お墓の値段はどれくらい?相場のご紹介をします

長年寄り添ったパートナーが亡くなってしまった、事前に準備していれば良いですが、突然のことだってあります。どれくらい値段がするのか、お墓の値段やお墓を購入にあたっての値段をお伝えします。

目次

  1. お墓の準備にあたって
  2. お墓の値段や相場って?
  3. 東京でのお墓の値段相場
  4. 大阪のお墓の値段相場
  5. その他のお墓の値段
  6. お墓以外の埋葬?
  7. 墓石以外でのその他値段
  8. お墓の値段のまとめ
  9. 終活の専門家に相談してみよう

お墓の準備にあたって

お墓

お墓を準備するために知っておいてください。お墓の購入するためには、お墓を置く土地を買わなければいけません。
お墓の土地の広さ、石材、墓石の大きさ、デザインなどで、値段は変わります。
ですが、高いお墓だから良いわけではありません。
安いお墓だから失礼でもないですし、きちんと気持ちを込めて、お墓の手入れをすることが大切です。
こまめにお墓の掃除をしたり、お花を添えてお参りに行く。そういったことが故人に伝わるのです。
なので値段ではないということは、まず頭に入れておいてください。

お墓の値段や相場って?

お墓

お墓の価格の相場としては、70万~200万くらいです。
お墓を立てる場所、広さ、墓石、それ以外の部材などで価格は変化します。
お墓は家を建てるのと同じで、お墓はまず土地を買って、その上にお墓を建てるのです。
お家作りも、人によってこだわりなどが違いますし、値段も全然違いますよね。鉄骨か木造か、木造でも工法の違いなどにより、値段変わります。
お墓も同じなのです、建てる人によって、欲しいものもあり、特殊仕様を付けたい人もいます。
なのでお墓の値段の相場などは、あってないようなものなのです。

東京でのお墓の値段相場

お墓

日本全国どこでもお墓の値段は一律ではありません。
家を建てるときに土地代がそれぞれの場所で異なるように、お墓を建てる土地もそれぞれ違うのです。
日本の中心地東京23区ではどれくらいが相場か紹介します。
東京では永代使用料と、墓石の値段を合わせて、250万程が相場のようです。
内訳として、墓石に150万、永代使用料に100万程度です。
都道府県別に見ても、東京で建てるお墓の値段がトップです。
さらに東京でお墓の平均使用面積は、他県に比べて、値段は高いですが、面積は小さいのです。

大阪のお墓の値段相場

お墓

では第2の都市と言われる、大阪府ではどうなるのでしょう。
大阪でのお墓の値段相場は、永代使用料と墓石代金を合わせて、170万程です。
東京よりずいぶん下がりますし、神奈川などよりも安くなっています。
しかし、大阪とひとくくりでも地域によって様々ですので、大都市圏ですとまた変わってきます。
ちなみに墓石代金だけでみると、大体100万程度で、永代使用料は70万程です。
永代使用料は東京よりも安いですが、平均使用面積は、東京の倍近くあります。

その他のお墓の値段

お墓

お墓を建てるにあたって、土地代と墓石だけでなく他にも値段がかかるものがあります。
・彫刻代
彫刻代は新しく建立する場合は、基礎彫刻が含まれていることが多いです。
しかし、追加で彫刻する場合は、3万~5万程度費用がかかるそうです。

・磨き直し
磨き直しとは、文字通りクリーニングすることです。
磨き直しは墓石の状態によって値段は異なりますが、大体20万前後だと言われています。

・改葬
改葬とはお墓の引っ越しのことです。これには、移転元と移転先に費用がかかります。
移転元では、撤去や処分費用、お布施等を支払います。移転先には土地や墓石、お布施などで合計200~300万くらいかかると言われています。

・墓石処分
墓石を処分した後は、墓地は更地にして返さなければいけません。1平米あたり10万~12万くらいが相場のようです。

このようにお墓のメンテナンスや購入以外の部分で必要となってくる箇所もあります。

お墓以外の埋葬?

お墓

墓地に墓石を建てて埋葬するだけが方法ではありません。
最近は色々な埋葬方法があります。
・納骨堂
屋内にある施設で、お参りのときに雨などの心配もありません。さらに掃除の手間などもかかりません。
しかし使用期限が決まっているところが多いです。
50~70万くらいが相場のようです。

・樹木葬
はっきりとした定義はありませんが、シンボルツリーの下に埋葬したり、個々の区画に植栽したり様々です。そのため費用は管理者によって様々です。

墓石以外でのその他値段

仏壇

その他法要、納骨などでの必要費用を紹介します。
・開眼法要
3~5万円が相場です。

・閉眼法要
同じく3~5万円が相場です。

・年忌法要
3~5万円が相場です。

・戒名料
全国でそれぞれ多少異なりますが、平均40万程度です。

・埋葬費用
墓地や霊園によって異なりますが、1~3万程度です。

・お布施
志なので、特に決まってはいませんが、3~10万くらいと言われています。

お墓の値段のまとめ

お墓

お墓の値段には、墓石や墓地代以外にも必要となるものがあります。
そして、地域によっても値段や、土地の広さの相場は様々です。
各地域やご家庭によっても違いますので、相談しながら、決めていきましょう。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「墓・値段」に関連する記事

「墓・値段」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    人が生涯の中で一緒に過ごす相手で最も大切な存在の1つが親です。しかし、親は亡くなった際にお墓がなければ、そのための費用を主に子が負担しなければいけません。しかし、お墓を建てるには多額の費用を要します。今回は、親のお墓を建てる際の費用について見ていきましょう。

    2
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    3
  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

    4
  • 樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

    5
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと