お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこう

お通夜や葬儀で渡す香典にはさまざまなマナーがあります。今回はお通夜で恥をかかないように、基本的な香典のマナーについて紹介しておきます。

目次

  1. お通夜で忘れてはならない香典とは?
  2. 香典のマナーを知ろう
  3. 不祝儀袋はそのままでいいの?
  4. 香典はお通夜のいつどこで渡す?
  5. まとめ

お通夜で忘れてはならない香典とは?

葬儀

香典とは亡くなった方に供えるお金です。葬儀は急に訪れるためお金の準備がすぐにできる物ではありません、そんな家族を助けるという意味も込められています。
一般的に香典はお通夜や葬儀、また告別式の時に渡すものです。

お通夜では不祝儀と呼ばれている

結婚式のお祝いに包むお金はご祝儀といいますよね。一方お通夜や葬儀で包むお金は不祝儀といわれています。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典のマナーを知ろう

葬儀

お通夜や葬儀の時に渡す香典には、さまざまなマナーがあります。

香典の相場は?

まず気になる香典の相場を紹介しておきます。香典に入れる金額は関係性や年齢によって変わります。またこれから紹介するのはもちろん相場です。お世話になった方に対して多く包むのに問題はないでしょう。しかし相場より少ないなんてことにはならないようにしましょう。

祖父母の場合

学生の場合は親と一緒にということで香典は必要ありません。しかし社会人になったらきちんと包むようにしましょう。20代の場合は10,000円、30代からは10,000円~30,000円が相場です。

友人やその家族の場合

亡くなったのが自分の友人だった場合は、20代の場合5,000~、30代からは10,000円~となっています。友達の家族が亡くなった場合の香典の相場は20代では3,000円~30代からは3,000円~となっています。

職場の人やその家族の場合

職場の人が亡くなった場合の相場は20代は5,000円、30代からは5,000円~となっています。職場の人の家族が亡くなった場合は3,000円~10,000円となっています。

お金はどう入れる?

香典は不祝儀袋に入れます。お金の入れ方は、お札の向きをしっかり揃えて顔が下に向くように包みましょう。また香典の場合、お金は新札ではない方がいいようです。使い古したお金を包むのが良いでしょう。新札の場合は折り目を付けてというマナーがありますが、今ではあまり気にされることは少ないのではないでしょうか。しかし常識として覚えておきましょう。

書き方のマナーは?

お金を入れる中袋

中袋の表には金額を漢数字で書きます。そして住所と氏名も忘れずに記入しておきしょう。記入は薄い墨で書くのがよしとされています。なければサインペンでもかまいません。

不祝儀袋

水引は黒白のものを選ぶのが一般的です。不祝儀袋には「御霊前」「御香典」などを書くのですが、宗教によって違うので注意しなければなりません。宗教が分からない場合は「御霊前」と書きましょう。そして下段には自分の名前をフルネームで記入します。
また袋も宗教によって変わります。十字架はキリスト教、蓮の花は仏教などと決まっています。無地のものに黒白の水引に包むのが一般的となっています。

不祝儀袋はそのままでいいの?

袱紗

香典は袱紗に入れるのがマナーです。袱紗がない場合は白いハンカチなどで代用しても良いとされています。袱紗にはさまざまなカラーバリエーションがあります。しかし買われるのなら紫のものがおすすめです。
紫の袱紗は結婚式などの慶事用にもお通夜などの弔事用にも使用することができます。

Amazonで人気の商品

赤城 金封ふくさ紫 慶弔両用 ハ21
赤城 金封ふくさ紫 慶弔両用 ハ21

商品価格832円

こちらはベストセラー1位の商品です。

この商品を購入

注意!袱紗のままは渡さない

香典は袱紗や白いハンカチなどで包みますが、そのまま渡すわけではありません。渡す時は袱紗から取り出し渡します。

香典はお通夜のいつどこで渡す?

葬儀

お通夜が葬儀場で行われる場合

お通夜が葬儀場で行われる場合は受付で香典を渡します。受付の人に直接手渡しで渡すことになります。受付前で袱紗から出しておきましょう。

お通夜が自宅で行われる場合

自宅でお通夜が行われる場合は受付などはありません。そのため香典は先方に直接渡すことになります。その場合先方の目の前で袱紗から取り出し、おぼんや台の上に乗せて渡します。マナーとして先方に直接渡す時は手渡しはしません。台付きの袱紗がありますので、そのような袱紗を持っておくと安心ですね。

香典を渡す時にかける言葉

結婚式でご祝儀を渡す時は、「おめでとうございます」といって渡しますよね。ではお通夜や葬儀の場合はなんと渡すのでしょう。
一般的にお通夜などで香典を渡すは「このたびはご愁傷様でした」と声をかけます。一般的にはですのでもちろんこの言葉以外でもかまいません。

まとめ

葬儀

いかがでしたか?今回は香典についてのマナーを紹介しました。お通夜などはいつあるか分かりません。いつあってもいいように、というと縁起が悪いですが、いざという時のために知識として頭に入れておきましょう。知っているだで随分と変わってきますよ。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「お通夜・香典」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・香典」についてさらに知りたい方へ

急なお通夜でも慌てないように、袱紗のマナーを知っておきましょうのサムネイル画像

急なお通夜でも慌てないように、袱紗のマナーを知っておきましょう

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

葬儀の袱紗(ふくさ)とは?渡し方や包み方などのマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀の袱紗(ふくさ)とは?渡し方や包み方などのマナーを解説!

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説のサムネイル画像

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!のサムネイル画像

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「お通夜・香典」についてさらに知りたい方へ

急なお通夜でも慌てないように、袱紗のマナーを知っておきましょうのサムネイル画像

急なお通夜でも慌てないように、袱紗のマナーを知っておきましょう

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

葬儀の袱紗(ふくさ)とは?渡し方や包み方などのマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀の袱紗(ふくさ)とは?渡し方や包み方などのマナーを解説!

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと