過去帳の書き方を紹介。宗派ごとに解説も!

過去帳の書き方で迷ってしまう戒名(法名、法号)は、二文字の正式な戒名に号などが加わり、長い文字数となっています。過去帳の書き方がわかれば、ご先祖様や後の世代をより親しく感じられ、過去から現在、そして未来へと伝えてゆけます。

目次

  1. 過去帳とは
  2. 過去帳の書き方の見本「表紙」
  3. 過去帳の書き方の見本「戒名」(法名、法号)
  4. 過去帳の書き方、法名、浄土真宗
  5. 過去帳の書き方、梵字や置き字など
  6. 過去帳の書き方、戒名の構成
  7. まとめ

過去帳とは

過去帳は、亡くなられた方の戒名(法名、法号)、没年月日、俗名、行年、続柄などを記入する帳面です。過去帳への記入は、お寺にお願いする方が多いのですが、仏具店に依頼をする方、あるいはご自分で書く方もいらっしゃいます。それぞれのご事情やご心情にあわせて記入なさってくださいね。

過去帳、日付入り

在家用の過去帳としては、折り本、日付入りのものが多く使われ、故人のご命日の日付のところに記入するようになっています。一日、二日と日付のはいった折り面を見ると、ご命日をお迎えになるご先祖様のお名前が記されている形式です。

過去帳、日付なし

過去帳で、和とじ製本された日付のはいっていないタイプは、寺院で多く用いられます。古く『平家物語』に「後白河の法皇の長講堂の過去帳」と見られる過去帳は、江戸時代に幕府より、どの家も寺の檀家となることを義務づける寺檀制度が設けられると、さらに記録としての役割を担うものとなりました。

筆記用具

過去帳への筆記は、可能でしたら硯(すずり)ですった墨を用いるのが望ましいですが、ボールペンや鉛筆で書く方もいらっしゃいます。紙質によっては、筆記具との相性によりきれいに記帳できない場合もありますので、購入店の方に相談してみるとよいですね。

過去帳の大きさなど

過去帳のサイズや色は、お仏壇に合った大きさや色を選ぶことが大切です。書き方の注意点としては、あまりに小さい過去帳の場合、紙質や筆記具にもよりますが、記入に不都合が生じることもあるようです。

見台

見台は、過去帳を載せる台になります。開いた過去帳のページ押さえが付いていたり、角度変更可能な見台など種類が豊富です。

過去帳の書き方の見本「表紙」

過去帳の表紙には、金襴や緞子などの布製や、黒檀や紫檀などの唐木材を用いたもの、蒔絵を施したものなどがあります。表紙に記入するタイプの過去帳の場合、書き方例としては、
  「○○家過去帳」「過去帳」
などとなります。

過去帳の書き方の見本「戒名」(法名、法号)

過去帳には、故人の戒名(法名)やお亡くなりになった年月日、お名前、享年、続柄などを記入します。小さい過去帳の場合、2行または3行に分けて記入することが多いようです。

過去帳への戒名(法名)の書き方でわかりづらい点の一つとして、
  「正式な二文字の戒名(法名)」
  「全体としての戒名(法名)」
があるということです。戒名(法名)と一般的にいわれるのは長い文字数になりますが、その中の二文字が、本来戒名(法名)とよばれる部分です。

また宗派や寺院、地域や慣習によりさまざまな構成がありますので、お寺さまにご相談されるとよろしいですね。ご相談が難しい状況で、ご先祖のお位牌や過去帳があるようでしたら、形式を合わせて記入なさるとよいでしょう。

戒名 法名 法号

過去帳に記される「戒名」は、仏教に帰依した人に授けられる名ですが、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」とも呼ばれます。正式な戒名(法名)は二文字で、仏の世界は平等であることを表し、俗名の一字をとっていることが多いです。

過去帳の書き方、法名、浄土真宗

浄土真宗は阿弥陀如来をご本尊とし、戒を受けないため戒名ではなく「法名」といいます。過去帳の書き方では、浄土真宗の法名には釋号(しゃくごう)がつきますので、「釈」や「釋」に続く二文字が正式な法名になります。

浄土真宗、一般的な法名、過去帳の書き方例
  「釋○○」 (男性)
  「釋尼○○」(女性)

浄土真宗の法名、院号がつく場合、過去帳の書き方例
  「○○院釋○○」 (男性)
  「○○院釋尼○○」(女性)

この書き方例では、男性は6文字、女性は7文字の法名になります。また男性と女性は平等との立場から、女性でも釋尼を用いず、釋○○とすることもあります。

過去帳の書き方、梵字や置き字など

過去帳への戒名の書き方で注意する点として、梵字(ぼんじ)や置き字があります。梵字は戒名の上に記されているサンスクリット語で、戒名の下にある「位」「霊位」などは置き字といいます。梵字、置き字などは戒名ではありませんが、宗派や寺院によりいれる場合と、いれない場合があります。

過去帳の書き方、戒名の構成

過去帳の書き方として、浄土真宗の法名では○○院釋○○と挙げました。宗派等により戒名の構成は多種ありますが、共通する点もあります。

真言宗、臨済宗、曹洞宗、天台宗

過去帳にも記される戒名の構成には、
   院号、道号、正式な戒名、位号
があると知っておくと、戒名の理解の助けとなり、納得して書けるようになります。

過去帳の書き方例、戒名(正式な戒名を△△とします)
  「○○院□□△△信士」(男性)
  「○○院□□△△信女」(女性)
この書き方例では、広い意味での戒名は9文字になります。

正式な戒名の前の□□は道号といわれる別称で、正式な戒名に続く信士(しんじ)、信女(しんにょ)は位号といい、一般的なものになります。位号にはほかに、居士(こじ)、大姉(だいし)などがあります。

浄土宗

過去帳の書き方、浄土宗の戒名では、「誉」という文字、誉号(よごう)がはいることがあります。五重相伝を受けた方に授与され、院号、誉号、道号、正式な戒名、位号などの構成になります。

日蓮宗

過去帳の書き方、日蓮宗の法号(戒名)では、「日」という文字、日蓮聖人にちなんだ日号が多くはいります。また「法」「妙」などの文字も使われます。

まとめ

いかがでしたか。過去帳に記された文字から、亡き方の面影がしのばれます。一文字一文字に込められた思いが届きますように。

「過去帳・書き方」に関連する記事

「過去帳・書き方」についてさらに知りたい方へ

  • 過去帳に関する値段について知っておきたいこと

    過去帳に関する値段について知っておきたいこと

    大切な人を失った後、遺族にはどうしてもしておかないとならないことはあるものです。その一つに、過去帳の記入があります。過去帳の意味、そして過去帳そのものの値段、過去帳に記入していただくときの値段について、ご紹介いたします。

  • 作る?作らない?浄土真宗での位牌の扱い方を学びましょう

    作る?作らない?浄土真宗での位牌の扱い方を学びましょう

    日本国内で信徒さんが一番多い浄土真宗。教えや年忌法要など他宗派と違う仏事があり、中でも位牌の扱いが違います。位牌は用いず過去帳を使用します。しかし、昨今では、位牌を希望するご遺族の方も多くなっています。今回は、浄土真宗の位牌に関する扱い方をお伝えします。

  • お墓に彫る戒名について解説します!

    お墓に彫る戒名について解説します!

    お墓や位牌に書かれている「戒名」は、お葬式でお経と一緒に読み上げられます。戒名とは何故つけられるのかまでは、無宗教の人が多い現在の日本では知らない人がいるでしょう。お墓や位牌に刻む戒名は、故人が極楽浄土にいけるように菩提寺の僧侶がつけてくれる大切な名前です。

  • 仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何か

    仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何か

    戒名の位についての記事です。戒名において位はどのようなもので、その位を得るには何が必要かを書いています。

  • お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!

    お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!

    戒名について聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。戒名とは「○○院××居士」と記載されるものです。お墓にも戒名は彫られていますが、そのためにどのくらいの費用が必要なのでしょうか。今回は、お墓に戒名を彫るのに必要な費用についていろいろ見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

お香の匂いを嗅ぐと心がリラックスしますよね。日本の人気メーカーのお香は非常に質が高いといわれてい

仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介

仏壇にお菓子をお供えしますが、皆さんはその正しい置き方や、どんなものがいいかご存じですか?今回は

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

神棚は身近な神様です。 ですが、どの場所に置いたらいいのか、どう飾ったらいいのか分からないことも

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

仏壇にある位牌はご先祖さまや故人の魂が宿ったお参りの対象です。位牌を通じて私たちは、故人と語り合

大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。のサムネイル画像

大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。

命日、祥月命日と月命日の違いから、ご仏前のお参りまで。お参りに適したお供え物の選び方を提案します

シェアする

関連する記事

「過去帳・書き方」についてさらに知りたい方へ

過去帳に関する値段について知っておきたいことのサムネイル画像

過去帳に関する値段について知っておきたいこと

作る?作らない?浄土真宗での位牌の扱い方を学びましょうのサムネイル画像

作る?作らない?浄土真宗での位牌の扱い方を学びましょう

お墓に彫る戒名について解説します!のサムネイル画像

お墓に彫る戒名について解説します!

仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何かのサムネイル画像

仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何か

お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!のサムネイル画像

お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。のサムネイル画像

大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと