数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違い

お葬式に欠かせない数珠ですが、略式数珠が多く使われます。略式と本式の違いと込められている意味をまとめました。

目次

  1. 数珠とは
  2. 略式数珠
  3. 略式数珠の基本
  4. 本式数珠
  5. 数珠の玉
  6. 略式数珠のまとめ
  7. 終活の専門家に相談してみよう

数珠とは

もともと数珠とは礼拝をおこなうときに手にかけます。宗教の信念としての意味と、実用的な意味があります。
宗教的には、仏様と持ち主をつないでくれる法具としての意味を持ちます。
それぞれの宗派にもよりますが、実用的には唱える念仏などの回数を数えるために使われます。

数珠の持ち方

葬儀

略式数珠の持ち方にも作法があります。宗派によって違いがあります。数珠を手にかけ親指で支えるように手にかけます。お焼香に立つときなどの動く時には左手で持ちます。お参りをする時など合掌するときは左手にかけたまま、右手を添えるか、両手に数珠をかけて親指で押さえます。

略式数珠

略式数珠とは宗派に関係なく使うことが出来るように、オールマイティに作られている数珠を略式数珠と言います。また、片手数珠とも呼ばれています。
どのような宗派・宗教の行事にも使うことが出来るので、社会的な立場で出席する場合に、略式数珠が多く使われます。

略式数珠の基本

数珠の基本は「108玉」とされ、念仏を数えるために108の玉がつけられています(宗教によって細かい違いがあります)。略式数珠は玉の数に決まりはありません。略式数珠は、主玉(おもだま)・天玉(てんだま)・親玉(おやだま)・ボサ・房(ふさ)によって作られています。

男性用と女性用

略式数珠にも男性用と女性用の違いがあります。男性用と女性用のお違いは、数珠の玉の大きさ、玉と房の色の違いと長さが主な違いです。
略式数珠は腕の太さに合わせて、男性用は大きめで存在感があり、黒か茶色の石が使われています。女性用は小ぶりで華やかさがあります。

本式数珠

本式数珠とは、オールマイティな略式数珠と違い、各宗派ごとに合わせて作られた数珠です。
各宗派ごとに細かい点が違い、社会的な立場で出席する場合には略式数珠が好まれ、親類や自身の宗教の行事などに使われます。違う宗派の数珠を持って行っても問題はありません。

天台宗の数珠

天台宗の数珠の特徴は、玉が真ん丸ではなくて、平べったい形をしています。また、主玉が108個ついて、房には平玉が20個と丸玉が10個ついています。
天台宗の数珠の持ち方は房を下向きに垂らして、2重に手をかけて合掌をします。

浄土宗の数珠

浄土宗の数珠の特徴は、2つの輪が重なっているよう見えるような形です。玉の数は108個使われ、僧侶が使う正式な数珠は荘厳数珠とされ、信徒が使うものは日課数珠と呼び分けられます。
持ち方は房を下に垂らして左手にかけて、合掌をします。

真言宗の数珠

主玉が108個付、菊房が付いています。長いため、2重にして持つため振分数珠ともよばれます。数珠を擦り音を鳴らすことが特徴で、108の煩悩を砕くという意味が込められています。
持ち方は、両手の中指に数珠をかけて合掌をします。

浄土真宗の数珠

主玉が108個で作られています。大きな特徴として、房が片方蓮如結びされて、数が数えられないようになっています。煩悩を抱えたままでもよい、そのままの状態で救われるという教えなので、煩悩を持っていてもいいという考え方の表れなのです。

日蓮宗の数珠

日蓮宗の数珠は祈祷用にも種類が多く、同じ日蓮宗の中でも細かく違いがあります。基本は長い数珠で41個の小さな玉のついた菊房が付けられています。元は黒檀や紫檀の丈夫なもので数珠を作られていました。
持ち方は、8の字にねじり、両手の中指にかけて合掌をします。

禅宗系の数珠

臨済宗や曹洞宗では念仏などを唱えることを重視ていていないので、細かい規定はありません。主玉が108個の長い数珠が使われます。
持ち方は2重にして左手にかけて、合唱をします。

数珠の玉

数珠に使われる玉の素材に決まりはなく、様々な素材が使われます。木の数珠と天然石の数珠があり、どちらにもいい点があります。特に、略式数珠には細かい決まりはなく、素材の好みによってえらばれます。

黒檀

紫檀と鉄刀木と並び称される銘木です。漆黒の色合いが特徴で、丈夫で強いため、家具などにも使われてきました。黒い色が深いものほど価値が高いとされています。

紫檀

赤みのある木で、硬過ぎるために細工には向きませんが、仕上がりはなめらかで美しい艶があります。ほんのりとバラの香りがするので、ローズウッドと呼ばれます。

柘植

木目が細かく、丈夫で日本で古くから愛用されてきました。使うほど艶やかになり、より風格が出ます。強度が強く細かい細工ができるので、繊細な模様が彫り込まれることが多くあります。

タイガーアイ

虎の目に見えることから、虎目石とも呼ばれます。金運を高めてくれ、災いを退けて成功を導くとされ、男性に人気の高い石です。

メノウ

仏教で重視されてきた石です。心身のバランスを取り戻す作用があると言われ、子宝・安産のお守りとして、古くから女性に愛されてきました。

略式数珠のまとめ

お葬式や法事など、宗教行事で宗派を超えて様々な場で略式数珠は使うことが出来ます。細かい決まりはないので、好みの略式数珠を探して見ませんか?

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「略式・数珠」に関連する記事

「略式・数珠」についてさらに知りたい方へ

法事のときに使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?のサムネイル画像

法事のときに使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?

法事の時に数珠を持っている人は多いですよね。子どものころには必要なかった数珠も歳を重ねるごとに法

お葬式に持って行く数珠についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お葬式に持って行く数珠についてわかりやすく解説します。

お葬式に持って行く数珠ですが、どんな種類の数珠があるのか。どの数珠を持って行けば良いのか。宗派に

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。のサムネイル画像

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。

みなさんは、お通夜や告別式に出席した時に、数珠の持ち方で悩んだことはありませんか?列席者が見てい

お葬式の数珠はどう選ぶ?葬儀での使い方とは?のサムネイル画像

お葬式の数珠はどう選ぶ?葬儀での使い方とは?

お葬式では必需品扱いされている数珠。数珠はデザインも色も様々ですが、一方、宗教的な道具とあって、

どれにしようか迷っていませんか?いろいろある数珠素材のサムネイル画像

どれにしようか迷っていませんか?いろいろある数珠素材

数珠の素材にはいろいろありますが、どれが良いのか迷っている方のために、葬儀・法事用はどうなってい

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと