突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方

「お通夜」に参列する際、故人やご遺族に失礼のないよう、事前に知っておきたい「お通夜」のマナーについてご説明します。また、参列できない場合に送る電報の送り方・電報の文例なども併せてご説明します。

目次

  1. 「お通夜」とは
  2. 「お通夜」の服装
  3. 「お通夜」の香典
  4. 電報(弔電)とは
  5. 電報(弔電)の送り方と受取人
  6. 電報(弔電)の文例と料金
  7. 「お通夜」まとめ
  8. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「お通夜」とは

「お通夜」は、故人との最後のお別れを惜しむためのものです。訃報は突然やってくるので、慌てて後悔しないように、基本のマナーをしっかり確認しておきましょう。

「お通夜」は、故人のご遺族やご親族が、お線香を絶やさず、故人とともに一夜を過ごす儀式です。そのことから、一般的に「お通夜」には、ご遺族やご親族、故人と親しい間柄の人が参列しますが、葬儀・告別式に参列できない場合は、故人と直接親しい間柄でなくても、「お通夜」に弔問してもかまわないとされています。最近では、「お通夜」にのみ参列する人が増えている傾向にあるようです。

「お通夜」の服装

お通夜の場合は、訃報を受けてからすぐに駆け付けるということから、地味な服装(濃紺やダークグレーなど)であればかまわないとされていますが、「お通夜」だけに参列する場合や、用意できるのであれば、喪服を着用します。但し、参列者は、ご遺族より格が上にならないように、正式な礼服(和装など)ではなく、略式の礼服(ブラックフォーマル)を着用しましょう。

【男性のブラックフォーマル】

・ブラックスーツ(無地)
・ネクタイ(黒無地:ネクタイピンは不可)
・ワイシャツ(白無地)
・靴下(黒無地)
・靴(黒:金具のないもの)
*注意*
光るもの(アクセサリーや大き目のベルトのバックル)、爬虫類のベルトなどは不可です。

【女性のブラックフォーマル】

・ワンピース(黒無地)、ツーピース(黒無地)、ブラックスーツ(無地)
・ストッキング(黒無地)
・靴(黒パンプス:金具のないもの)
・バック(黒:金具や装飾のないもの)
*注意*
光るもの(アクセサリーや大き目のベルトのバックル)、爬虫類のベルトなどは不可です。
パールやオニキスなどのアクセサリーは可です。但し、二連、三連のものは不幸が重なるとされ不可です。
肌をあまり見せないのがマナーですので、スカートはひざ下、袖の長さは、夏場でも基本は長袖ですが、五分袖・七分袖は可です。
また、殺生を連想させる毛皮や革のコート・小物は不可です。

「お通夜」の香典

不祝儀の表書きは、故人の宗教によって異なりますが、「御霊前」なら、宗派を問わず使えるので、曖昧な場合は無難です。また、お花やお供物を遠慮したいというご遺族も増えていますので、全てにおいて、故人とご遺族の意向に合わせます。
香典は、袱紗に包み、受付で相手の正面に向けて、両手で差し出します。お札は、新札は避けましょう。

香典袋の書き方

表書きは、薄墨を使い、フルネームで書きます。連盟の場合は、3名までなら表書きに書きますが、それ以上の場合は、表書きは「○○○一同」などとし、内袋に詳細を書きます。
取引先など、法人として弔問した場合でも、表書きを会社名だけで香典を出すことはあまりありません。ご遺族に故人との間柄が伝わるように、会社名を右に書き添えて、中央に社長名や代表者名を書くようにしましょう。

内袋には、表に金額、裏には住所・氏名を書きます(基本は縦書きです)。故人との間柄によっては、女性の場合は、旧姓も書き添えます。

電報(弔電)とは

訃報に接したとき、「お通夜」・告別式に参列できない場合には、電報(弔電)でお悔やみの気持ちを伝えます。葬儀の日程や時間をすぐに確認し、電報(弔電)は、「お通夜」の当日か、遅くても告別式の前までに届くようにします。
電報(弔電)は、台紙もいろいろ選べるようになっていて、押し花や刺繍のもの、最近では、お線香のついたものやプリザーブドフラワーがついたものなど、様々です。

*プリザーブドフラワー*
生花や葉を特殊な液体に沈めて、水分を抜いた素材のことで、水やりの必要もなく、生花と変わらない美しさを保ちます。保存期間は、気象条件にもよりますが、5年~10年保存可能です。

電報(弔電)の送り方と受取人

電報(弔電)は、電話・FAX、インターネットで申し込むことができます。
受取人は、通常は、喪主になります。喪主が分からない場合は、「故○○○○○様ご遺族様」になります。喪主でない方を受取人とする場合は、「喪主○○○○○様方」として、別の受取人の方宛てに送ることもできます。また、電報(弔電)を送る際に注意が必要なのが、依頼人名(差出人名)です。受け取る側に、よりわかりやすくするために、故人との関係がわかるような肩書を添えるなどしましょう。
電報(弔電)を送るには、「お通夜」・告別式などの詳細な情報が必要になります。電報(弔電)を申し込む前に、下記の情報を確認しておきましょう。

1.葬儀の日程・時間
2.場所(住所・電話番号)*斎場の場合は斎場名も必要です。
3.受取人の名前(フルネーム)
4.依頼主の名前・住所・連絡先

電報(弔電)の文例と料金

電報(弔電)は、文字数と台紙によって、料金が異なります。電報(弔電)は、故人やご遺族へ惜別の思いを伝えられるように、文面を自作する以外にも、文例を参考にするのもいいでしょう。
一般的に、電報(弔電)の料金は、「文字数+台紙+消費税」になります。文字数には、依頼人名の名前や住所なども含まれます。また、書体を毛筆にしたり、受取人を連名にしたりすると、オプションとして、追加料金がかかりますので、注意しましょう。
台紙は、シンプルな¥0(無料)のものから、刺繍を施した¥2,000~のものなど、多種多様にあるので、故人やご遺族との間柄によって、選ぶといいでしょう。

文例

【続柄の敬称での表し方】
祖父=ご祖父様・おじい様 ,祖母=ご祖母様・おばあ様
父=ご尊父様・お父様, 母=ご母堂様・お母様
夫=ご主人様 , 妻=奥様 ご令室様
息子=ご令息様・ご子息様, 娘=ご令嬢様・ご息女様

一般的な文例

・ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

・○○○様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。ご生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに、安らかなお眠りをお祈りいたします。

・○○○様のご訃報に接し、心より哀悼の意を表します。ご遺族のお悲しみをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

会社関係の文例

・○○○様のご生前のご厚情に深く感謝するとともに、ご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

・ご逝去の報に接し、御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。

・御社○○○様のご訃報に接し衷心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様 に心からお悔やみ申しあげます。

「お通夜」まとめ

突然の訃報に接したとき、誰でも慌ててしまいます。しかし、故人との最後のお別れを惜しむ儀式なので、後悔や失礼のないよう、故人をお見送りしたいものです。たとえ、「お通夜」に弔問できなくても、電報(弔電)という惜別の思いを伝える手段はありますので、お悔やみの気持ちのこもった電報(弔電)をすぐに送ることで、故人やご遺族に伝わると思います。伝え方は様々ですが、マナーをしっかり確認したうえで、なにより、故人のご冥福を心よりお祈りしたいものです。

花

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「通夜・電報」に関連する記事

「通夜・電報」についてさらに知りたい方へ

  • 葬儀におくる電報(弔電)についてのマナーを紹介します

    葬儀におくる電報(弔電)についてのマナーを紹介します

    葬儀の連絡は突然で、慌ててしまいますね。お通夜にも告別式にも参列できない。そのような場合はどうしたらいいのでしょうか?葬儀に参列できない時は、電報(弔電)でお悔やみの気持ちを伝えましょう。今回はあまり使うことのない電報(弔電)のマナーについて紹介します。

  • お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

    お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

    訃報を受けてお悔やみの電報を送ることがあります。この電報を弔電といいますが、どのような文例を使ってどこから送るのかなど、社会人としてぜひ知っておきたいマナーです。この記事では、お悔やみの電報を書く場合の注意や文例、送り方などを説明します。

  • 弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

    弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

    遠方や用事などの事情でお通夜や葬儀に参列できない場合、弔電が役立ちます。弔電を送ることで、故人への哀悼と遺族の方への励ましの気持ちが伝わります。今回は弔電の送り方や文面作成のマナーなどの解説です。仏教でない宗派の葬儀の弔電についても説明していきます。

  • お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方について

    お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方について

    お葬式に電報を送る事になったけれど、どんな事を書けば良いのか?送り方は?等々、迷っておられませんか?お葬式に送る電報について解説します。

  • 社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介します

    社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介します

    社葬での弔電を上司から頼まれたけど、どう対応すればいいのか悩む方は多いのではないでしょうか?個人で送る弔電と、社葬の弔電は何が違うのか?社葬の弔電に用いる文章の書き方は?費用はどれくらいか?送り方やマナーはあるのか?今回はそんな疑問にお答えします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「通夜・電報」についてさらに知りたい方へ

葬儀におくる電報(弔電)についてのマナーを紹介しますのサムネイル画像

葬儀におくる電報(弔電)についてのマナーを紹介します

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!のサムネイル画像

弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方についてのサムネイル画像

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方について

社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介しますのサムネイル画像

社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと