故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

遺言によって骨を大好きだった場所、思い出の場所に散骨してほしい、と希望をされるケースも増えてきています。散骨をする際には、どのような許可が必要なのでしょうか。許可や方法などについてご紹介いたします。

目次

  1. 散骨とは
  2. 散骨の種類
  3. 散骨の際の許可は?
  4. 散骨の手続き、流れ
  5. 散骨における注意点、許可
  6. 海外での散骨の許可とは
  7. おわりに

散骨とは

散骨とは、火葬をした後の骨を砕いた骨片を、空や山、地面、海などに巻く、もしくはそのまま地面巻く葬送の方法のひとつです。外国のドラマや映画などで見たという方も多いかもしれません。最近では、故人の希望によって遺族が行う場合や、故人の好きだった場所に巻きたいと希望される方もいらっしゃいます。自然葬と呼ばれることもあります。
どんなところにも巻いて良いわけではなく、許可が必要となる場所もあります。

散骨の種類

海洋散骨

散骨

散骨でもっとも知られているのは、海洋散骨です。海洋散骨にもいくつか種類があり、場所や予算などによって方法を選択することが可能となっています。

個人散骨

個人散骨は、遺族が立会いのもと行います。故人が場所をはっきり指定している場合や、散骨に際し、セレモニーを行いたいと遺族が希望する場合に行われます。船をチャーターする等、費用がかかりますが、故人の細かい遺志まで尊重できる方法です。

合同散骨

合同散骨は、複数の遺族と一緒に船に乗って散骨を行います。ハワイなど、特に人気が高い場所の場合は、ツアーなども組まれており、チャーター費用を抑えることができます。

代行散骨

遠方などの事情でどうしても都合が付かない場合には、専門の業者によって、散骨を行ってもらう代行散骨があります。散骨をした場所はGPSなどで確認することが可能です。

山散骨

山

故人が山登りが好きだった等などの希望で、山間部や、森林などに遺骨を巻くのが山散骨です。霊園の中の樹木など、散骨をしても良いと決まっている場所に巻くという方法もあります。遺骨を山や森林に巻くことで、自然に戻っていくという考え方から、人気が高くなってきています。私有地などでの散骨は許可が必要です。

樹木葬

樹木葬は比較的新しい散骨の方法で、1999年に岩手県の寺院によりはじめられました。寺院が管轄をしている山全体を墓地とみたてて、火葬をした遺骨を直接埋め、その場所に環境に配慮した種類の樹木を植えます。東京でも樹木葬の権利が抽選となるほど人気となってきています。宗旨・宗派は問わないことから、お墓を作らず、自然に還ることを希望している方に注目されています。

宇宙葬

宇宙葬という新しい埋葬法法も出てきています。宇宙葬は遺骨の一部分をカプセル状にし、人工衛星のロケットに搭載して打ち上げるという埋葬方法です。人工衛星は、地球の周りをしばらく回ったあと、大気圏に突入する、つまり流れ星となるのです。遺族はロケットの打ち上げに立ち会うことが可能です。

散骨の際の許可は?

骨を巻く散骨は、法律で決められていません。そのため改葬など、行政上の手続きを行ったり、許可を得るといった手続きは不要です。

ただし、遺骨を巻く場所によっては、その場所を管轄している都道府県、市町村などが制定している条例で決められている場合もありますので、許可が必要か必ず確認が必要です。

散骨の手続き、流れ

散骨を実際に行う場合の手続きは以下の通りです。

・散骨の場所、日程を決める

自宅など所有者がはっきりしている土地の場合は、いつでも構いませんが、海洋散骨などの場合は、業者を事前に決めておく必要があります。許可が必要な場合には、事前にとっておきます。

・遺骨の保管

散骨をする日程なでは、火葬後、骨壺で保管をします。

・遺骨を粉末状にする

火葬をした後の遺骨、そのまま巻くことはできません。遺骨を固いものを使って粉末状にしておくか、もしくは専門の業者に粉末状にすることも依頼をします。

・散骨
業者に委託する場合は、業者に遺骨を渡します。また山や海などへの散骨を直接希望する場合は、現地へ遺骨を持参します。

散骨における注意点、許可

散骨は法律では定められていないものの「節度を持って行う」という、マナーを守って行う必要があります。もっとも基本的なルールは「遺骨を粉末状にする」ことで、世界共通とされています。そのほかにも、気を付けるべき点は以下のとおりです。

・自身の所有地以外、他人の土地に散骨をする場合は、必ず権利者の許可を得る。
・許可を得ていない場合は散骨しない
・お墓や目印などを勝手に作らない
・条例を必ず確認をする
・ろうそくやお線香は使用しない
・水源地には散骨をしない
・お供え物は持ち帰る、もしくは用意をしない

海外での散骨の許可とは

海外でも、ハワイでの散骨を希望される方がもっとも多いとされています。
ハワイ州の法律には散骨に関する事項があり、陸地から3マイル以内では散骨は行えません。飛行機には遺骨は持ち込みできますが、税関で質問をされる可能性もあります。

また、散骨には許可証が必要となることがありますので、事前に死亡診断書、火葬許可証、埋葬許可証などを英訳した書類を作成が望ましいとされています。またクルージングと併せて散骨を行うことも可能です。
書類の英訳や手続きなどは、日本人向けの現地の専門業者がいくつもありますので、事前に相談をしてみましょう。

おわりに

散骨

いかがでしたでしょうか。散骨は故人の遺志を最大限尊重しつつ、節度を守って、行うようにしましょう!

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「散骨・許可」に関連する記事

「散骨・許可」についてさらに知りたい方へ

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと