縁起物のだるま!処分の時期とその方法は?

古来から縁起物として人気のだるま。みなさんは、だるまを飾った後にどのように処分すればよいのかご存知ですか?今日はだるまの処分の時期とその方法をご説明したいと思います。

目次

  1. だるま
  2. いろいろなだるまの種類
  3. だるまの処分時期
  4. だるまの処分方法
  5. 適切に処分し、次のだるまへ
  6. おわりに
  7. 終活の専門家に相談してみよう

だるま

だるま

だるまは、禅宗の開祖である菩提達磨(だるま)大師の坐禅してる姿をした、丸いフォルムの置物です。今では縁起物として、たくさんの人に親しまれています。

どんな時に購入する?

だるまは、勝負事や合格祈願のために購入します。また、魔除けやお祝い事の際にも利用することができます。

だるまの色

赤い色をしているのが一般的ですが、カラフルなものも見かけます。願い事によって色を選ぶことができますが、勝負事の時はやはり赤が定番です。ちなみに、中国から日本に伝わってきた当時は黄色だったそうです。

勝負事、合格祈願、魔除け、家内安全など

金運アップなど

健康第一など

だるまの大きさ

大小さまざまで、住んでいる部屋の大きさや雰囲気によって選べるのが嬉しいです。願いをかなえたければ、欲しいだるまの大きさより一回り大きなだるまを買うとよさそうです。

だるまの目

店頭にあるときは黒目がない状態で売られているのが特徴で、購入後に願掛けをしながら黒目を自分で入れます。目を入れる順序は左右どちらが先かは明確には決まっていないようですが、まず左側の目を先に入れるのがいいようです。気持ちを込めて目を描きいれることで、だるまに自分の気持ちを吹き込みます。いわば自分の魂を入れ込むようなものですね。願いが叶ったら、右目に目を描きいれてあげて下さい。右目に目を描きいれることを開眼(かいげん)と言います。

だるまを置く位置

神棚がある場合は神棚が望ましいですが、必ずしもその限りではありません。昔とは違い、現在のライフスタイルは多種多様になりました。そのため、神棚がないご家庭もあるためです。しかしながら、だるまを飾る場合は方角だけは気にして下さい。南向きにだるまを置いて飾って下さい。

だるまを飾る際に気をつけること

だるまを飾る際に気をつけることは、特にありません。ただ、縁起物であるだるまをトイレやごみ箱の近くに飾ることは避けたほうがよさそうです。また、埃やカビが付いたままにしておくと、ご利益が少なくなりそうな気がします。なるべくきれいな状態で飾りたいものです。

いろいろなだるまの種類

日本にはだるまが有名な地域がいくつかあります。

群馬県高崎市の高崎だるま

高崎だるまは、群馬県の指定している「ふるさと伝統工芸品」です。年に一度、1月にだるま市が高崎で開催されます。群馬県高崎市内2カ所で開催され、多くの人で賑わいます。

七草大祭だるま市

およそ200年の歴史がある「七草大祭だるま市」は、例年1月6日、7日に開催されます。場所は少林山達磨寺です。

高崎だるま市

「高崎だるま市」は、1月1日、2日に開催されます。場所はJR高崎駅周辺です。

埼玉県越谷市の越谷だるま

越谷だるまは、埼玉県の指定している「伝統的手工芸品」です。普通のだるまよりも端正な顔立ちをしているのが特徴です。川崎大師などで購入することができます。

新潟県の三角だるま

三角だるま

三角だるまは、新潟県の「民芸品」です。起き上がりこぼしのようになっていて、まさに七転八起(七転び八起き)を表しているようなだるまです。

七転八起(七転び八起き)

「7回転んでも8回起き上がること」から転じて、「何度失敗してもくじけず、立ち上がって努力すること」と言う意味で使われています。

だるまの処分時期

願いを込めて用意しただるまですが、願いが成就してもしなくても、ある程度の時期が来たら処分することになります。目安としては、購入からおよそ1年くらい飾ったら処分しましょう。

だるまの処分方法

だるまを処分する際ですが、ごみ袋に入れて処分するのはやめましょう。だるまは、菩提達磨大師の化身ようなものですので、とても失礼にあたります。お焚き上げ供養をしている仏閣に持っていき、願いを込めて処分するようにしましょう。できれば神社よりもどんど焼きを開催している寺院で処分してもらう方がいいと思います。もしお近くにだるまを処分してくれる場所がない場合は、郵送で受け付けてくれる仏閣もあります。だるまの処分に困った際には、ぜひ利用してみて下さい。

適切に処分し、次のだるまへ

だるま

だるまを飾る期限は、およそ1年とされています。それ以上飾っても効果が期待できないので、1年経ったら適切な方法で処分しましょう。もし、祈願したことが成就したのであれば、次の年は処分しただるまよりも一回り大きなだるまを購入するといいでしょう。もし、祈願したことが成就しなかった場合は、御礼の気持ちを込めて右目を入れてから処分しましょう。そして、気持ちを新たに、まただるまを購入し直すことをおすすめします。だるまを適切に処分することで、1年間頑張ってくれただるまへの感謝の意を伝えることができますね。

おわりに

いかがでしたか?何ともユニークな形をしているだるまは、日本の伝統工芸品です。だるまを部屋に飾って、願掛けをしてみてはいかがでしょうか?

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「だるま・処分」に関連する記事

「だるま・処分」についてさらに知りたい方へ

願いを叶えてもらった後は…だるまの供養方法のサムネイル画像

願いを叶えてもらった後は…だるまの供養方法

縁起物の代表格、だるま。願いが叶い、無事に両目を入れた後は正しい方法で供養する必要があります。だ

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。のサムネイル画像

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。

身内や親戚に不幸があると、不用品を処分する必要が出てきます。終活に備えて不用品を処分しようと思っ

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」とはなんなのかのサムネイル画像

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」とはなんなのか

先祖代々のお墓を守っていくために、と子孫繁栄を願ったのは昔の話。ライフスタイルの変化や少子化でお

不要な遺骨はどうやって処分すればいいのか?遺骨の供養方法のお話のサムネイル画像

不要な遺骨はどうやって処分すればいいのか?遺骨の供養方法のお話

代々お墓を継いでいるとお墓の室の中は遺骨の入った骨壺にでいっぱいになってしまいます。 こうした場

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

誰のか分からない遺骨が出てきた時、処分に困りますよね。遺骨は正しい処分方法で処分しなければ違法に

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    人が生涯の中で一緒に過ごす相手で最も大切な存在の1つが親です。しかし、親は亡くなった際にお墓がなければ、そのための費用を主に子が負担しなければいけません。しかし、お墓を建てるには多額の費用を要します。今回は、親のお墓を建てる際の費用について見ていきましょう。

    2
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    3
  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

    4
  • 樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

    5

関連する記事

「だるま・処分」についてさらに知りたい方へ

願いを叶えてもらった後は…だるまの供養方法のサムネイル画像

願いを叶えてもらった後は…だるまの供養方法

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。のサムネイル画像

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」とはなんなのかのサムネイル画像

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」とはなんなのか

不要な遺骨はどうやって処分すればいいのか?遺骨の供養方法のお話のサムネイル画像

不要な遺骨はどうやって処分すればいいのか?遺骨の供養方法のお話

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

2
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

3
お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

4
樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと