通夜の準備~故人をしのぶための大切な心がまえ

故人との別れをするために通夜が行われます。通夜に出席するために必要な準備と、通夜をおこなうために必要な準備をまとめます。

目次

  1. 通夜とは
  2. 喪主とは
  3. 準備~喪主の行うこと
  4. 親族の手伝い
  5. 弔問客の心得
  6. 遅刻注意
  7. 通夜の準備のまとめ

通夜とは

通夜とは、「夜を通して」という意味があります。それは亡くなった方と近しい方が夜を通してそばに付き、慰めるという意味がありました。
もともと近親者のみが出席するものでしたが、現在は弔問客も仕事の都合などもあり、通夜に出席してお葬式には出席しない方もみえます。

通夜の時間

通夜が行われるのは、亡くなった翌日であり、葬儀の前日に行われます。特に時間帯に決まりはありませんが、現在は夕方から夜にかけて行われます。仕事終わりで出席してもらえるようにとの配慮もあり、夕方行われるように変わってきました。

喪主とは

喪主は亡くなった方に一番近しい方、個人の配偶者・子・兄弟が執り行います。ですが、子どもが親よりも早くなくなった場合は、親が喪主になることは逆縁といい、縁起が悪いとしてさけられてきました。また、夫婦で夫が先に亡くなった場合は長男が喪主になる習慣がありました。

準備~喪主の行うこと

喪主がまず最初にすることは
1.葬儀社を決める。
2.近親者への連絡。
3.宗教関係への連絡。
4.死亡診断書の受け取り。
5.火葬の手続き。
6.遺影選び。
主に通夜が始まる前の準備としてあります。

遺影選び

ご本人が事前に準備して、一番よくとれている写真を用意しておくのが一番です。
通夜に向けての遺影を選ぶ時には、顔がはっきりと分かることが重要です。背景や服は葬儀社でふさわしい背景と服装に変更することが出来るので、問題ありません。

男性喪主の服装

喪主の服装にもいろいろと悩むところです。現在は男性はブラックフォーマルが主流です。男性でも着物を着る方もいらっしゃいますが、葬儀社でレンタルしてくれる場合があります。
スーツは華美なものでなければ、特に問題はありません。

女性喪主の服装

女性の場合は着物を着られる方が多かったのですが、現在は洋服の方も多くなりました。着物の場合レンタルもしています。洋服の場合は華美な服装を避けて、肌の露出を控えたものであれば問題はありません。
アクセサリーは結婚指輪以外は控え、お化粧も色味を押さえ気味にします。

服装のタブー

ブラックフォーマルであれば問題はありませんが、華美な服装と肌の露出は控えます。
タブーとなるものは、革製品の物は殺生を連想させるので避けます。靴やバッグなど、本革の物は避けてください。本革でなく合皮であればマナーとしてはいいですが、布製の物がよりベストです。

通夜のために決めること

通夜のために準備することは、葬儀会社がリストを作っているので、その流れに沿って進めます。
1.お供え。
2.受付。
3.席次。
4.司会進行。
5.僧侶。
6.お礼状、お返し。
葬儀会社で進める手はずは整っているので、落ち着いて進めてください。

親族の手伝い

亡くなった方に近しい親族であれば、少し早めに通夜の場に向かい、準備を手伝うと、喪主の方も落ち着いて進めることが出来ます。受付の手伝いや、司会進行によって紹介される故人との思い出など、通夜が行われる前の準備は様々あるので、近しい親族は早めに付くように準備します。

弔問客の心得

弔問客は事前に準備する時間も少なく、心構えもなく突然ということが多くあります。ですが、社会人になれば会社でもブラックフォーマルが必要になることもあるので、事前に準備しておくと、より落ち着いて出席できます。

弔問客の服装~男性

男性であれば、普段来ているスーツでも構いませんが、ベルトやネクタイなど、小物に注意が必要です。「突然のことで取り急ぎ」という意味があるので、普段の服でもいいとされていますが、華やかなものは避けます。
普段から喪服を用意すると、慌てることなく参列することが出来ます。

弔問客の服装~女性

通夜は普段着でもいいとされていました。「急なことだったので、取り急ぎ」という意味が込められ、平服でした。ですが、現在はブラックのフォーマルで参列されるようになってきました。華美な服装を避け、学生であれば学生服で参列します。

忌み言葉

通夜やお葬式の場でも忌み言葉として、「たびたび」「ますます」などの重ね言葉は避けます。「死」を連想させる言葉も出来るだけ避け、「永眠」「他界」などと表現します。
故人を励ますための言葉なので、無理に言葉をかけずに、手を握るだけでも励ましになります。

弔問客の服装~女性

肌の露出を避けて喪服を選びます。特に、夏場は暑いので半袖を着たい日もあると思いますが、7分袖か、半袖を着るのであれば上着を着ます。スカートをはく場合は、膝が見えるものを避けるのが無難です。正座する場合も考えて、ミニスカートは避けます。

弔問客の持ち物

忘れ物をしても取りに帰ることも出来ないので、家を出る前に確認をしましょう。
1.香典。
2.香典を包む袱紗。
3.数珠。
4.ハンカチ。
シンプルな色合いでまとめます。

遅刻注意

通夜やお葬式に出席する場合、受付が混雑するので、早めにつく方が無難です。やむを得ない場合を除いて、間に合うように参列します。しめやかに個人とお別れをする場なので、遅刻した場合は静かに開いている席に座ります。

通夜の準備のまとめ

通夜はしめやかに故人に別れを伝える儀式です。通夜とお葬式を進める準備も大切ですが、故人との思い出も整理し、気持ちの準備も時間をかけて行ってください。

「通夜・準備」に関連する記事

「通夜・準備」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「通夜・準備」についてさらに知りたい方へ

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?のサムネイル画像

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?のサムネイル画像

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介しますのサムネイル画像

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介します

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!のサムネイル画像

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

通夜の前日までにしておいた方が良いことのまとめのサムネイル画像

通夜の前日までにしておいた方が良いことのまとめ

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

葬儀の流れが分かる!葬儀から納骨までの流れを解説します!のサムネイル画像

葬儀の流れが分かる!葬儀から納骨までの流れを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「通夜・準備」についてさらに知りたい方へ

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?のサムネイル画像

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?のサムネイル画像

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介しますのサムネイル画像

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介します

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと