死亡診断書の発行に関する費用や手続きについて

人が亡くなった時には、死亡診断書を発行してもらい、役所に提出する必要があります。死亡した理由や場所、時刻などが記入されている死亡診断書の内容や発行・提出について、詳しく説明をいたします。

目次

  1. 死亡診断書とは
  2. 死亡診断書は医師が発行する
  3. 死亡診断書の提出
  4. 発行された死亡診断書の用途
  5. おわりに
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

死亡診断書とは

医者

死はどんな人間にも必ず訪れるものです。その形は人によって違いますが、残された家族や近しい人たちは、葬儀はもちろん、公的機関や金融機関への手続きを行わなければなりません。

死亡診断書は、亡くなった人の氏名や生年月日に加えて、死亡した時刻や場所、死亡の原因となった病名などを記した書類です。死亡した年齢や原因は、厚生労働省が行う人口動態調査に利用されています。死亡診断書はA3の用紙に死亡届とセットになっているのが一般的で、用紙は役所や病院に置かれています。

死亡診断書は医師が発行する

医者

死亡診断書は診断書の一種で、診察を行った医師または歯科医師が発行します。つまり、死亡診断書に遺族が記入しなければならない部分はありません。

死亡診断書の費用

死亡診断書は健康保険の対象にならないので、2000円~6000円と、医療機関によって費用が異なります。2枚目以降の費用を安く設定している医療機関もあるため、詳細は医療機関の会計窓口に確認してください。なお、厚生労働省では、死亡診断書を発行する際には、実費を元に適正な金額を請求するよう求めています。

死亡診断書が発行されないケース

医師が死亡診断書を発行できるのは、診察を行った患者が、治療を受けている病気や怪我が原因で死亡した場合に限られています。この条件に当てはまらない死に方をした人に対して、医師は検案を行い、死亡時刻や原因を調べて死体検案書を発行します。

例えば、80代の老人が自宅で死亡しているのが見つかったとします。死因が心不全で、生前、心臓の治療のために通院していた場合には、治療を受けている病気と死因に関係があると認められ、死亡診断書が発行されます。しかし、この老人が医療機関で診察や治療を行っていなかった場合には、死体検案書が発行されます。

足を骨折して入院中の20代男性患者が、病室で死亡しているのが見つかったとします。その原因が、食べ物を喉に詰まらせての窒息死だった場合は、治療の内容と死因が無関係のため、検案の対象となり、病院で死亡していても死体検案書が発行されます。

死亡診断書と死体検案書の違い

死亡診断書は医師と歯科医師が発行できますが、死体検案書を発行できるのは医師に限られており、歯科医師はこの書類を発行することができません。書類の形式は同じなので、医師は死亡診断書(死体検案書)と書かれている部分の使用しない方を、二重線で消します。医療機関によっては、死亡診断書と死体検案書で費用が異なることもあります。

死亡診断書の提出

市役所

戸籍法第86条では、死亡届は死亡診断書か死体検案書と一緒に、死亡を知った日から7日以内に、外国で死亡した場合は死亡を知った日から3ヶ月以内に届け出るよう定められています。また、戸籍のない外国籍の人が日本で死亡した場合でも、死亡届の提出が必要です。

24時間年中無休で受付

死亡届と死亡診断書は、死亡した人の本籍地か死亡した場所、または届出を行う人が住んでいる場所にある役所の戸籍担当課に届け出ます。

人の死は、出生や婚姻と同じく、相続に大きく影響することなので、死亡届は役所の業務時間外である早朝や深夜、日曜祝日でも受け付けてもらえます。死亡届が受理されれば、火葬または埋葬(土葬)許可証が交付されます。

届出人とは?

戸籍法第87条では、死亡の届出を行う人について定めています。故人の同居親族か、親族ではない同居人、故人が住んでいた家や土地の家主や管理人、同居していなかった親族のほか、故人の生活支援や財産管理を行っていた後見人や補佐人、補助人も、死亡の届出を行うことができます。届出人の氏名は、死亡届の左下に記入します。

死亡届に記載された届出人は、必ずしも役所に足を運ぶ必要はありません。葬儀社の中には、遺族に代わって役所への手続きを行ってくれる所もあります。葬儀を手配する際に、料金に含まれているものを確認しておきましょう。

発行された死亡診断書の用途

人々

死亡診断書は、死亡届の提出だけではなく、遺族が生命保険の死亡保険金や遺族年金の受け取り手続を行う時にも必要になります。原本が要求される場合と、コピーでも構わない場合があるので、生命保険会社や年金事務所に確認してください。役所に提出する前に、死亡届と死亡診断書のコピーを取っておくことをお勧めします。

おわりに

人々

死亡診断書の発行や届出、用途についてまとめましたが、いかがでしたか?
死亡診断書は、死亡届の提出だけではなく、生命保険や遺族年金を請求する時にも求められる書類です。ですが、本人や配偶者、自分が保険金を支払っているお子さん名義の保険はともかく、親や兄弟の保険加入状況を把握している人は少ないでしょう。エンディングノートなどに控えておくと、遺族や受取人の役に立ちます。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

シェアする

「死亡診断書・発行」に関連する記事

「死亡診断書・発行」についてさらに知りたい方へ

  • 煩雑な手続きを詳しく解説!身内の方の死亡時にやるべきこと

    煩雑な手続きを詳しく解説!身内の方の死亡時にやるべきこと

    誰にでもやって来る「死」というもの。自分の身内の死亡時、どのような手続きをしなければならないのでしょうか。悲しみの中でもやっておかないといけない死亡時の面倒で複雑そうな手続きを詳しく丁寧に解説いたします。

    1
  • 知っておけば慌てません。葬儀を行うまでの手順を紹介!

    知っておけば慌てません。葬儀を行うまでの手順を紹介!

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

    2
  • 身内が亡くなったらどうする?やらなければならない手続き

    身内が亡くなったらどうする?やらなければならない手続き

    ある日、身内の方が亡くなったらどうされますか?その後、やるべき事は山とあり、残されたご家族は対応に追われると思います。身内が亡くなったら行う手続きやその後の対応について解説します。

    3
  • 死亡後の年金受給や停止の手続きを一挙確認しましょう!

    死亡後の年金受給や停止の手続きを一挙確認しましょう!

    ご家族が亡くなられた時には様々な手続きが必要ですよね。 例えば死亡後受けとっていた年金はどうなるでしょう? そこで年金受給者の死亡後の手続きや遺族年金について解説します。 また税金の手続きや相続についても解説しています。 ぜひ最後までお付き合いください。

    4
  • 家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

    家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

    家族が亡くなったら、非常に多くの手続きが必要になります。実際に自分がそれらを行う立場になった場合に慌てない為に、少しでも早く、それらについて知っておく事が必要です。当記事では、家族が亡くなったら行うべき手続きについて紹介します。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気

家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いから

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!のサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いの

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと