突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

目次

  1. そもそもお通夜とは?
  2. お通夜に参列する場合の服装マナー
  3. 不祝儀袋のマナー
  4. 参列の流れとマナー
  5. お通夜に参列する際のマナーのまとめ

そもそもお通夜とは?

葬儀

本来、お通夜とは残された家族や親交の深かった人たちなど、親しい間柄の人たちがお通夜を通し故人によりそい、別れを惜しむものでした。しかし、最近では同じ職場の人や同級生、サークル等で関わりがあったり、ご近所であったりと、故人と交友のあった人たちが葬儀に参列できない場合にお通夜に参列する場合も多いようです。信仰のあった方のお通夜への参列には、きちんとしたマナーで故人を見送りたいですね。

お通夜に参列する場合の服装マナー

葬儀

お通夜の知らせは突然やってくるもの。
故人を偲びながら準備をすることになりますが、お通夜はなかなか慣れるものではなく、宗教の違いによっても様式が異なるため、参列への不安も少なくありません。
親族と弔問客という立場の違いでも服装に違いがあり、失礼のない服装とマナーで故人を見送りたいものです。今回は弔問客としての服装をご紹介します。

お通夜での男性の服装

男性の場合は、慶弔共に着ることのできるブラックスーツが良いでしょう(シングル、ダブル問わず)。礼服用の白シャツと黒無地のネクタイのみでOKです。タイピン、ポケットチーフはいりません。時計など派手なものは控えます。(ゴールドの金具が付いたものなどもNGです。)

お通夜での女性の服装

女性の場合は、黒いフォーマルスーツかワンピースを選びます。スカートはひざ下のものを。
露出はできるだけ控えた方が良いので、長そでのものを選びます。
お化粧は控えめに、アクセサリーは特に必要ありませんが、付けるようであれば涙の象徴であるパールが一般的ですが、二連、三連のネックレスは不幸が重なるという意味になるのでつけてはいけません。香りのきつい香水や派手なネイル、派手な髪飾りは控えましょう。

男女ともに避けたい装い

バックなどの小物や靴などは黒に統一し、シンプルなものを選ぶのがベストです。エナメルなどの光沢のあるものは避けますが、スエードや表革、光沢の少ないサテンであればOK。ゴールドの金具がついていたり、持ち手がチェーンの物も控えましょう。特に爬虫類の革は殺生を連想させるとされており、使用しないようにします。

数珠の用意

参列者自身が仏式の場合は数珠を準備しますが、参列者自身の宗旨がキリスト教や神式だった場合は無理に数珠を持っていく必要はありません。

不祝儀袋のマナー

葬儀

不祝儀の準備にもいろいろと気を使うことが多く、宗教によっても異なる場合があります。不祝儀を準備する前には故人の信仰する宗教を聞いておくことがベターです。また個人で包むのか、連名で包むのか等も周りと話し合って判断します。お通夜・葬儀の際の不祝儀の表書きと氏名は、「悲しむ涙で墨が薄れる」という意味合いから必ず薄墨で記入します。
不祝儀の準備が済んだら、ふくさに包んでおきましょう。もしふくさが無ければ、地味な色の小風呂式か白いハンカチに包んでおきます。こうすることで、受付で渡すときにより丁寧な印象になります。

参列の流れとマナー

葬儀

準備を終え、いよいよお通夜へと向かいますが、お通夜でどのように振る舞えばよいかが気掛かりになることも。以下でお通夜へ参列した時のマナーを解説します。

お通夜に到着する時刻

お通夜に参列する場合、会場には遅くとも10分前までに到着できるようにするのがマナーですが、お通夜の場合は多少遅れてでも駆けつけます(葬儀の場合の遅刻は厳禁です)。遅れた際には係の人に案内してもらい、静かに後ろの席へ付きます。

受付・記帳・香典の渡し方

到着すると、受付ではまず「心からお悔やみ申し上げます」など悔やみの言葉を述べてから、記帳を行います。会社関係などであれば、社名と会社の住所を、個人であれば自宅の住所を書きます。その後ふくさから香典を取り出し、「ご仏前にお供え下さい」と言葉を添え受付の方に渡します。

代理での記帳の仕方

代理での参列の場合は、受付で誰の代理なのかを伝えてから香典を渡します。
記帳をする際は、代理を頼んだ人の名前を書き、会社の場合は部署名と役職名も書きます。

受付がない場合

故人の自宅などでお通夜を行う場合に受付を設けていない場合があります。その際の参列マナーは、お通夜の開始時間よりも少し前に行き、式が始まる前に焼香をさせてもらいます。その際に直接、香典を祭壇に供えます。この時、香典の正面を祭壇側に向けて奥のがマナーです。

焼香と拝礼

お通夜や葬儀へ参列した際に、一番マナーが気になるのがお焼香ではないでしょうか。焼香に関しては宗派によってもやり方が少し異なり、座ったまま行う「座礼」、立ったまま行う「立礼」、読経中に香炉を載せた盆を回す「回し焼香」があります。また、焼香にも「線香」の場合と「抹香」の場合があります。近年では「立礼」を行う場合が多く、この焼香の行い方を覚えておけば、他の焼香のやり方でも対応できます。

仏式の場合のマナー

上記にも書いた「立礼」の場合は、以下の手順で焼香を行います。

1.次の人に会釈をして親族の前まで進み、一礼する。

2.焼香台の手前3~4歩ほどの所へ進んで、祭壇に向かって深く一礼する。

3.焼香台の前まで進み、抹香を右手の親指と人差し指、中指でつまみ、頭を軽く下げ、抹香をつまんだまま目の高さまで掲げる。(浄土真宗を除く)

4.抹香を香炉の中に静かに落とす。(回数は宗派によって異なるが1~3回)

5.両手に数珠をかけて合掌。

6.そのままの向きで2~3歩下がり、遺族へ一礼して自分の席へ戻る。

神式の場合のマナー

神式の場合は式が始まる前に、手を清めてから席に着くのがマナー。
仏式の焼香に代わるのが「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。榊(さかき)を神前に供え、「二礼、二拍手、一礼」を行います。(拍手の際は、手を打つ手前で止める「しのび手」を行います。)

キリスト教式の場合のマナー

キリスト教の場合は「献花」を行います。葬儀の最後に弔問客は棺の前へ進み、両手で花を受け取り、右に花が来るように持ち、棺の前で一礼をします。茎の部分が霊前に向くように静かに置き、祭壇に一礼をして黙とうを行います。

お通夜に参列する際のマナーのまとめ

葬儀

お通夜へ参列する際のマナー、いかがでしたでしょうか。
参列する場合は訃報は突然にやってきます。日頃に最低限の準備をしておくことで、お通夜へ参列する際のマナーもしっかりと守ることができます。

「お通夜・参列・マナー」に関連する記事

「お通夜・参列・マナー」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「お通夜・参列・マナー」についてさらに知りたい方へ

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。のサムネイル画像

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説しますのサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

通夜での作法を知っていますか? 服装、あいさつ、焼香などなどのサムネイル画像

通夜での作法を知っていますか? 服装、あいさつ、焼香などなど

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介のサムネイル画像

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説しますのサムネイル画像

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説します

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?のサムネイル画像

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

葬式の受付係になった時、気にすべきマナーについてのサムネイル画像

葬式の受付係になった時、気にすべきマナーについて

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「お通夜・参列・マナー」についてさらに知りたい方へ

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。のサムネイル画像

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説しますのサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

通夜での作法を知っていますか? 服装、あいさつ、焼香などなどのサムネイル画像

通夜での作法を知っていますか? 服装、あいさつ、焼香などなど

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介のサムネイル画像

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと