜の前日までにやっておく事とは何でしょうか。

目次

  1. 通夜の前日までにやる流れ
  2. 通夜の前日までにやっておきたい費用関連
  3. 弔電の整理
  4. 通夜の前日までの服装
  5. おわりに

通夜の前日までにやる流れ

葬儀

当日になってから、「何も準備が出来ていない!」という事にならないよう、大変ですが事前にやるべき事をやっておきましょう。

・どこの葬儀会社に頼むのかは事前に決めておきましょう。そうでないとやる事がただでさえ沢山あるのに、さらに葬儀会社を探す手間が増えてしまいます。
・火葬の予約
・お寺へ連絡して、僧侶に話を通しておく。
・喪主を決める
・通夜や葬儀の日程を決める
・市役所に死亡届を提出し、火葬許可証と埋葬許可証をもらっておく。
・お悔やみ欄の掲載
・親族等への連絡
・遺影や香典返しの準備
・通夜振る舞いに出す料理の手配
・お供え物や供花の準備

お悔やみ欄については、葬儀会社の方からどうするのか聞いてくる事が多いそうです。お悔やみ欄を載せたいなら、頼めば手配してもらえます。勿論、自分で直接新聞社に手配するように依頼する事も、逆に載せたくないのであれば断る事も出来ます。

これら全てを通夜前日までにこなすのは大変そうだと思われるでしょうが、葬儀会社の方とも協力してやるので全てご遺族が抱え込む必要はありませんよ。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

通夜の前日までにやっておきたい費用関連

保険・相続

葬儀会社の方に、まず最初に受けるアドバイスとして、お金を銀行からおろしてきた方が良いとすすめられるケースが多いそうです。理由としてあげられるのが、一つ目にこれからの通夜・葬儀に費用がかかるからという事。二つ目に故人の口座がいつ凍結するのか分からないからという事。

一つ目の理由は当然の事ながら、二つ目に関しては多くの場合、「顧客が死亡した」という情報を銀行が得てからとなりますが、銀行側も全ての顧客の死亡情報を網羅している訳ではありません。更に銀行によって口座を凍結するタイミングや判断基準等も違ってくるので、早めに預金を引き出してくる事をおすすめいたします。

香典返し

香典返しには、いただいたらすぐにお渡しする「当日返し」や葬儀を終えた後にお礼状を添えて送る等、渡し方は様々です。

相場に関しては、「半返し」という言葉がありまして、意味はいただいた香典の半額分相当の品をお返しする事を指します。なので、1/3~半額あたりを基準に考えるのが一般的とされています。

香典返しの内容についてですが、全員に同じものを贈る場合もあれば、カタログギフト等選べるタイプのもの、後に残らない消耗品と色々なものがあります。ですが、地域によって変わってくる為、悩むようであれば、葬儀会社の方に聞くのが一番の近道でしょう。

料理

通夜振る舞いとは、通夜当日に来ていただいた弔問客に出す料理の事。
料理の品目に関しては、おめでたい事を連想させるようなものを避ければどのような料理でも構いません。何人前の料理を用意するのかですが、こちらが把握している弔問客の人数と実際に来る弔問客の人数に、ずれが生じる可能性は高いので多めに用意しておきましょう。予想より多く余っても困りますが、足りなくなるのはわざわざ来ていただいた弔問客の方に失礼となりますので、気を付けて下さい。

地域によっては、お店に注文して出前してもらったり、ご近所さん方がもってきてくれたりといった準備の仕方があり、また、料理とお酒、御茶菓子のみ、御食事券を渡す等と通夜振る舞いで出すものも違ってきます。

供花

お店に電話して料理を注文するのなら、供花もそのタイミングで注文した方が忘れずに済みます。
供花を注文する時は、花の種類や数、通夜・葬儀の日程等をあらかじめメモにまとめておくと便利です。

他の方からも供花が続々と届けられますので、棺に近い場所から順番に並べていくようにします。

弔電の整理

弔電の整理は沢山届く人の場合、特に必要です。
通夜前日までにどれを読み、どれを読まないか、誰が読み上げるのか等を決めておきましょう。
しっかり内容に目を通し、読みにくい所にはふりがなをつけると間違えにくくなります。
前日までに終わらせておきましょう。

通夜の前日までの服装

葬儀

通夜前日までの服は、地味な普段着で過ごすのが良いとされています。明るい色合いの服等は避けて、化粧も控えめに、アクセサリー等も結婚指輪以外はつけない方が無難でしょう。

喪服で過ごされても問題はないのですが、通夜前日までの準備で色々動き回るので、喪服だと動きにくいかと思われます。なので、弔問客が通夜の前に訪ねてくる事が多くなってきたら着替えるといった対応をとることをおすすめします。

おわりに

葬儀

いかがでしたでしょうか?通夜前日までに、細々とした準備が意外と沢山あってうんざりするかもしれませんが、葬儀会社の方が代わりにやっていただける事も数多くありますので、よく話し合ってどこまでお願いするかを決めてから行動した方がスムーズに進みます。

通夜当日もかなり忙しくなるので、通夜前日までにやることを済ませて、通夜が始まる約一時間前には万全の態勢にしていた方が、慌てず落ち着きを持って弔問客を迎える事が出来ますよ。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「通夜・前日」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・前日」についてさらに知りたい方へ

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介しますのサムネイル画像

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介します

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?のサムネイル画像

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

葬儀は亡くなった何日後にするの?葬儀の日程や流れ、費用をご紹介のサムネイル画像

葬儀は亡くなった何日後にするの?葬儀の日程や流れ、費用をご紹介

通夜の準備~故人をしのぶための大切な心がまえのサムネイル画像

通夜の準備~故人をしのぶための大切な心がまえ

葬儀と通夜はどっちに参列すべき?弔電や香典に関してもご紹介!のサムネイル画像

葬儀と通夜はどっちに参列すべき?弔電や香典に関してもご紹介!

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説しますのサムネイル画像

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説します

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?のサムネイル画像

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「通夜・前日」についてさらに知りたい方へ

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介しますのサムネイル画像

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介します

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?のサムネイル画像

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと