神道の葬儀とはどんなもの?参列する時、気を付けておく事

皆さんは神道の葬儀に参列したことはありますか?同じ葬儀でも仏教と神道では、作法や言葉等、気を付ける部分が違うようです。

目次

  1. 神道の葬儀~挨拶について~
  2. 神道の葬儀~香典について~
  3. 神道の葬儀~弔電について~
  4. 神道の葬儀~お供えについて~
  5. おわりに
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

神道の葬儀~挨拶について~

神道

仏教の葬儀に参列した経験のある方は、「ご冥福をお祈りいたします」等の言葉を挨拶として使った事があるかと思います。しかし、神道の葬儀では「ご冥福」や「成仏」等の言葉を使うのは良くありません。これらの言葉は仏教用語で神道にはありません。なので、マナーとして葬儀が神式の場合は使わないようにご注意下さい。

では、どう言えば良いのかというと
「御霊(みたま)のご平安をお祈り申し上げます」や「お知らせをいただき、ありがとうございました」等と言えば問題ありません。

他にも「この度は、ご愁傷様でございます」「謹んでお悔やみ申し上げます」等仏教用語が入っていなければ、仏式の葬儀で使われているような言葉でも大丈夫です。

神道の葬儀~香典について~

葬儀

不祝儀袋の種類

白無地である事、白黒や双白の水引を使う事(双銀でも可)等のポイントを抑えておけば、問題ないでしょう。

不祝儀袋を選ぶ際に注意していただきたいのですが、蓮の花が描かれたものは仏教用の不祝儀袋になりますので、間違わないようにして下さい。

不祝儀袋の表書き

不祝儀袋の表書きには、上の段中央に「御霊前」や「御神前料」、「御神饌料」や「御玉串料」等、下の段中央にはご自身の名前をフルネームで記入して下さい。

その際、薄墨で記入するのが良いとされていますが、実際に薄墨を用いている方は一部の方だけなので、ボールペンや筆ペンを使っても、現在では失礼に当たらないといわれています。

香典の金額

神道の葬儀で渡す香典の金額は、仏式での葬儀との違いは特になく、どれほど包むかについても明確な基準はないそうです。なので、故人とどれ位親しかったかやご自身の立場等、自分なりの基準で金額を決めるのが良いと思います。

神道の葬儀~弔電について~

弔辞

冒頭でも書きましたが、神道の葬儀で仏教用語を使った挨拶はマナーに反するので控えましょう。
それは弔電でも同じ事です。「供養」「往生」「僧」「あの世」「弔う」「焼香」等も仏教用語となります。それから「重ね重ね」や「くれぐれも」、「ただただ」等の同じ事を繰り返す表現は忌み言葉、「四」「九」は忌み数といってどちらも避けられていますので、こちらも使わないように注意しましょう。

極端な話、仏式の弔電の内容と全く同じだとしても、上記の条件に該当していなければ、そのまま送っても平気という事です。それではここでいくつか文例をご紹介します。

・悲報に接し、悲しみにたえません。心からお悔やみ申しあげます。
・ご生前のご功績を偲び、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。
・ご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します。
・お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をお詫びし、心からお悔やみ申しあげます。
・○○様のご逝去を悼み、安らかなお眠りをお祈りいたします。

神道の葬儀~お供えについて~

お供え

お供え物の内容

祭壇へお供えする神饌(お供え物の事)はお米、水、塩、御神酒の他に果物、お菓子、お魚、乾物、野菜等、意外と種類が数多くあります。これは故人が好きだった食べ物を選んで持っていくといいですよ。

神饌以外にも幣帛(へいはく)というものも供えます。
幣帛とは、神饌以外の供物をまとめた名称です。昔であれば、農耕機具や衣服等が供えられていました。が、現代では布帛(ふはく)が幣帛の代わりとして供えられます。
布帛とは、木綿や麻等でできた織物の生地です。

逆に供えてはいけないものとして、お線香やロウソク等の仏教で使われているものがあげられます。神道と仏教では死に対する考え方や供え方まで違うので、神式の葬儀では神道のやり方に合わせるのが無難でしょう。

お供え物の並べ方

お供え物を並べる時には、順番があって必ずその通りに置かなければならないとされています。

祭壇には神様の依代として中央に鏡が置かれています。
鏡がある祭壇の高い方、中央の方、そして神様から見て左側が序列が高い所です。

なので、中央と左から順番に序列の高いものを並べます。
序列はお米、酒、お餅、お魚、乾物、野菜、果物、塩、水の順となっています。

序列の高いものから、中心周りに置いていき、次に左側を優先的に置きます。

おわりに

神道

いかがでしたでしょうか?結構、仏教との違いが多くて、驚きました。
挨拶や弔電等で仏教用語を使うと失礼にあたるとのことでしたが、そもそも仏教用語という感覚すらなく、当たり前に使っていました。神道の葬儀に参列する、もしくは弔電を送る際には注意深く、仏教用語が出ないように気を付けましょう。お供え物についても、かなり厳しく並べる順番が決まっていましたね。

事前に調べていても葬儀に参列している間に忘れてしまったら、近くの方に分からない事をお聞きになるのが良いでしょう。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

シェアする

「神道・葬儀」に関連する記事

「神道・葬儀」についてさらに知りたい方へ

  • 意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

    意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

    お墓と言えば、皆さんはどのような場所を想像しますか?仏教ならお寺にあって、年に一度お盆にお参りをしてお花を供える、そんなイメージではないでしょうか?しかし、お寺にはお墓があるのにそもそも神道にお墓ってあるのか不思議。そんな神道とお墓の関係についてお教えします。

    1
  • 弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

    弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

    遠方や用事などの事情でお通夜や葬儀に参列できない場合、弔電が役立ちます。弔電を送ることで、故人への哀悼と遺族の方への励ましの気持ちが伝わります。今回は弔電の送り方や文面作成のマナーなどの解説です。仏教でない宗派の葬儀の弔電についても説明していきます。

    2
  • 無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

    無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

    最近よく聴く、無宗教の葬儀。 あまり馴染みがないかもしれませんが無宗教の葬儀はどういったものでしょうか。 「無宗教の葬儀をしたいけど、実際には何を決めれば良いの?」 「香典は?法要ってするの?納骨も必要だよね?どうすればいいの!?」 そんな疑問にお答えします! 

    3
  • 神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょう

    神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょう

    日本は多宗教の国です。仏教やキリスト教、神道などがあり、宗教によってお墓参りの方法も変わります。ここでは神道式のお墓参りに着目してお墓参りのマナーについてまとめてみました。

    4
  • 神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!

    神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!

    古来より日本人が信仰してきた神道。生活のなかにも深く信仰が根づいていますが、そのお墓については意外と知られていないもの。そこで、神道の墓地や墓石、お墓参りの際のマナーまで、わかりやすくまとめてみました。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

    葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと