おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。

急なお別れはさみしいものですよね。お通夜に参列するときのマナーや服装、時間や流れについては把握していますか?急な出来事にも慌てず心を込めて故人との最後のお別れには参列したいものです。お通夜についてもう1度確認しておきたい内容やお通夜の流れについてお答えします。

目次

  1. お通夜とは
  2. お通夜の流れ
  3. お通夜に持参するもの
  4. ご遺族の方へお悔やみの言葉
  5. お通夜での流れ 最後に

お通夜とは

故人との最後の夜にあたるお通夜。
故人と親しかった方たちが集まり、故人との思い出話をしたり、亡くなった悲しみをわかちあったり、偲ぶ夜となります。急にお通夜に参列することになったとき、慌てずに心を込めて故人との最後のお別れをしたいものです。そのお通夜での時間や、流れ、マナーといったものをご紹介をしていきます。

お通夜の開始時間とその流れ

一般的なお通夜の開始時間とお通夜の流れをご案内します。
お通夜は18時~19時頃から始まり1時間ほどで終了します。
その後、通夜ぶるまいが1~2時間ほどあり21時~22時頃に終了します。
その後は近親者が明け方まで寝ずに一晩中故人の側にいてお焼香を絶やさないようにしてきます。
これが一般的なお通夜の日の流れとなります。

通夜ぶるまいとは?

お通夜が終わるとご遺族の方からお通夜に参列された方へ飲み物、お酒、お食事がふるまわれることがあります。飲みものやお食事を頂きながら故人との思い出話、また故人の方が亡くなられた悲しみを分かち合ったり、ご遺族の方へお声かけしたりする場面となります。

この通夜ぶるまいは地域によって違いがあり、通夜ぶるまいは行わず、飲み物やお食事の代わりにご遺族の方がお土産として渡されたりするケースなどもあります。通夜ぶるまいがあるときにはご遺族の方からお声がけがありますのでなければそのまま帰宅する、と思って良いでしょう。

お通夜の流れ

お通夜の流れとはどのようになっているのでしょうか。いまからお通夜の流れについてご案内していきます。

葬儀

まずお通夜の全体の時間は1時間程度です。お通夜の受付は30分ほど前くらいから決められた場所で受付を開始します。時間になりましたらお通夜が開式されます。
お通夜の流れとしては
①僧侶による読経と焼香
②遺族の方の焼香
③参列された方の焼香
④通夜の閉式と僧侶退席
これが一般的なお通夜の流れとなります。
また最近では僧侶を呼ばず家族葬という形を取る方もいらっしゃいます。僧侶がいないので読経して焼香するという流れがなく、その代わりに故人の好きな歌を流したり、参列した方が故人の方思い出を一言話をしたり、形式は自由となります。そしてご遺族の方や参列された方が焼香されたり献花をして通夜が終わる、という流れなどもあります。

お通夜に持参するもの

お通夜に持参する最低限のものはお香典と数珠です。お葬式、告別式に参列される予定の方も1番先にお通夜に参列されるのであれば最初に持参してお渡しするのが良いでしょう。
お香典に入れる現金はお祝いではありませんので新札ではないお札を入れることを覚えておくとよいでしょう。またそのままお香典を持っていくのではなく、袱紗(ふくさ)に入れてお通夜へ持参してください。
お通夜の流れの場面でいつお香典を渡せばよいのか?というと、最初の受付でお渡しするのが一般的です。もし受付がなければご霊前にお供えするか、ご遺族の方に直接渡すという形となります。

通夜見舞いとは

お通夜の一通りの流れが終わった後、近親者の方は一晩中故人の方の側にいてお焼香を絶やさないようにします。そのときにご遺族の方がかんたんに食事をとれるように飲み物やパン、お菓子などをお渡しすることがあります。これを通夜見舞いと言います。ご遺族の方へ対する心配りのものと考えればよいでしょう。この通夜見舞いはあとからご遺族の方に気を遣わせることがないように高価なものではなくかんたんな食べ物や飲み物を用意すると良いでしょう。

お通夜でのマナー

まずお通夜に参列するときに気をつけたいのが服装です。最近では葬儀に参列できずお通夜が最後の別れとなる方も増えており、お通夜でも喪服を着て参列するのが一般的となっています。

お通夜で気をつけたいこと 女性編

メイクや髪型は控えてにしたいものです。強い香りのする香水やいま流行の派手なネイルなどは控えていきましょう。また最近では残り香のするシャンプーなどもありますのでお通夜に参列するときには少し気にした方が良いでしょう。
身に付けるもので気をつけたいものは革素材のもの。これは殺生を意味するのでお通夜の席ではふさわしくありません。パンプスなどでは光るもの、たとえばエナメル質の素材のパンプス、ピンヒールは控えましょう。指輪は結婚指輪のみOKです。
いつも身に付けている指輪ですとつい忘れてしまいがちですが、お香典を渡すとき、焼香するときなどお通夜の流れのなかではなにかと手は目立ちますので気をつけたいですね。

お通夜で気をつけたいこと 男性編

お通夜でも出来るだけ喪服で参列されるのをおすすめします。
黒いスーツと変わらないのではないか?と思われがちですが、スーツの生地と喪服は同じ黒色でもまったく違います。喪服は光らないように黒色でも深い深い黒という色を使っています。喪服ばかりの方たちの中に通常のスーツを着た方が入るとその色の違いがはっきり分かり喪服ではないことがすぐに分かります。似ているようでまったく違うものですので気をつけたいものです。

ほか、男性の場合はズボンのベルトの金具が派手でないものを選んでいくと良いでしょう。

ご遺族の方へお悔やみの言葉

お通夜に参列してお焼香をする場面があります。
お焼香をする流れの中でお遺族の方へもおじぎをして挨拶をしていきますが、そんなときに悲しみにくれるご遺族の方へなんと言葉をかけたらよいのでしょうか。自分なりの言葉で伝えることが出来ればよいのですが、こんなときにはなかなか言葉が見つからない、という方も多いのではないでしょうか。
雄弁に言葉を発しなくても、短い言葉で気持ちが伝わる例を挙げておきますので参考にしてください。

お悔やみ申し上げます。

よく使われる一般的なお悔やみの言葉です。ご遺族方へお声をかける際にはいつもより少し低めの落ち着いた口調で声をかけていくのが良いでしょう。ご遺族の方の悲しみの心をくみ取り、お声かけすることが大切です。

このたびはご愁傷さまです。

こちらもよく使われるお悔やみの言葉です。強い悲しみのなかにいるご遺族の方にかける言葉のひとつです。

突然のことで大変でしたね。

これも遺族の方の心中を察してかける言葉の1つです。突然の不幸に戸惑い、気持ちも落ち着いていない状態のご遺族の心を労る言葉です。

お通夜での流れ 最後に

いかがでしたでしょうか。お通夜の流れについてご案内してきました。この記事が少しでもみなさまのお役にたてば幸いです。

「お通夜・流れ」に関連する記事

「お通夜・流れ」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「お通夜・流れ」についてさらに知りたい方へ

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説のサムネイル画像

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説しますのサムネイル画像

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説します

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?のサムネイル画像

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「お通夜・流れ」についてさらに知りたい方へ

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説のサムネイル画像

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと