お供え物として「お線香」を選ぶとき・贈るときのポイント!

葬儀や法事などのお供え物の選び方や贈るときのマナー、お供え物として「お線香」を贈るときのポイントをご説明します。また、「お線香」の種類などもご紹介します。

目次

  1. 「お供え物」とは
  2. 「お供え物」を選ぶポイント
  3. 「お供え物」の贈り方
  4. 「掛紙」の表書き
  5. 「お供え物」の「お線香」
  6. 「お線香」の種類
  7. 「お線香」の香り
  8. まとめ

「お供え物」とは

葬儀や法事などで、「お供え物」を用意するべきか、また、どんなものが相応しいか、悩みますよね。失礼のないように、ポイントをおさえ、基本のマナーを知っておきましょう。

「お供え物」は、ご神仏、ご先祖や故人の霊に捧げるものです。最近では、「お供え物」の代わりに、「ご供物料」として、現金を包むのが一般的ともされています。但し、地域によっては、「お供え物をみんなで持ち寄り分け合う」など、地域特有の習慣・風習があるので、注意が必要です。

お墓

「お供え物」を選ぶポイント

「お供え物」には、特に厳しい決まりごとはありません。しかし、気をつけるポイントはいくつかありますので、確認しておきましょう。

【ポイント1:大きさ】
「お供え物」は、持ち運ぶものであり、何より、仏壇などにお供えするものです。重たいものやかさばるものは避けましょう。

【ポイント2:中身】
消費できるもので、日持ちするものが好ましいとされています。焼き菓子やお煎餅などのお菓子の他、「お線香」やロウソクなどです。日持ちはしませんが、季節の果物は、よろこばれる「お供え物」といえます。お魚やお肉などの生ものは、殺生を連想させるので、不向きとされています。

【ポイント3:個包装】
食べ物は、できるだけ、小分けになっているものを選びましょう。仏壇などにお供えした後、「お供え物」を分けて持ち帰ることがあるので、小分けになっている方がよいでしょう。

「お供え物」の贈り方

「お供え物」を持参するときは、必ず、掛紙をかけて包装します。掛紙の表書きは、亡くなられた日に関係なく、ご仏前への全てに使用できる為、「御供」を使うことが増えています。
また、「お供え物」は、直接仏壇にお供えするのではなく、まず先方にお渡しし、「ご仏前にお供えください」と言葉を添えるのがマナーですので、注意しましょう。
*弔事用では、のし紙のことを「掛紙」といいます。

「掛紙」の表書き

掛紙は、「内掛紙包装」と「外掛紙包装」のどちらでもかまいません。 不祝儀袋は「黒白結びきり」もしくは「黄白結びきり」を使います。
表書きは、以下の通りになりますので、ご参照ください。
*但し、宗教や地域によってなる場合がありますので、注意が必要です。

四十九日

御霊前 : 葬儀および四十九日(三十五日)の法要前日まで

初盆(新盆)

初盆御供(新盆御供) : 初盆(四十九日・三十五日を過ぎて)最初のお盆

お盆

盆 供 : 亡くなった年次を問わずお盆法要

お彼岸

御 供 : お彼岸だけではなく、全ての仏事で仏前にお供えする時

仏事全般

御仏前 : 四十九日以降全ての仏事
(故人が霊から仏になられたという意味で使用します。)

「お供え物」の「お線香」

「お線香」を贈るのは、古くから伝えれている日本の風習のひとつでもあります。「ご香典」の文字通り、香り(お香)を贈ることに由来しているといわれています。
故人となった方には、香りが最も上等な食べ物とされる考えや、香りによって心身を清められるという考え方からも、仏様にとって、最も良いご供養となるとも言われています。
また、「お線香」をお供えすることは、「お線香」の煙を通して仏様とお話しすることであるとも言われ、「お線香」のよい香りで心身を落ち着けて、仏様と向き合うことが大切だとされています。

「お線香」の種類

「お供え物」としての箱入り「お線香」は、様々な種類があります。「お線香」の質や内容量などにより、価格も様々です。ロウソクなどとセットになっているものもあります。高級な材料を使っていて、桐箱や化粧箱などに入っている高級なものから、手軽なものまでありますので、先方に合わせて選びましょう。また、近年では、マンションなどの集合住宅が増えたため、先方の住宅事情や健康上の事情など、様々な状況に合わせ、煙の少ないタイプや香りの柔らかいタイプの「お線香」を選ぶなどの配慮が必要です。

お墓

「お線香」の香り

「お線香」は、その香りも様々です。人気がある香りは、「ラベンダー」「桜」などのフローラルな香りや、「白檀」「香木」などの自然で爽やかな香りですが、最近では、「コーヒー」や甘い「お菓子」「果物」などの香りのするものまであります。仏様や先方の好みを考慮し、香りで選ぶということも、心のこもった贈り物になると思います。好みがわからないときは、やさしめの香りを選ぶのもよいでしょう。

まとめ

「お供え物」を贈る場合は、故人やご遺族とのかかわり合いの深さを考慮しながら、以上のポイントや予算との兼ね合いもふまえ、心をこめて選びましょう。注意するべき点は、過度の贈答は、先方にかえって負担をかけることになるということです。仏事に関わる「お供え物」選びは、より心遣いや配慮が必要だといえます。
「お供え物」に「お線香」を贈り、「お線香」の煙を通して、仏様やご先祖様と、お話ししてみてはいかがでしょうか。

「お供え物・線香」に関連する記事

「お供え物・線香」についてさらに知りたい方へ

  • 13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

    13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

    13回忌などの法要ではお供え物を渡すのが一般的です。しかし、いざというときに何をお供えしたらよいか分からず悩まれた方も多いと思います。そこで、今回は13回忌に適したお供え物とその注意点などを分かりやすく解説していきます。

  • 49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

    49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

    49日の案内が来たら、お供え物はどのように準備したらいいのでしょうか。そして当日はどう渡したらいいのでしょうか。ここでは49日のそもそもの意味から、四十九日の一般的なお供え物、そしてお供え物を選ぶときの注意点や、渡す際のマナーについて、くわしく紹介します。

  • 香りのお届け物、贈答用お線香のご紹介です

    香りのお届け物、贈答用お線香のご紹介です

    弔事でも慶事でもお線香を贈ることがあります。贈答用のお線香という特別なお線香はないのですが、贈答用として販売されているパッケージがあります。また、慶事や弔事で、包み方や掛紙の表書きなどに注意が必要です。

  • 仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

    仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

    仏壇にはお供え物が欠かせませんよね。ところで、お供え物をするには何か気を付けなければならないことはあるのでしょうか?普段の仏壇へのお供えだけでなく、初七日やお盆といった特別な法事の際のお供え物についてもまとめてみました。

  • 13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

    13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

    法事や法要の際のお供え物。13回忌ともなると、ほぼ、身内だけのこじんまりとした集まりになるかと思いますが、だからこそ、失礼のないようしっかりとマナーを押さえておきたいものです。今回の終活ねっとでは、13回忌のお供え物について考えてみたいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「お供え物・線香」についてさらに知りたい方へ

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説のサムネイル画像

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

香りのお届け物、贈答用お線香のご紹介ですのサムネイル画像

香りのお届け物、贈答用お線香のご紹介です

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと