仏壇の「りん」の本来の意味と役割について

りんは身近な仏具の1つです。お仏壇のあるご家庭なら必ず「りん」はあります。 お仏壇の「りん」にはどのような役割があるのでしょうか?

りんとは?

仏壇に欠くことのできない仏具で、漢字で「鈴」などと書きます。
読経の時に鳴らします。ご家庭用の仏壇のりんは直径が7センチから15センチのものが適しているとされます。

宗派によって名称が変わります。鏧(きん)、鐘などと呼ぶ宗派もあります。りんを鳴らす棒は、りん棒などと呼ばれます。
寺院で使用するりんは家庭用よりも大きく、磬子(きんす)とも呼ばれます。

りんの意味

禅宗で使用されていた梵音具の一種で、現在は宗派を問わず使われています。
「りん」を鳴らすことによって、人々の邪気を払うとされています。また、供養や祈りを「りん」の音に乗せて、極楽浄土に届けるともいわれます。
読経の際に鳴らすのは、「りん」で「音程」と「リズム」を合わせるためです。
読経の音程と同じ、ドレミで言う「レ」が基準になっています。「りん」は音叉の役割をしています。また、「りん」を鳴らすことで、読経の速度を合わせます。

梵音具とは?

音を出す仏具のことです。木魚やお寺の鐘がこれにあたります。
梵音具は名前も形状も独特なものです。鐘のように古代中国の青銅の形式を持つものもあります。また、朝鮮半島の鐘と日本の鐘は形式が違います。

りんの素材は?

一般的なものは真鍮と亜鉛を混ぜた合金で作られます。合金の比率や金属の種類は、職人によって違います。

りんの鳴らし方

りん棒などの専用の道具を使います。りん棒は、人差し指と親指で軽くつまむようにして持ちます。
上からではなくふちに沿うように叩いて鳴らすときれいな音が出ます。内側を叩く宗派もあります。
読経の前後や途中に鳴らすのが一般的です。読経をしない時は鳴らす必要はないとされています。
宗派によって、鳴らし方やタイミングが違います。

仏壇とのバランスを

仏壇仏具店で購入します。
サイズや素材もいろいろあります。澄んだ音色の、余韻の長いものを選びましょう。可能なら、音を鳴らして気に入ったものを購入します。
また最近では、通販でも購入できます。
りんの製造方法、大きさ、素材によって値段もさまざまです。
宗派によって必要なものや、お仏壇とのバランスも考慮しましょう。

りんにも宗派がある?

りん自体に、宗派は関係ありません。りんを座布団の上に置くか、指定のりん台に置く宗派もあります。

りんの座布団

宗派によって決まりがあります。
浄土真宗本願寺派は、六角形のりん台を使用します。
真宗大谷派では、金襴輪(きんらんわ)の上にりんを置き、りん台に乗せます。りん台は4角形です。金襴輪が座布団の代わりです。
その他の宗派は、りんは専用の座布団の上に置きます

りん 浄土真宗本願寺派

浄土真宗本願寺派のりん台

仏壇とりんの関係

りんを鳴らすことで、邪気を払う意味があります。
仏壇はご先祖様と向き合う場所です。
りんの音で邪気を払い、清らかな心でご先祖様と向き合います。ご先祖様と向き合うことは、踏み込んで考えるとご本尊と向き合うことにも繋がります。

お焼香では鳴らさない

仏壇にお線香をあげる際、りんを鳴らすのは間違いです。
りんは自分が来たことを知らせるために鳴らすものではありません。
読経する前や、日常礼拝ではない場合はりんを鳴らす必要はないのです。

りんの掃除はどうすれば?

金属ですので、古くなると表面がくすんできます。少しでも変色したら、磨きます。
仏具専用の洗浄剤や研磨剤を使い磨きます。
ただし、研磨剤は金メッキのものや金箔仕上げなどの塗仏具には使ってはいけません。
表面が青緑色に変色した場合は、自分で元に戻すことは難しく、職人の手入れが必要になります。

りんの音色

良いりんは余韻の中でゆらぎ、心地よい音を奏でます。音色の違いは、大きさや厚み、製造法が鋳造か鍛造によって変わります。

りんがなったら合掌?

法要などで、導師の読経の際にりんを鳴らす場合があります。区切りの合図で、「合掌してください」の意味ではありません。合掌は読経の最初と、最後でいいそうです。

りんを鳴らす回数が決まっている宗派も

同じ宗派でも、お寺によって異なります。浄土真宗本願寺派では、始めに2回、途中に1回、最後に3回鳴らします。
読経の時以外も鳴らしていいという宗派もあります。

りんは仏壇のどこに置く?

経机の上に置きます。最近は、家具の上に置く仏壇もありますが、その場合は経机が引出式になっています。また、折りたたみ式の場合もあります。
仏具の配置は宗派によっても異なりますので、菩提寺に確認しましょう。

りん 仏壇 一般的 置き場所

家具の上に置くタイプの仏壇

まとめ

お仏壇には必ずりんがあります。仏壇を拝むときに鳴らすものだと教えられてきましたが、どうやら違うようです。りんは読経の際、音程とリズム合わせのために鳴らされます。また、その音色は邪気を払うとされ、仏壇を通して先祖や仏様と向き合うための仏具なのです。

関連する記事

あわせて読みたい記事

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト