もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のこと

毎年夏にお盆はやってきます。お盆にご先祖様の供養をした経験がある方も、これから新盆を迎えて供養する方ももう一度知っておきたいお盆の豆知識についておさらいしてみましょう!

目次

  1. そもそもお盆ってなに?
  2. お盆の服装ってどうすればいいの?
  3. 気になるお盆のお布施
  4. 供養の際のお布施の表書きはどうしよう?
  5. お盆の供養 まとめ

そもそもお盆ってなに?

夏になるとお盆と呼ばれる時期が来て親戚が集まったり会社が休みになることがあります。そもそもそのお盆とは一体いつ、どのように決められたのでしょうか。

お墓

お盆のはじまり

お盆という名前はサンスクリット語の「ウランバナ」を漢字にあてはめて「盂蘭盆」としたことから由来しています。御釈迦様の弟子の母親が亡くなった後、餓鬼道に堕ちてしまい苦しんでいました。弟子は御釈迦様に教えを乞い、その教えに従って布施や供養を様々な人に対して行ったところ母親は極楽浄土へと行くことができたそうです。弟子が多くの人に施しをした日が7月15日と言われ、この日が先祖供養の日として大切にされるようになりました。

どういう風に供養するの?

お盆は年に一度の先祖が帰ってくる期間です。まず迎え火を焚いて先祖を迎え入れ、親族で供養を行います。そしてお盆が終わるとき送り火を焚いて送り出します。これが一般的なお盆の流れになります。

現代のお盆はいつ?

明治時代以前は7月15日をお盆として先祖供養にあてていましたが、現代は8月13日~15日頃に行われるのが主流のようです。7月15日から8月13日頃に変わった理由は7月が農業の繁忙期であることからゆっくりと先祖供養を行うためにずらしたとされています。ただ日本全国、地域によっては7月にお盆の供養をするところもあり、地域によって様々のようです。

お盆の服装ってどうすればいいの?

お墓

いまさら人に聞きにくいお盆の服装について疑問を解消します。

初盆・新盆の場合

初めてのお盆ということもあり親族や仲の良かった友人を招き、僧侶に来てもらって供養をしてもらう流れになります。招く側の場合はなるべく礼服の着用をするのがベストです。礼服はちょっとという場合は黒やグレーなどのシンプルな服装を心がけましょう。また招かれた側は礼服で行く必要はありません。しかし普段着と言っても派手な服装は避け、同じく黒やグレーなどの色の服装を選びましょう。肌の露出を避け、素足にならないよう靴下やストッキングを着用しましょう。

初盆以降のお盆の場合

毎年のお盆での服装は礼服にする必要はありません。お墓参りも兼ねる場合は動きやすい服装が良いでしょう。ただし普段着のような派手なものではなく、白や黒やグレーなど落ち着いた服装にしましょう。また地域や家庭によって異なりますので一番は家族に聞くと良いでしょう。全国的に初盆でもなくある程度の年数の経った先祖供養のお盆の場合はあまり畏まることもないようです。

気になるお盆のお布施

葬儀

僧侶を招いて供養をする場合、お布施の額も気になりますよね。

初盆・新盆の場合

初盆の場合は法事となりますのでお渡しするお布施の額も普段より高くなります。大体相場は30,000円から50,000円のようです。地域や菩提寺によって異なりますので心配な方は一度聞いてみると良いでしょう。家まで来てもらった場合には車代もお渡ししましょう。

初盆以降のお盆の場合

初盆以降は毎年の供養となりますのでお布施の額も少し減ります。相場は大体5,000円から20,000円となっているようです。暑い時期たくさんの先祖の方の供養のために経を唱える僧侶のために、お布施以外に冷たいお茶の差し入れなどあると喜ばれるかもしれません。

供養の際のお布施の表書きはどうしよう?

お布施をお渡しする際、渡し方や表書きはどうしたらいいのでしょうか。

表書きは新盆・普通のお盆共通

表書きは初盆もいつものお盆も変わらず「御布施」で問題ありません。また何も書かなくても問題ないようです。ただ、内袋には住所と氏名を記入するのを忘れないようにしましょう。御布施と書く場合は薄墨ではなく普通の黒い墨を用いるようにしましょう。

何に入れて渡すのがベスト?

正式なお布施と言うものはお金を半紙で包んで、それを奉書紙で包みます。現代では御布施用の袋が販売されていますのでそちらを使用するのが主流です。また白い封筒でも問題ありません。御布施要の袋を用いたときには水引がついてくると思いますがこの色が地域によって違います。またお寺に不幸があったようにもとれると認識する方もいるようですので、地域の方に確認をした上で購入したほうが良いでしょう。

渡し方にもマナーがあります

ついつい手渡しで渡してしまいがちですが、渡し方があります。一番ベストな方法は小さなお盆の上に御布施を置き、相手側から御布施の文字が正しく読めるようにします。ただあまり小さなお盆などは家庭にない場合がありますので、袱紗に包んで差し出してもかまいません。他にはお渡しするお供え物の箱の上にのせてお渡ししても良いでしょう。

お盆の供養 まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。日本に住んでいると毎年夏にやってくるお盆ですが、意外と由来や作法など知らない方も多いのではないでしょうか。由来や作法を知って、今年の夏からは気持ちよく先祖を送り迎えし、供養してあげてはいかがでしょうか。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「盆・供養」に関連する記事

「盆・供養」についてさらに知りたい方へ

  • 新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

    新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

    大事な人が亡くなって初めて迎える盆を新盆と言います。まだまだ気持の切り替えも難しい時期ではありますが心を込めて供養したいですよね。ここでは新盆の供養に関する知識をまとめてみました。ご参考にしていただければ幸いです。

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

    お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

    お盆の時期は、いつもはお墓にいるご先祖様がご自宅に戻ってくると言われています。ご先祖様が不在になったお墓はどうしたら良いのでしょうか?お盆にはお墓参りをすると言いますが、いつしたら良いのでしょうか?そんな、お盆のお墓参りにについて、解説していきます。

  • お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

    お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

    日本人にとって、お盆にお墓参りをするのは当たり前のように思われています。しかし、お盆にお墓参りをする理由にはどのようなものがあるのでしょうか?どの時期に行くものなのでしょうか?お盆のお墓参りについて、その時期やマナーを解説していきます。

  • お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆はいつからいつまででしょう?日本人なら誰でも知っているお盆、一年に二回ある貴重なお休みとして深く日本の生活に定着しています。ですが、あの「お盆」はいつからいつまでなのでしようか?

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    都立霊園で人気の墓地霊園を8つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、都立霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。都立霊園への申込の方法・流れ・手続きはもちろん、霊園の特徴やお墓の区分一覧まで全て解説しています。ぜひご覧ください。

    5

シェアする

関連する記事

「盆・供養」についてさらに知りたい方へ

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけようのサムネイル画像

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介のサムネイル画像

人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと