御存じですか? 宗派による仏壇の違いやその見分け方

仏教の礼拝施設である仏壇、実は、その形式や飾り方は宗派によって違いがあり、更には、造り方によっても種類があるそうなのですね。シニア世代の基礎知識として、宗派による仏壇の形式と飾り方などを一度確認しておきませんか?

仏壇は宗派で違うもの?

浄土真宗本願寺派の仏壇

他の宗派との違いが顕著な仏壇の一つ、浄土真宗本願寺派の金仏壇

宗派によっては、仏具や戒名だけではなく仏壇そのものにも違いがあります。

今回は仏壇の宗派による違い、作り方による違いなどのご紹介です。

仏壇とは

須弥壇

寺院で仏像を安置する須弥壇も仏壇です。

仏壇とは一般家庭に置かれた仏教の礼拝施設のことで、仏教寺院の本尊を祀る「須弥壇」を小型化したものを言います。広い意味では、この須弥壇も仏壇です。

ご本尊を安置する所です

チベットの仏壇

チベット仏教の仏壇。
部屋の壁一面を占める祭壇に仏像、仏画や経典を祀っています。

日本の仏壇は、各宗派ごとに決められた様式で本尊や脇侍の像、供物などを供え、先祖供養のための位牌や過去帳などを祀ります。

仏壇は、伝統工芸の匠の技を集約した豪華な「金仏壇」、紫檀や黒檀などの木材の木目を生かした「唐木仏壇」、都市の住居向けにデザインされた「家具調仏壇」などがあります。

特に金仏壇は、唐木仏壇や家具調仏壇と比べて仏教各宗派の本山寺院を模した造りで、各宗派で特徴ある造りとなっています。

江戸時代に家庭に普及したものです

寺請制度

江戸時代、社会の安定に大きな役割を果たしたのが寺院です。
この時期に一般家庭に仏壇が普及しました。

江戸幕府の定めにより、いずれかの寺院の檀家になることを義務づけられことから、その証として仏壇を設け先祖を供養する習慣が定着していきました。

日光東照宮にみられるような、当時の成熟した寺社の建築技術の影響も大きかったようで、各地の金仏壇産地の多くは、その当時の宮大工が始めたものと言われています。

仏壇の基本

須弥山

仏教世界観の中心にある聖なる山「須弥山」

仏壇には、寺院の山門に見立てた扉があり、また寺院の本堂の巻障子を模した障子が置かれています。
内部は三段で、仏教の世界観の中央にそびえる須弥山(しゅみせん)に因んだ須弥壇の上に本尊を祀る宮殿(くうでん)、最上段には高欄(こうらん)が配置されこの下に位牌を置きます。

仏壇の作り方の違い

仏壇には宗派による違いの他に、作り方によって三種類の仏壇があります。

金仏壇

金仏壇

豪華な金仏壇

白木に漆を塗り、金粉や金箔で仕上げた伝統工芸品ともいえる仏壇です。

仏教の宗派や地域の影響を強く受る特徴あるものです。

著名な所では、名古屋仏壇、京仏壇、広島仏壇、大阪仏壇などがそれにあたります。

唐木仏壇

唐木仏壇

木目を生かした唐木仏壇

唐(から=中国)木とも呼ばれる黒檀や紫檀などの銘木を使い木目が美しい仏壇です。

金仏壇と比べると質素ですが、使われる木の種類や量などによって価格は様々です。
中でも、総無垢の素材を使った仏壇は大変貴重なものです。

家具調仏壇

家具調仏壇

都市型の生活に合った家具調仏壇

現在の都市生活のスタイルに合う家具のように造られた仏壇、このタイプの仏壇が選ばれることが増えています。

比較的新しい形式の仏壇です。

宗派で違う仏壇

仏壇は、文字通り本尊や仏具を飾りお祀りする台のこと。

寺院にある須弥壇を小型にして一体化した家の中のお寺のようなもので、宗派によって寺院の決まり事が違うように、家の中の仏壇も宗派によって違うのです。

浄土真宗本願寺派の仏壇

浄土真宗本願寺派の仏壇。
西本願寺の阿弥陀堂を模したものとされています。

唐木仏壇や家具調仏壇に比べ、仏教宗派や地域によっても金仏壇の違いは顕著なものです。

最も仏壇の違いが大きい宗派は、浄土真宗本願寺派(西本願寺)と真宗大谷派(東本願寺)です。
それぞれ、本山の西本願寺阿弥陀堂と東本願寺阿弥陀堂を模した造りで、
宮殿の屋根の形式や柱の塗り方などに違いが見られます。

尚、この両宗派の仏壇は金仏壇です。
曹洞宗など、その他の宗派は、金仏壇や唐木仏壇など、何れでもかまわないとされています。

詳細は地元の仏壇、仏具店で教えてもらいましょう。

宗派で違う仏壇の飾り方

仏壇の飾り方にも、各宗派による決まり事があります。
また、地域や分派によっても、更に、仏壇の大きさによっても変わる場合があるようです。

曹洞宗の仏壇飾り

曹洞宗の仏壇の飾り方。
中央に本尊の釈迦牟尼仏、向かって右に道元禅師、左に瑩山禅師を配する三尊仏です。
三尊仏を一本にまとめた掛け軸の場合もあります。

仏壇の飾る上で、第一のポイントは位牌の場所です。
仏壇は本尊を安置する場所で、お位牌は本尊の近くに置かせて頂くとの考え方が宗教上正しいのだそうです。

仏壇はお位牌を納める所ではないのですね。

本尊は、例えば天台宗では「釈迦如来」か「阿弥陀如来」、真言宗では「大日如来」などのように宗派によって異なっています。

詳しい飾り方は、仏壇や仏具を扱う所でしっかり教えてもらいましょう。

まとめ

仏壇とその飾り方には、各宗派によって決まり事があり、さらに地域によっても微妙に異なっているようですね。

地元の菩提寺や仏壇店で教えてもらうのが一番です。

関連する記事

あわせて読みたい記事

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト