今更聞けない。失礼のない、お葬式に適した服装は?

以前は白い装束を着て列席したお葬式。黒色の服装になったのは戦後になってからです。厳格なマナーがありそうなお葬式ですが、意外にも時代の状況に合わせて変化してきています。列席にふさわしい服装についてご案内しますので、どうぞ参考になさってください。

目次

  1. 喪服に込められた意味
  2. 戦前のお葬式はは白い装束を着ていた?
  3. お通夜やお葬式で、親族側にふさわしい服装
  4. 会葬者として列席する場合にふさわしい服装
  5. 冬場のお葬式にふさわしい服装は
  6. 礼服を用意するには
  7. 親戚のお葬式は何親等まで?
  8. まとめ

喪服に込められた意味

日本では古来、死は穢れたものと信じられており、遺族にはその穢れがついていると考えられていました。そのため、遺族は喪に服すという意味合いで喪服を着用していました。弔問客は、遺族の気持ちに沿った地味なものであれば普段着でも構わなかったそうです。それが、黒い礼服が一般化するに連れて、参列者も着用するようになり、いつしか参列者全員が黒い礼服を着るようになったようです。

黒色は結婚式の黒留袖でも分かるように、縁起の悪い色ではなく、おめでたい意味も持つ色です。一方白色には、清めや旅立ちという意味合いがあります。亡くなった方に白装束を着せたり、結婚式で白無垢を着るのはこういった意味に基づくものです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

戦前のお葬式はは白い装束を着ていた?

その昔、死はうつると思われていたので、清めるために白の服装でお葬式に臨みました。明治に入り、上流階級には洋装が流行し、その影響から黒の礼服をお葬式に着るようになりましたが、庶民に広く洋装が広まったのは戦後になってからです。
黒い服装になったのは、「戦後はお葬式が多かったので、汚れが目立たない黒い服装にした」「貸衣装屋が、回転率を上げるために汚れが見えない黒い服装を中心に揃えた」「洋服がより広まったので、黒い礼服が一般的になった」など諸説あります。

お通夜やお葬式で、親族側にふさわしい服装

女性の服装

お通夜、お葬式共に、黒のワンピース、アンサンブルやスーツなど肌の露出が少ない服装をしましょう。足元は黒色のストッキングに同色のパンプスを履き、エナメルのように光沢のある素材や細いヒールや、派手な金具などは避けます。
アクセサリーは、パールに限ってネックレスかイヤリングどちらかのみ着用可能ですが、その場合、二連のネックレスは避けましょう。不幸が連なるとしてお葬式ではタブーです。お化粧や髪型も地味なものにして、マニュキアなども厳禁です。

男性の服装

上下とも光沢の無い黒のスーツに黒いネクタイを着用し、ベルトは黒色、バックルはシルバーの目立たないものを選びます。靴下は黒色、ハンカチは黒色又は白色の地味なものを持ちます。結婚指輪以外のアクセサリーは外して、時計も地味なデザインのものにします。

子供や学生の服装

制服があれば制服を着用します。無い場合は、黒又は紺色のブレザーに同色のスカートやパンツに白いシャツというのが無難な服装です。靴は黒い色が望ましいですが、無ければ紺色などの目立たない色にします。女の子の髪留めは地味なデザインのものにしましょう。

会葬者として列席する場合にふさわしい服装

葬儀

個人を偲ぶという意味合いで、お通夜もお葬式も正装を着用しますが、親族よりも格上の服装にならないよう、略式の正装(ブラックフォーマルやブラックスーツ)を着用するのが普通です。
お通夜は、急な知らせに駆けつけるということから、紺色やダークグレーのスーツなども失礼にはなりませんが、用意をする時間があればブラックフォーマルが無難です。
子供に関しては、親族同様制服があれば制服着用が望ましいです。

冬場のお葬式にふさわしい服装は

男女共にブラックフォーマルですが、上にコートを着る場合は、黒色又は紺色のものにして、建物に入る前に脱いでおきます。コートはカジュアルなデザインのものやジャンパーなどは避けます。又、毛皮や革製品は殺生を意味するので厳禁です。
葬儀は建物の中で行われることが多いので、冬服の礼服は特に必要なく、オールシーズンのもので問題ありません。又、外でのお葬式の場合は、お焼香の時以外は、コートを着ていても大丈夫です。

礼服を用意するには

礼服を購入する、レンタルする

頻繁に着るものではありませんが、もしものときのためにブラックフォーマルは用意しておきたいものです。デパートなどのスーツ売り場で2~3万円程度から購入できます。体型が変わらなければ特に買い換える必要はないので、いつまでも着られるようなシンプルなデザインのものを選びましょう。
又、即日受け取り可能なレンタル礼服も全国にあります。急な知らせに慌てないように、近くで受け取り可能なお店を予め調べておくと良いでしょう。

親戚のお葬式は何親等まで?

人々

親戚のお葬式は何親等まで出るべきなんでしょうか。下に分かりやすい早見表をつけましたが、基本的に二親等までは必ず、三親等は場所や時間の都合がつく限り出席が望ましいです。いとこは四親等となり、普段の付き合いによって出席を決めることが多いようです。

まとめ

お葬式での一般的な服装についてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。急な連絡に慌てないように、予め準備をして相応しい服装で参列し, 亡くなった方のご冥福を祈りましょう。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬式・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬式・服装」についてさらに知りたい方へ

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

お葬式のマナー。夏の服装はどうしたらいい?のサムネイル画像

お葬式のマナー。夏の服装はどうしたらいい?

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!のサムネイル画像

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬式・服装」についてさらに知りたい方へ

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

お葬式のマナー。夏の服装はどうしたらいい?のサムネイル画像

お葬式のマナー。夏の服装はどうしたらいい?

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと